From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the London category

MENU

Spring looks for Tokyo Part2(#3,#4)

  • By edit
  • In London
  • On May 18th, 2016
  • permalink

For this edition, Fujita-san asked me to suggest a few nice Spring looks for Tokyo.

Since he specifically said Tokyo, I used it as an excuse to be more liberal with colour since it’s such a stylish city.

今回は、藤田さんより春のコーディネートをいくつか提案してほしいとのご依頼をいただきました。

とてもスタイリッシュな街である東京で着るものということでしたので、

通常よりも自由度の高い色使いをしてみました。

 

#3

_3-DSC08511-tc

Ring Jacket  Honey and Blue Checked Jacket online

 

Drake’s  Navy Overdyed Cotton Shirt

 

Ambrosi  Bespoke Grey Wool Trousers

 

Drake’s  Navy Paisley Silk Pocket Square similar

 

Carmina Brown Suede Penny Loafers online

 
 

Grey trousers with a jacket in warm colours is one of my favourite combinations.

It’s a combination very skillfully used by the Italians, I don’t see it as often in England.

Since the grey is neutral, I find it shifts attention up towards the jacket, shirt and tie.

グレーのトラウザーズと暖色のジャケットの組み合わせは、私の大好きなコンビネーションのひとつです。

イタリア人はとても上手に使っていますが、イギリスではあまり見かけません。

グレーは中間色なので、ジャケット・シャツ・ネクタイが注目されます。

 

I was very excited to see this jacket arrive in our stores this season.

The base colour is a rich honey and the blue is just the right shade to add interest.

Given the blue accent of the jacket, I automatically search for blue items to match.

今季このジャケットが入荷されるので、とても興奮しました。

ベースカラーはこっくりしたハチミツ色で、そこにちょうどいい色味のブルーが入ります。

ブルーがジャケットのアクセントになっているので、他のアイテムもブルーで合わせました。

 

This blue overdyed cotton shirt was in the Drake’s store last year.

Its heavy weight and marbled colour goes perfectly with the textured jacket fabric.

I wanted to add a little more elegance to the combination so I used a classic paisley square to complete it.

オーバーダイのブルーのコットンシャツはドレイクスの昨年のものです。

ヘビーウェイトで 杢色のこのシャツは、質感のあるジャケットの生地とバッチリ相性が合います。

少しエレガントにしたかったので、クラシックなペイズリーのポケットチーフで仕上げました。

 

 

#4

_4-DSC08597-tc

Ring Jacket  Balloon Brown Wool Jacket online

 

Drake’s Green and White Striped Linen Shirt online

 

Drake’s Panama Silk Tie online

 

Liverano & Liverano Cream Linen Trousers

 

Drake’s Pink and Navy Silk Spotted Hank

 

Koji Suzuki Cream Nubuck Derbies

 
 

I love this shirt so much, I built the outfit around it.

It’s an unusual shade of green, similar to teal, and with a very bold, wide stripe pattern.

The first instinct is wear it casually and without a tie but it’s so appealingly decorative,

I want to wear it in a more complex, dressy way.

このシャツが本当に大好きなので、シャツを中心にしたコーディネートにしました。

青緑に近い珍しい色味のグリーンの幅広のストライプのシャツで目立つ柄ですから

ネクタイなしでカジュアルに着ようとまずは思いますが、もっと複雑でドレッシーにしてみました。

 

To really highlight the shirt, I stayed tone-on-tone for the trousers and jacket and tried to avoid any items that were too dark and would overwhelm it.

The tie is a new fabric we are using at Drake’s called Panama Silk.

It has a lovely, dry hand with slight texture to it.

シャツを際立たせるため、ジャケットとトラウザーズは同系色で合わせ、

色が濃すぎてシャツの存在感を消しそうなものは使いませんでした。

ネクタイの生地は、ドレイクスで新しく起用したパナマシルクという素材です。

ドライな質感で少し立体感があります。

 

Colours on Panama Silk tend to look a little bit dusty and this one also had some green in the motif so it was a very natural match for the shirt.

The pink square was to add a touch of unpredictability to the outfit.

パナマシルクの色味は少しけぶって見えがちですが、このネクタイは柄にグリーンが入っていて、

シャツと自然に合わせられました。

ピンクのポケットチーフを挿して、コーディネートに意外性を加えてみました。

Spring looks for Tokyo Part1(#1,#2)

  • By edit
  • In London
  • On May 2nd, 2016
  • permalink

For this edition, Fujita-san asked me to suggest a few nice Spring looks for Tokyo.

Since he specifically said Tokyo, I used it as an excuse to be more liberal with colour since it’s such a stylish city.

今回は、藤田さんより春のコーディネートをいくつか提案してほしいとのご依頼をいただきました。

とてもスタイリッシュな街である東京で着るものということでしたので、

通常よりも自由度の高い色使いをしてみました。

 

#1

_1-DSC08448-tc  

    Ring Jacket Blue Herringbone Jacket online

Drake’s White Oxford buttondown Shirt online

Ring Jacket Pale Blue Cotton Trousers online

Drake’s Kelly Green Grenadine Tie online

Drake’s White Cotton Pocket Square similar

Drake’s Lapis Lazuli Cufflink

Saint Crispin’s Medium Brown Split Toe Derby

 

Everyone knows and loves navy jackets with grey, cream and white trousers but there is also the possibility of using pastel blue,

especially with a jacket that is closer to medium blue than to navy.

The problem with wearing pastel blue, is it’s easy to look like an ice cream salesman.

紺のジャケットとの組み合わせとして、グレー、クリーム、そして白のパンツはよく知られていますが、

濃紺よりも青に近い色のジャケットでしたら、パステルブルーも使える色です。

パステルブルーを着るときの問題は、アイスクリーム屋さんのように見えてしまいがちなところでしょうか。

 

I tried to use colours that have distinct contrast from one another and without going back into pastel shades.

Hence, a white oxford shirt and a strong green tie, a favourite of Michael Hill and myself.

I really like how it turned out but because of the colour of the trousers, I find it difficult to add or substitute other colours into the palette without it becoming overly playful.

パステルだけにならないよう、それぞれにはっきりと対比させるような色を選んでみました。

白のオックスフォードシャツと、(ドレイクスの)マイケル・ヒルも私も大好きなハッキリした緑色のネクタイを使いました。

やり過ぎ感を出さずに、これら以外の色を足したり、変わりにしたりするのは難しかったです。

 

I thought about using a yellow tie but since I wanted to use a very saturated colour, green worked better.

I added an old cufflink I had as a lapel decoration for a bit of extra interest.

黄色のネクタイもいいかなと思いましたが、彩度の高い色を使いたかったので、 緑色のほうがうまくはまりました。

古いカフリンクをラペルの飾りとして使いました。

 

#2

_2-DSC08462-tc      

Ring Jacket Navy Tropical 4-Ply Suit online

Drake’s Denim Chambray Shirt

Drake’s Shantung Silk Block Stripe Tie online

The Armoury Lotus Lapel Chain online

Koji Suzuki Dark Brown Oxfords

 

The Tropical 4-Ply is one of my favourite fabrics in the world, perfect for spring/summer use.

It has a matte texture that sits well alongside other textured items,

so I put together a look that could also have been made in finer cloths and silks but instead has all been translated into softer, more casual fabrics.

トロピカル4−プライは私が一番気に入っている生地の一つで、春夏には最高です。

マットな質感は、質感が異なる他のアイテムと組み合わせやすく、

シルクなどの繊細な生地の代わりに柔らかくてカジュアル寄りの生地でできたものを使いました。

 
This was one of the earliest Drake’s shirts made, with the original label we designed when we started manufacturing our own shirts.

It is made of denim chambray that used to be light blue but I’ve washed it and worn it so many times,

it’s faded to a pale, ice blue. It is one of my favourite shirts.

このシャツは、ドレイクスオリジナルのシャツを作り始めたころのものです。

デニム色のシャンブレーだったのですが、何度も洗濯したため色落ちし、アイスブルーの色になっています。

私が最も気に入っているシャツの一枚です。

 

The block stripe has been a Drake’s standard for years but this year we issued it in raw, shantung silk, with imperfect slubbiness for additional texture.

Since the whole look is a little off-beat,

I skipped using a pocket square and just used our signature lapel chain as the pocket decoration.

ブロックストライプは何年もドレイクスのスタンダード柄になっていますが、

今季はボコボコして立体感のあるローシルクのシャンタンバージョンを発表しました。

全体的に少しハズした印象なので、ポケットチーフは使わず、ポケットの飾りとしてアーモーリーのラペルチェーンを使いました。

Henry Lloyd-Hughes(Actor)

  • By edit
  • In London
  • On Mar 25th, 2016
  • permalink

ヘンリー・ロイド=ヒューズ Henry Lloyd-Hughes

DSC08173-tc

Photography: Mark Cho

 

Suit: W.W. Chan

Lapel Chain: The Armoury  online

Pocket square : Drake’s  online

Tie: Peckham Rye  similar  similar2

Watch: Omega Speedmaster

 

Introduction from Mark Cho

I met Henry through a friend of mine in Hong Kong, while he was taking a break from filming his show, Indian Summers, in Malaysia.

It turned out he had gone to the same high school in London as I did, two years below me so I didn’t know him at the time.

Maybe because we should have crossed paths so early on, I feel like we have endless catching up to do.

ヘンリーには、香港で友人を通じて知り合いました。

ちょうどマレーシアでの撮影の合間に香港に遊びに来ているところでした。

話をしていくうちにロンドンで同じ高校の同窓生であることがわかりました。

彼が2学年下なので、学生の頃は知り合いではなかったのですが、

随分前に共通した体験をしていたためか、話題は尽きませんでした。

 

Henry is a talented actor, so it makes me very happy to see him doing so well.

Finding success is difficult, filled with stress and rejection along the way.

However, Henry’s happy positivity and grounded confidence give him a great deal of resilience,

and I feel it comes through in his clothing, which is always eclectic and difficult for most people to wear,

but a very true representation of him.

ヘンリーがプロの俳優として活躍しているのをとても嬉しく思います。

仕事で成功するには、ストレスや失敗を乗り越えなくてはいけない厳しさがあります。

しかし、ヘンリーのポジティブで根拠ある自信が彼の強さを支えています。

私は彼の服装を通してそのことを感じ取りました。

いつも幅広いジャンルの、万人向けではない服装をしていて、とても自分らしさを表現していると思います。

 

The suit Henry wears is dark plum colour.

It is a difficult colour to wear but when worn well and in the right tone, looks fantastic.

Given the unusual colour, I think it’s best with very simple accessories. It is one of my favourite colours too!

ヘンリーが着ているスーツは 濃いプラム色で、着こなしは少し難しいですが、コーディネートが上手くいったときはとても格好良く見えます。

個性的な色なので、シンプルな小物を合わせると良いと思います。私がとても好きな色の一つでもあります!

 

 

<Q& A>

1. Briefly, what do you do? What were you doing before?

お仕事は何ですか?また、以前は何をされていましたか?

 

I am an actor, but I’m an enthusiast for plenty of things that divert my attention away from the world of acting.

In terms of things I’ve been paid to do over the years: I’ve been a gardener, shopkeeper, music writer, and clothes designer. I am no stranger to moonlighting.

 

私は俳優ですが、演技以外にも他にもいろいろなことに興味があります。

お金をもらった仕事としては、庭師をしたり、お店で働いたり、音楽を作ったり、服のデザインをしたりしました。

アルバイトには親しみがありますよ。

 

 

2. I very much like your style and would not have realized that you are in fact colourblind.

I always find your combinations interesting.

How do you see your clothing?

Does it have to be a combination of items, so that you can see contrast and transition, or are you able to evaluate items individually?

あなたのスタイルがとても好きで、見た目からは色盲だということは全くわかりませんでした。

いつも面白いコーディネイトをされていますよね。

あなたの目には服はどのように見えていますか?

組み合わせてみて色の対比や移り変わりを見る必要がありますか?

それとも、それぞれのアイテムを単品で評価することができるのでしょうか?

 

Hugely chuffed you say you like my style Mark.

You’re always really well put together, managing to look smart and comfortable in equal measure which is a great skill, so kudos to you.

Yes colour-blindness was something I found out about during a medical at junior school.

A lot of colours, greens and browns for example, I’ve normally shied away from as I find them hard to read.

I favour bold colours, lots of contrast usually, to make things pop, rather than tonal shades. Layering and contrasting textures are also key for me.

Taking dressy tailored elements and combining them with something coarser. I’ve got a foot in both camps, the flamboyant and the tough.

私のスタイルが好きだと言ってもらえて、とても嬉しいです。

マークはいつも素敵な装いをしていて、しかも着心地がよさそうに見えますから、スキルが必要とされることですよね。すごいです。

色盲だということは、こどもの時に学校の身体検査で発見されました。

緑色や茶色など、多くの色は見分けが付きにくいので避けるようにしています。

同系色を使うよりも、強い色味で、ハッキリしたコントラストがつけられるものを好みます。

レイヤー使いや様々な触感の生地を組み合わせることもポイントです。

ドレッシーなテイラードの服とラフなものを一緒に着ます。

私のスタイルはハデハデしさとタフさを掛け合わせたものです。

 

 

3. We talked a bit today about vanity and it’s influence in our lives, especially since we both work in industries that place an emphasis on appearance.

Vanity: A necessary evil? An evil at all? A natural part of being human?

お互いに見た目に重きを置く業界の仕事をしていることもあり、虚栄心と、その人生に対する影響について話し合いました。

虚栄心とは必要悪でしょうか? そもそも悪でしょうか?

それとも人間誰でも当たり前に持っているものだと思いますか?

 

On a technical level vanity is the enemy of acting. If you’re feeling overly concerned with what you look like you’re not at the races.

This is juxtaposed with an industry that is always focusing on what you look like!

As we were talking earlier it’s important to strike a balance between being an enthusiast for clothes and style and not being defined by only aesthetic things.

You’re a multi-faceted guy, and a bright person so i wouldn’t imagine you could get lost down a rabbit hole of self-absorbed selfie-dom.

I try to keep a lid on that, and separate the work I have to do in the public sphere from who I am day to day.

In that public side of the business I’m a salesperson selling a product like any other.

Then I go home and I close the briefcase and put the samples away!

Sometimes I’ll dress up more for myself than I would for a work event, because that’s me expressing myself as myself.

It’s important to try and work out where the line is.

技術的な面では、虚栄心は演技の敵です。自分の見た目が気になりすぎるのなら、俳優としては話になりません。

見た目を気にすることと並行して、とても大切なことです。

先ほど話し合っていた通り、服やスタイルに情熱を傾けていても、モノだけに価値を置くようにならないようバランスを取ることが大切ですよね。

あなたは聡明ですから、自己愛の穴に落ちて迷子になってしまうようなことはないと思いますが。

私もそういった部分には蓋をして、公式の場で行う仕事と、自分の毎日の生活は分けるようにしています。

仕事の面では、他の仕事をしている皆さんと同じように、商品を売ろうとしているセールスマンです。

そして家に帰ったら、ブリーフケースを閉じてサンプルを片付けます。

時にはプライベートの時間に、仕事のイベントに行くよりも更にお洒落して出かけることもあります。

これは仕事のためではなく、自分のために、自分を表現しようとしての行動です。

どこで線引きするのかを判断するのが重要だと思います。

 

 

4. To me, you are a quintessential Londoner and you’ve been a resident of Hackney for a while now.

Tell us a bit about the neighbourhood, what you like about it, what’s worth visiting, etc.

私から見ると、あなたは真のロンドン人です。ハックニー地区にもう長いこと住んでいますね。

この地域について、気に入っているところや訪問すべきところなどを教えてください。

 

Yes I feel like a Londoner first and foremost, 3rd generation which is surprisingly not as common as you’d think.

The East End has been home to me for the last 10 years, but I wanted to live here since I was a teenager.

I would spend every weekend night and day in Hoxton and Brick Lane.

I moved as soon as I could. When I’m away with work I miss London a lot; especially Hackney and the East End.

For me architecturally, culturally it has the best mixture of all the things that make London unique.

If someone had one day in London I would tell them to find the Regents Canal and just keep walking East, it’s all good.

そうですね、私は自分が何よりもロンドン人であると思っています。

私が3代目なのですが、これは思ったより少ないんですよ。

イーストエンドには10年間住んでいますが、ティーンエイジャーの頃からずっとこちらに住みたいと思っていました。

毎週末ホクストンやブリックレーンで昼夜を過ごしていて、できるようになったらすぐに引っ越しをしました。

仕事でロンドンから離れていると、ロンドン、特にハックニーやイーストエンドが恋しくなります。

イーストエンドには、ロンドンを独特の街にしている建築や文化のミクスチャーの一番いいところがあると思います。

誰かがロンドンで1日自由時間があるとしたら、リージェンツ運河を見つけて運河沿いをずっと東方面に歩いていったら、もうバッチリですよとお勧めしたいです。

 

 

5. You have a pet interest in a very particular type of clothing, could you elaborate?

特定のタイプの服に興味があるとのことでしたが、具体的に説明してくださいますか?

 

I’ve always had a collection of vintage clothes (I’ve always got too many!) something that came from that and my experiences playing sport is a project I’m cooking up to do with vintage inspired sportswear.

I’d like to build something special for those that like the feel and quality of the old stuff.

昔からずっと古着のコレクションをしていて(量が多すぎです!)スポーツをしていたこともあり、

ヴィンテージ風のスポーツウェアのプロジェクトを準備中です。

古いモノの雰囲気やクオリティが好きな人たちのために、何か特別なものを創りたいと思っています。

 

Henry can currently be seen starring in Indian Summers, in the UK.

ヘンリーは現在、英国のドラマ『インディアン サマーズ』に出演中です。

kathryn Sargent(Tailor)

  • By edit
  • In London
  • On Nov 14th, 2015
  • permalink

Tailor

キャサリン・サージェント KATHRYN SARGENT

DSC06777-tc

 

eyewear Nackymade

Shirt blouse Alain Figaret

suit  Kathryn Sargent

earrings Dior

 

Q&A

1)自己紹介をお願いします。

私はもともとは北イングランド・ヨークシャー地方のリーズ出身で、

ファッションの勉強のためにロンドンに出てきて以来、ずっとここにいます。

学位をとるために学習していた期間に、メンズウェアに対する情熱が募りました。

古いテイラー&カッターの本を手に入れて、一から型紙をおこすやり方を学び、

学校を卒業する年にはサヴィル・ローのデンマン&ゴダードにて最初の仕事に就きました。

1996年に学校を卒業して、サヴィル・ロー1番地のギーヴス&ホークスにて修業を始めました。

ビスポーク部門で研修しカッターになり、

2009年にはサヴィル・ロー史上初めての女性ヘッドカッターに昇進しました。

 

この業界でもう20年間働いていますが、自分の仕事が大好きです。

2012年に独立し、ビスポーク仕立ての真髄に沿った、私自身のブランド

「キャサリン・サージェント」を立ち上げました。

ロンドンの中心、メイフェアのブルック通り6番地にあり、

メンズ・レディスのどちらにも対応するラグジュアリー・ビスポーク仕立てを提供しています。

 

2)服装に関して、誰の影響を受けましたか?

個人的には、いつもスーツや美しいコートを着て、

とてもお洒落でスマートに装っていた父の影響を受けました。

仕事面では、顧客の皆様の人格や実績などを考慮し、

それぞれの方に特別なものを仕立てるのはどうすべきかというアイディアを得ることが多いので、

お客様から影響を受けていると言えると思います。

キャサリン・サージェントでは真のビスポーク服をお客様に届けるために、

伝統的でありながらも新しい取り組み方をしており、ハウススタイルは設けず、

それぞれのお客様と共同で、着る方の個性を反映した服作りをしています。

 

3)特にお気に入りの生地はありますか? 夏用と冬用でお答えください。

様々な理由がありますが、だいたいどんな種類のウールも好きです。

冬の生地はフランネルのドレープや見た目も好きですし、

手織りのハリスツイードの色味や柄はラグジュアリーなコートにぴったりです。

夏用では、シャープで軽いウールモヘアや、シワになりにくく丈夫な涼しいウールが好きです。

 

4)制服や式服など、伝統的な服をたくさん手がけていらっしゃいますが、

に気に入っているものはありますか?

私は伝統的なモーニングスーツを作るのも、その本当に美しいスタイルもとても気に入っています。

制服は様々な種類のものを手がけた経験があり、多くの挑戦がありました。

海軍のグレートコート・ウォッチコート・ピーコートなど

ブリティッシュウォームスタイルの伝統的なオーバーコートが好きです。

お客様のために、伝統的なものからインスパイアされた、現代ヴァージョンを作っています。

 

5)男性の服を作る際、異性としてご自身には男性のカッターとは違った視点があると思いますか?

例えば、生地を推薦することや服のフィッティングに関して違ったやり方があるなど。

もちろん女性としての視点、そしてファッションとアートの学校で4年間学んで磨かれた、

私自身の視点というものがあります。

また、サヴィル・ローの中でも特に歴史がある一流の店で修業しましたから、

同じ訓練を受けた男性と比べて全く遜色ない目を持っていると思います。

私は男性用の服を作っている女性であり、今までの経験と自分の目から、

何がお客様により良く似合うスタイルや生地であるかを見極めてお薦めします。

 

6)独立して働くことを、サヴィル・ローの有名なテイラーで働くことと比較すると

どのような感じですか?

独創的な仕事をする自由があり、最高のカスタマーサービスを提供できます。

また、ハウススタイルに規制されることがありません。

 

1.)    tell us a little about yourself, where you’re from, what made you want to start in the industry, how long have you been in it?

I am originally from Leeds, a city in Yorkshire in the north of England, and moved to London to study fashion and have been here ever since.

During my time studying for my degree, my passion for menswear really developed.

I chanced upon some old Tailor & Cutter books and started to explore the craft of drafting patterns from scratch, which led me to Savile Row where I started a work experience placement during my final year studying at the tailors Denman & Goddard.

In 1996 I graduated college and started my apprenticeship working at Gieves and Hawkes, No.1 Savile Row.

I trained in their bespoke department and became a cutter, and in 2009 I was promoted to Head Cutter, the first woman to hold this position in the history of Savile Row.

I have been in the industry for 20 years and I love it, I launched my own business, Kathryn Sargent, in 2012 which is based on the true values of bespoke tailoring.

Located in the heart of London’s Mayfair at No.6 Brook Street I offer a luxury bespoke service for both men and women.

 

2.)    who are your influences when it comes to clothing?

In my own life I have been influenced by my father who was an extremely smart and stylish man,  he always wore suits and beautiful coats.

In my business I am influenced by my clients, their personality and accomplishments often gives me ideas on how best to create something special for them.

Kathryn Sargent offers a traditionally inspired, yet fresh approach to bespoke tailoring as in order to deliver truly personal bespoke garments there is no house style, each garment is created in collaboration with the client so that it truly reflects the personality of the wearer.

3.)    any cloths you particularly like to work with? Which for summer, which for winter?

I like working with most wools for different reasons, I love the drape and look of a winter weight wool flannel and the colours which can be found in an hand woven Harris Tweed along with the handle of it, and luxurious overcoatings.

For summer the sharpness of a lightweight wool and mohair blend suiting, cool wools which are durable and crease resistant, are my preferred choices to work with.

 

4.)    you cut a lot of traditional, historic garments such as uniforms and ceremonial clothing, any in particular you like?

I enjoy both the cutting, and the style of a traditional morning suit which really is beautiful.

I have a vast experience of cutting uniforms and have been challenged with various styles.

I like the traditional overcoats such as naval great coats, watch coats, pea coats and the army British warm style.

I create contemporary versions which are traditionally inspired for my clients.

 

5.)  as a member of the opposite sex cutting for men, do you think you might see men differently from a male cutter? i.e. You notice certain aspects of fit differently or you recommend cloth differently?

Clearly I have a woman’s eye, and my own eye for style which was refined by four years at fashion and art school but I have been trained traditionally in Savile Row in one of the most historical and prestigious houses, in the same way as any man would be.

I am a women making clothes for men and advising them on cloth and styles which would flatter them and that is a culmination of my training and my eye – knowing what would look good on the individual.

 

6)    how does it feel being independent as opposed to working with an established Savile Row house?

I have the freedom to be creative, offer a luxury customer service and not be governed by a house style.

Michael Hill (Drake’s)

  • By edit
  • In London
  • On Oct 16th, 2015
  • permalink

DRAKE’S

マイケル・ヒル MICHAEL HILL

DSC06142-tc

Photography:Mark cho

ジャケット Drake’s (Vintage boiled and felted lambswool)

パンツ Drake’s (Fox Brothers Flannel)

チャッカブーツ Alden for Drake’s

シャツ Drake’s (Made in Somerset, England)

ネクタイ Drake’s

ポケットチーフ Drake’s

 

Q1.この仕事を始めたきっかけを教えてください

大学に行く前の自由時間のすべてを、イタリア・コモの生地工場(織物とプリント)での修業に費やしました。

そして大学時代は、土曜日と休暇中にサヴィル・ロウのテーラーで働いていました。

父がネクタイ作りをしていたので、幸運にも子供時代の多くの時間を工場で過ごすことができました。

私は素晴らしい生地に囲まれて過ごすのが大好きでした。

大変だけれども、素敵な人生のように思えたので、どうしてもこの仕事がしたいと思っていたのです。

 

2.Drake’s での役割は何ですか?

私はマネージング/クリエイティブディレクターです。

会社の運営に参加し、最高のデザインチームとコレクションの制作をします。

マーケティングもしますし、リテールチームと共にClifford Stの路面店とウェブショップ、

そしてHaberdasher Streetの事務所にいる卸売チームと協力して販売もします。

 

エキサイティングな新しい時代に、素敵な人材と素晴らしい歴史のあるこの会社を前進させる手助けができることは、

本当に名誉なことだと感じています。

 

3.自分で決めているスタイルのルールはありますか?

特に意識している決まりごとはないのですが・・・

スーツよりも、ジャケットとトラウザーという格好をしていることがほとんどです。

 

秋冬はツイードにフランネルやコーデュロイを好み、ネクタイをしていないときはジーンズを合わせます。

 

ブルーと白のストライブまたはシャンブレーのスプレッドカラーシャツ、あるいは頑丈なオックスフォード地のボタンダウンシャツ。

ネクタイはエンシェントマダー、レップまたはグレナディンをしていることが多いです。

常にプレーンノットです。

 

靴はタバコ色のスエードまたはコードヴァンで、靴下はふくらはぎ丈のネイビーかパープルを履きます。

 

スーツはほとんどがチョークストライプです。

ブルーと白のストライプシャツがネクタイとジャケットをコーディネートするのに使い勝手がよく、とても重宝しています。

例えば、水玉のネクタイを締めたいとして、でも水玉はスーツのときにしかしないとなると、

ストライプのシャツをいつも着ることになります。

 

最後に、春夏の季節に着られるスーツは持っていませんし、黒はタキシード以外は着ません。

端的にいうと、スマート・コンフォタブル(快適)です!

 

4.ご家族は何代かに渡って服飾関係の仕事をしておられますが、それに影響を受けたと思いますか?

父のために働いたことはありませんが(給料を貰うような仕事は、という意味で!)影響は受けていると思います。

同じ業界で働くということを別にしても、父が仕事に情熱をかけて真剣に取り組んでいたことが、

私に大きな影響を与えているといえるでしょう。

 

父と同じようにできているとは言いませんが、常に背中を見せてくれたことで、たくさんのことを学ぶことができました。

小さい頃から父と一緒に何台も何台も乗り続けたネイビーブルーのボルボのステーションワゴンのトランクに生地を詰め込んで

(トランクの大きさが一番だったので、生地を運ぶのには最適のクルマでした!)国中のサプライヤーや下請け業者を訪問し、

仕事について語る父の姿を見てきました。

 

とても面白かったです。

 

しかし、一番興味があったのは生地でした。 素晴らしい生地無くしては、何もできないことがよく分かっています。

私たちのHaberdasher Stの工場でも、やるべきことは素晴らしい生地の長所を最高に活かせるようなものを作ることなのです。

 

Drake’sの将来としては、いつの日か、私たちの仕事にしっかりと責任をもち、会社で働いている全員にとってベストな方向へと

導いていけるビジョンを持った人物に引き継いで、会社が長く続いていくことを望んでいます。

 

5.あなたのスタイルは変化したと思いますか?

徐々に変わってきていると思います。

恐らく、自分が何を楽しんで、心地よく着られるかということを年々理解してきて、上手にできるようになってくるでしょうし。

私はいつも珍しい生地を着られることが楽しみで仕方がないのですが、

だんだん何が似合って、必然的に何が似合わないかが分かってきたので、

全体的に珍しさのレベルが下がってきたような気がします。

 

それを受けて、私たちは服を作っています。

それは美しい服であってほしいと思いますが、服は服ですから、楽しむためにあるべきでもあります。

厳しくルールに従っているよりは、少し冒険をしてみて、自分は何が着られるか試してみようではありませんか。

想像力を働かせて、自分の感覚で、似合うものを探し当てましょう。

 

6.あなたにとって、なくてはならない3本のネクタイは何ですか?

エンシェント マダープリント、レップのストライプ、グレナディンです。

Mark Cho(The Armoury)

  • By edit
  • In London
  • On Apr 17th, 2015
  • permalink
THE ARMOURY 共同設立者

マーク・チョウ Mark Cho

DSC03898-tc

DSC03868-tc-2

 

オリーブグリーンのコットンビスポークスーツ Liverano & Liverano

NY店限定のローファー Carmina(お問い合わせはnyc@thearmoury.com まで)

ボタンダウンシャツ Drake’s online

水玉と花の模様のシルクグレナディンタイ Drake’s online

シルクxリネンxコットンのサマースカーフ  Drake’s online

ラペルチェーン The Armoury online

 

<コメント>

ビスポークで仕立てをすることは、とてもパーソナルなことで、カッターと顧客の人間関係を反映します。

アントニオ・リヴェラーノ氏は私にとって家族の一員のようなもので、とても多くのことを教えてもらいました。

彼に作ってもらったスーツを着ると、彼は私のことを家族のように理解してくれていると感じ、

彼の作品を身に着けるのは大変嬉しいことです。

ドレイクスのシャツもよく着ます。

イタリア製のシャツのような繊細な手作り感はありませんが、品質がよく素晴らしいがっしりとした作りは私の趣味に合っています。

今年の春夏のドレイクスのネクタイですが、このような形状のグレナディンを初めて見ました。

私達のショップのラペルチェーンはとてもよいアクセサリーです。

ラペルの大きさに対しては控えめなサイズですが、その下にチェーンが長く見える、面白いものになっています。

私はレンコンが大好きなので、いつもハスの花モチーフのものを使っています!

 

<エピソード>

この写真は、ロンドンにあるドレイクス工場の建物の屋上で撮影しました。

ロンドンにいらっしゃることがあれば、工場見学もできますよ(ドレイクスのオフィスに事前のご連絡をお願いします)。

私が世界中で一番好きな場所の一つです。

 

<紹介>

私はアーモリーの共同設立者の一人です。

アレン・シーと一緒に約5年前にスタートさせました。

私はショップに関するすべての事柄に関わっています。

ショップで接客をしていることもありますが、最近ではバックオフィス業務をしていることも多くなっています。

会社の成長とともに、ますます組織をきちんとしておくことが重要になってきました。

私は各店舗のデザインも担当しています。

それぞれのショップは私にとって、第2の家のようなものなので、私の個人的な写真のコレクションや、

実家で使っていた椅子などもショップのデコレーションの一部として使用しています。