From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the Firenze category

MENU

Antonio Liverano(Liverano & Liverano)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Sep 21st, 2016
  • permalink

Liverano & Liverano

アントニオ・リヴェラーノ Antonio Liverano

l1000070-tc

 

As someone still in the early stages of his career, I’m fascinated by the working habits of the greats, particularly how they use their time.

Rich or poor, smart or slow, in a day we all have the same 24 hours to work with.

How the greats use this limited resource, that is given equally to everyone, is of particular interest to me.

まだキャリアの浅い者として、私は偉大な先輩方の仕事の習慣、特に彼らの時間の使い方にいつも感銘を受けます。

お金持ちでも貧しくても、賢くてもそうでなくても、誰にとっても一日は24時間しかありません。

全ての人に平等に与えられたその限られた時間を偉大な先輩方がどのように使っているのかということに、私は特に興味があるのです。

 

 

Antonio Liverano, one of the greatest tailors in the world, who cuts in the Florentine style, is today’s subject.

Here’s how he spends his day:

世界有数のテーラーの一人であり、フィレンツェスタイルの裁断を行うアントニオ・リヴェラーノ氏が、本日の主役です。

彼は一日をこんなふうに過ごします。

 

 

5AM – Antonio wakes up, gets dressed and enjoys a simple breakfast of a pastry and a cafe macchiato.

午前5時 – 起床。着替えて、ペイストリーとカフェマキアートのシンプルな朝食を済ませます。

 

 

6.45AM – Antonio departs from his home in the countryside to his shop in the city of Florence, sometimes by car and sometimes by train.

Once he’s on the road, he starts thinking about work.

He starts by thinking about the business as a whole, then recalling individual customers and their orders.

午前6時45分 – 郊外の自宅からフィレンツェの街中にある彼のショップまで、車もしくは電車で向かいます。

一度通勤路につくと、仕事のことを考え始めます。

まずはビジネス全体について、そして個々の顧客とそれぞれのオーダーについてを思い起こします。

 

 

7.45AM – Antonio arrives at the shop. He is usually the first one to arrive.

After checking the shop, he prepares the irons, starting them so they are ready to use when the other tailors arrive.

Antonio’s first job at 8 years old when he first started in tailoring, was preparing the irons. Back then, irons needed to have lumps of hot coal placed into them by hand.

午前7時45分 – ショップに到着。アントニオ氏はたいてい誰よりも先に出勤します。

店内を確認した後、アイロンを準備し、温め始めます。他のテーラー達が到着した時にすぐに使えるようにです。

8歳で仕立ての仕事を始めたアントニオ氏が、最初に覚えた仕事が、アイロンを準備することでした。

当時のアイロンは、熱い石炭の塊を手で入れなければならなかったそうです。

 

 

8.30AM – Antonio checks the work of the tailors from the day before. He is still intimately involved with all the garments, constantly doing quality control on everything that passes through the shop.

午前8時30分 – 前日テーラー達が行った作業を確認します。彼はいまだに、全てのオーダー一着一着に丁寧に関わり、

ショップから出ていく全ての商品の品質管理をこまめにしています。

 

 

9.30AM – 1PM – Antonio spends most of his morning cutting customers’ orders.

午前9時30分 – 午後1時 – 午前中は顧客のオーダーの裁断に費やします。

 

 

1PM – 2PM – Lunch break. Antonio is now 78 years old. On some days, if he is feeling tired, he will return home early.

午後1時 – 2時 – ランチ休憩。アントニオ氏は現在78歳ですから、疲れたと感じた時は早めに自宅に帰ります。

 

 

2PM – 7PM – Antonio continues to cut but also does some teaching and training with the younger tailors in the workshop.

The workshop now has 8 tailors, 5 of which are under 40 and still in training. Antonio is passionate about tailoring and in training his apprentices.

He looks for young people who are share that passion and he tries to grow them.

In everything he does, he tries to transmit that passion and expects the same from his juniors.

午後2時 – 7時 – 午後も裁断作業を続けますが、時々ワークショップで、若いテーラー達に教えたりトレーニングをしたりします。

彼のワークショップには、現在8人のテーラーがおり、そのうち5人は40歳以下で、今も見習い中です。

アントニオ氏はテーラリングと若手の育成に大変熱心です。

彼と同じ情熱を持つ若者達を見つけてきては育てようとしています。

アントニオ氏は、彼がすること全てを通して、テーラリングへの情熱を伝えようとし、また若手達からも同じものを期待します。

 

 

7PM – Antonio returns home to eat dinner with his daughter’s family who live next door to him.

His work starts early in the day but at 7pm, it ends and he does not dwell on work any further preferring to spend time with his family and recuperate, in bed by 10pm and ready for the next busy day.

午後7時 – 帰宅し、隣の家に住む娘の家族と夕食をとります。

彼の仕事は早い時間に始まり、午後7時には終わります。

それよりも長く仕事をすることはしません。

それよりも、家族と過ごし、その日の疲れを癒し、また忙しい翌日に備えて、夜10時にはベッドに入るのです。

 

 

Tailors stay in their profession all their lives. It is a difficult trade to master and it requires a lifetime of dedication.

Often their businesses end when they retire.

Antonio, a more modern tailor than his age belies, always has his eye on the horizon.

His finest apprentices, such as Qemal Selimi and Takahiro Osaki, have been with him for nearly ten years and are now coming of age with the potential to take over from where he leaves off.

I have enormous respect for his ability as a tailor but I am most impressed by his long term vision, to preserve his tailoring house and traditions and allow it to continue for another generation.

多くのテーラーは、生涯を通して、その仕事に従事します。

極めることが難しい職業で、習得するには一生かかるのです。

多くの場合、彼らのビジネスは、テーラー自身が引退した時に終ります。

一方、アントニオ氏は、年齢の割にはモダンな考え方を持ったテーラーで、常に先に目を向けています。

アントニオ氏のもとには、これまで10年以上働いてきた、チェマル・セリミ氏や大崎貴弘氏のような優秀な後輩達がおり、

アントニオ氏が去る時には、一人前のテーラーとして、その後を引き継げるだけの可能性があります。

私はテーラーとしてのアントニオ氏の能力に非常に大きな尊敬の念を抱いていますが、

それ以上に彼が自身のテーラリングハウスと伝統を維持し、次の世代に委ねようとしている、その長期的なビジョンにも感銘を受けています。

 

l1000066-tc

Simon Crompton(Permanent Style)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Feb 19th, 2016
  • permalink

Permanent Style  Founder

サイモン・クロンプトン Simon Crompton

 DSC07814-tc

Sartoria Solito jacket, green with purple windowpane check, from Escorial

Denim shirt from Luca Avitabile

Navy grenadine tie from Drake’s

White linen hank from Simonnot Godard

 

 

<Q&A>

1)Can you give a brief history of your blog?

あなたのブログの経歴を簡単にご紹介ください

 

Permanent Style started 10 years ago as an exploration of quality in tailoring. I was buying my first expensive suit and wanted to know what I was spending my money on.

パーマネント・スタイルは10年前にテイラーリングの品質を紐解くことをテーマに設立されました。

その頃、自分の初めての高価なスーツを購入するところで、何の対価を支払っているのか知りたかったのです。

 

To a certain extent, that’s still what I do: my latest book, The Finest Menswear in the World, is an examination of quality in all areas of menswear.

The difference now is that I’m able to tour the world and see the factories myself, rather than just surreptitiously looking at stitching in high-street shops.

ある意味、今も同じことをしています。

私の最近の著作「The Finest Menswear in the World」は、メンズウェアのすべての領域で品質検査をしています。

昔は商店街の店でステッチをじっと見ていましたが、今では、世界をめぐって自分自身の目で工場を見ることができます。

 

In those 10 years the blog has grown enormously – which has been very satisfying, if a little bewildering.

We have our own events, books, products.

Every day men say they find the writing inspiring, which is probably the nicest aspect.

過去10年でこのブログは大きく成長し、それにはとても満足していますが、少し目まぐるしくもあります。

オリジナルのイベントがあり、本も商品もあります。

毎日、多くの男性からブログの内容についてお褒めの言葉をいただけるのが一番嬉しいことです。

 

 

2)What do you prefer, Italian or British tailoring?

イタリアと英国のテイラーリングではどちらが好きですか?

 

I don’t have a preference really.

Each has its place in different lifestyles.

English tailoring will always look stronger, sharper, more dashing.

I’d always wear an English suit to a big meeting; I’d never have an Italian tuxedo.

特にどちらを好むということはありません。

異なるライフスタイルの中でそれぞれの場所があります。

英国の仕立てはいつもより強く、シャープで颯爽としています。

大きな会議にはいつも英国のスーツを着ますし、イタリアのタキシードを着ることはありません。

 

But the various forms of Italian tailoring fit better into most lives today – it’s soft and malleable, easy to wear and not too formal.

I still hear Savile Row tailors recommend these structured tweed jackets ‘For the weekend, Sir’ and it baffles me.

Do they really think that level of structure works with casual shirts and jeans?

It doesn’t even look good without a tie.

しかし、今日の生活スタイルには、イタリアの仕立てのほうがしっくりくることも多いでしょう。

柔らかくてよく馴染み、フォーマル過ぎなくて着やすいものです。

未だにサヴィル・ローのテーラーからはかっちりとしたツイードジャケットを「これは週末用です」というコメントを聞きますが、困惑してしまいます。

本当にあんなにかっちりしたジャケットがカジュアルなシャツやジーンズに合うと思っているのでしょうか?

ネクタイをしないと見栄えがあまりよくなくなるようなジャケットです。

 

 

3)Sometimes, I feel the “rules” are used more to beat people over the head than as guidelines to understand aesthetics. What do you think?

ときどき、「ルール」が美意識を理解するためのガイドラインというよりも、他の人を貶めるために使われているように感じます。

あなたの意見はいかがですか?

 

I agree – that’s certainly how they’re used, which is a shame.

I guess men do it because rules are easy to understand and latch onto.

Style isn’t easy, and rules provide a refuge.

私もそう思います。確かにそのような使い方をされていて、恥ずべき事だと思います。

ルールは理解するのも、それにしがみつくのも簡単だからでしょうか。

スタイルは簡単ではありませんし、ルールが逃げ場を提供してくれるのでしょう。

 

Style rules are like rules for good writing.

They all contain an element of truth, but none are absolutes.

There’s a reason your English teacher told you never to start a sentence with ‘and’. But that doesn’t mean great writers don’t do it.

スタイルのルールは、うまい文章のルールと同じようなもので、真実の要素を含んでいますが、絶対というものはないのです。

国語の先生に「それと」という言葉から文章を書き出してはいけない、と言われても、素晴らしい文筆家がそれをしないとは限りません。

 

I think the best quote on this is from Picasso: “Learn the rules like a pro, so you can break them like an artist.”

ピカソの言葉、「プロのようにルールを学び、芸術家のようにそれを破れ」がそれをよく表現していると思います。

 

 

4)How do you feel about the comments you receive to your blog posts?

Do you feel there is good discussion developing?

Do people nitpick? Do you feel motivated when receiving very positive comments? Disappointed with negative comments?

ブログに対してのコメントについて、どのように感じていますか?

よい議論が生まれていると思いますか?

それとも重箱の隅をつつきあうようなことになりますか?

前向きなコメントを受け取ったときはやる気が出ますか?

ネガティブなコメントにはがっかりしますか?

 

Good question. I’ve always liked receiving comments because it gives me an immediate connection to readers.

It means I know what they want to read and what they don’t – like any good product design, if you only develop in reaction to customers, you can’t go far wrong.

良い質問です。読者の方と直接つながれるので、コメントを受けるのは大好きです。

読者の方たちが何を読みたがっているか、何を読みたくないかがわかります。

どんな商品開発でも同じように、お客様のコメントに反応して展開していけば、間違いはないでしょう。

 

The commenters also live in something of a benevolent dictatorship.

I only publish things that are substantial – that provide useful information to others.

If people just say they like a product, I’ll push them to specify why. If two readers get in an argument, I’ll cut it off quickly.

コメントしてくれる方たちは、あるいみ善意の独裁制度の中にいます。

他の読者にも有意義な情報が含まれているコメントだけを公表します。

もし、特定の商品が好きだというコメントを受け取ったら、その理由を具体的に述べてもらえるように促します。

もし2人の読者がケンカになったら、すぐにそれを止めます。

 

And I try to direct people to comment on relevant posts, so that their questions and experiences do build up a reference source over time.

I love how many people come across old posts (God bless Google), read it and all the comments, and then either add their recent experiences or ask a new question.

It’s not quite a Wiki, but it’s not far off.

また、それぞれ関連性のあるブログエントリにコメントしてもらえるように誘導しますので、

読者の方たちの質問や経験談は時間を経て参考資料になっていきます。

たくさんの方々が、古いエントリを読んで(グーグルに感謝)、それについているコメントをすべて読み、

さらに最近の経験を書き足したり、新しい質問を投げかけたりすることが大好きです。

ウィキペディアにはかないませんが、それに近いものにはなっていると思います。

 

http://www.permanentstyle.co.uk

It’s one of the most read English blogs in the world
世界で一番読まれている、英語で書かれたブログの一つです。

Robert Spangle(Photographer)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Feb 2nd, 2016
  • permalink

PHOTOGRAPHER

ロバート・スパングル Robert Spangle

image1

<Mark Choさんからの紹介文>

Each time I meet Rob, I can’t help but notice how many shirts he wears in one outfit.

One under, one over, sometimes one tied around his waist. It is unusual but it suits him.

His style is relaxed and worn-in, with some unexpected details.

I am impressed by his curiosity and open mindedness.

He is always wanting to explore his own ability and pursue his interests, which led him down the interesting path he has taken so far.

 

ロブに会うたびに、一度に何枚シャツを着ているのか、つい見てしまいます。

下に一枚、上に一枚、そして時にはウエストに巻いている一枚。

珍しいスタイルですが、彼に似合っています。

リラックスして、こなれた感じの着こなしをしていて、予想もしなかったようなディテールがいくつかあります。

彼の旺盛な好奇心と柔軟さに感動させられます。

いつも自分の能力に挑戦し、興味のあることを追求しているため、かなり面白い経歴の持ち主になりました。

 

<Q&A>

1)

What are you wearing?

何を着ていますか?

 

My wardrobe is a mix of tailoring and workwear that’s easy to travel in.

If I wear one outfit more than anything else is laceless brogues, selvage denim jeans, some layered bespoke shirts from

Luca Avitabile, and a beat up Barbour international jacket.

私のワードローブは、テーラードと旅行向けのワークウェアが混在しています。

他よりも多く着ている組み合わせは、紐なしのブローグシューズと赤耳付きのジーンズ、

ルカ・アヴィタービレのビスポークシャツを何枚か重ね着し、使い古したバブアーのジャケットです。

 

2)

What are you shooting with?

何を使って撮影しますか?

 

Most days I carry a Nikon, A D4 or D800 and generally a 85mm lens, though sometimes a telephoto.

At night, amongst friends and at least once during the week I stick to film with my Leica M6.

だいたいいつもニコンのD4もしくはD800を、レンズは通常85ミリ、たまに望遠レンズを持ち歩きます。

夜に友達と会うときなど、週に1度はフィルムカメラのライカM6を使います。

 

3)

You’ve walked an interesting road over the last 10 years.

Could you introduce yourself and talk a bit about what you have been doing?

過去10年間、面白い道のりを歩いて来られました。

自己紹介と、今まで何をされていたのか少し教えてください

 

It’s been a wandering path to say the least.

At 17 I signed up and joined the United States Marine Corps, out of a sense of adventure and patriotic duty.

I joined the Infantry but had the good fortune of become a Reconnaissance Marine and got to see allot of the world

because of it.

I started to gain an interest in menswear and tailoring while in the military, through books, websites and magazines.

When my duty finished I studied fashion and product design, eventually taking a leap and apprenticing on Savile Row

at Maurice Sedwell when i realized my tastes were less commercial.

While apprenticing a hobby of photography more or less took over my life and I decided to combine my two passions.

Now I travel for a majority of the year photographing the stylish guys I encounter,

as well as working on editorials with brands and magazines.

 

かなりとりとめのない経歴と言えると思います。

17歳のときに、冒険心と愛国的からアメリカ海兵隊に志願しました。

歩兵隊に参加しましたが、偵察隊員になる機会に恵まれ、そのおかげで世界を色々と見ることができました。

軍隊にいる間に本やウェブサイト、雑誌を通じてメンズウェアとテイラーリングに興味を覚えました。

軍務を終え、ファッションとプロダクトデザインの勉強をし、

自分の嗜好があまり商業的でないことに気づいてから、

サヴィル・ローのモーリス・セドウェルにて弟子入り修業に至りました。

修業中に趣味の写真がだんだん自分の人生のすべてになってきたので、

私の情熱の二つを組み合わせることを決心しました。

今では、一年のほとんどを旅しながらその場所で出会ったスタイリッシュな男性の撮影をしたり、

ブランドや雑誌の記事の仕事しています。

 

4)

Do you feel there is a constant thread among the things you have done? (military, tailoring, photography)

今までやってきたことは、一本の糸で繋がっていると思いますか?

 

With much reflection I think I can say that my different passions and occupations have all been in pursuit of answering

the same question: what is a man’s true nature, and what is his highest form?

Its an answer for myself, one I haven’t found yet, and hopefully others can learn from my journey and through my work

よく考えてみると、自分の色々な情熱の対象や職業は、全て同じ疑問を解き明かそうとするものでした。

人間の本質とはなにか?そしてその最高の形とは?

私自身、まだ正解は見つけられていませんが、私の人生や作品を見て、得られるものがあるといいなと思います。

 

5)

Any particular styles you like for tailoring?

Cuts from certain tailors, or certain details from garments?

特定のテーラーのカットや、服のディテールなど、仕立てに関して特に気に入っているスタイルはありますか?

 

From a tailoring perspective I think the styles that I admire the most are guys I see returning to a more voluminous

suit, high waisted, double pleats, a longer jacket that swings from the shoulder.

There has been an obsession in the last years with fitted suits,

and it hasn’t lasted because it ignores what actually makes a suit comfortable to wear,

and that the highest aim of a bespoke suit is one that looks good in motion.

On a personal level I love when I see a narrative and sense of sentiment above form/function in a mans dress.

私が一番素敵だなと思うスタイルは、ボリュームのあるスーツ、ハイウエストで2プリーツ、

肩から流れるような長めのジャケットに回帰している男性たちです。

ここ数年はタイトなスーツが流行っていましたが、

それが定着しなかったのは着心地のよいスーツの条件を満たしていなかったから、

ビスポークスーツの一番の目標である、

着た人が動作しているときに綺麗に見えるものではなかったからではないでしょうか。

個人的には、ただ機能性だけでなく、何かしらのストーリーや想いが伝わる装いを見るととても嬉しくなります。

 

6)

Who are your style inspirations? Both for clothing and for photography.

服と写真両方に関して、どこからインスピレーションを得ますか?

 

For both style and photography I always admire people who either introduce me to new ideas,

or have a real sense of mastery of themselves.

For style, in no particular order: Jason Blood, Jay Azingir, Adam Rogers, Bernard Fouquet, Saman Amel & Dag Granath, Jake Grantham…

for photography, Ryan Plett, Jonathan Daniel Pryce, Adam Katz Sinding, Sam Haskins, Bruce Gilden, Brassai….

 

スタイルでも写真でも、新しいアイディアを紹介してくれる人や、自分自身をしっかりモノにしている人たちが素晴らしいなと思います。

順不同ですが、スタイルでは Jason Blood, Jay Azingir, Adam Rogers, Bernard Fouquet, Saman Amel & Dag Granath, Jake Granthamなど、

写真では Ryan Plett, Jonathan Daniel Pryce, Adam Katz Sinding, Sam Haskins, Bruce Gilden, Brassaiなどです。

Adam Marelli(Photographer)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Oct 30th, 2015
  • permalink

Photographer

アダム・マレッリ ADAM MARELLI

image1

Photography:Adam Marelli

 

Chambray Button Down Drake’s

1920’s t-shirt Merz b. Schwanen

Olive Chinos Drake’s

 

 

Q&A

1.どんな仕事をされていますか?

匠の職人を専門に撮影する写真家であり、アーティストです。

今はイタリアで、最後のゴンドラメーカーの一つである、 D.co. Tramontin e Figliを撮影しています。

 

2.スタイルと洋服についてのあなたの考え・エピソードを教えてください。

私は個人的に知っている人たちが作った服を着るのが好きです。

文化的なつながり、人と人との繋がりに気持ちが満たされるからです。

美術学校を卒業した後、12年ほど建築現場で仕事をし、

そのときの経験が私の服に対する考えを決定づけました。

スタジオや外で撮影しているときには、過酷な状況にも耐えられる丈夫な服を着ます。

セザンヌやルノワールなどの昔のアーティストが写っている写真を見ると、

シャツとジャケットを着ているのがいいなと思います。

ただ、今日買えるものの大半と比べ、だいぶラフなものだったようですね。

 

3.定期的にさまざまな職人と接し、あなた自身も職人といえる立場から、

効率を追求した、大量生産の時代である現代において、

工芸とくに職人の工芸はどのようなポジションにあると思われるか教えてください。

職人の工芸と大量市場を比較するのは、トリュフと宇宙食を比較するようなものでしょう。

1000年も長持ちするアイスクリームサンドイッチが宇宙でも美味しいなんて、

素晴らしいではありませんか? その通り!

しかし、一皿のパスタの上でとろけるトリュフを見つけるための知識、経験、

そして自然との調和は何世紀にも渡って受け継がれてきた文化です。

トリュフは、未だに神秘的な何かを物理的に具現化する一部でしかないのです。

 

職人の技も同じで、過去とのつながりであり、現在に生きており、

未来を告げることのできる、他に匹敵するものがないものなのです。

 

1.Tell us about what you do?

I’m an artist and cultural photographer who specializes in photographing master craftsmen.

At the moment I am in Italy photographing one of the last traditional gondola makers called D.co. Tramontin e Figli.

 

2.Can you provide an anecdote that speaks to your own philosophy on style and clothing?

I like to wear clothes from people I know, personally.

It creates a cultural and personal bond that I find fulfilling. So what does that look like?

 

After art school I cut my teeth in construction for a dozen years. It left a lasting impression on my style.

 

When I’m in the studio or out shooting, I like hard wearing fabrics that are well cut and can take a beating. Look at old photographs of artist like Cezanne or Renoir, I’ve always enjoyed that they could wear a shirt and a jacket, but it was much rougher than most of the things you can find today.

 

3.Dealing with craftsmen on such a regular basis and being a craftsman in your own right, how do you feel about the place of craftsmanship, particularly artisanal craftsmanship in the modern age of efficiency and mass production?

Comparing craftsmanship with mass market is like comparing a truffles to astronaut food.

Isn’t it amazing that you can have an ice cream sandwich that will last 1,000 years and still taste good in space?

Sure!

 

But the knowledge, experience, and harmony with nature that come together when fresh truffles melt over a plate of pasta represents centuries of culture.

The truffle is only the physical manifestation of something that is in some ways still mystical.

This is where craftsmanship has no peers. It is our connection to the past, living in the present, that informs the future.

Kentaro Nakagomi(Cohérence)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Jul 24th, 2015
  • permalink
COHÉRENCE
中込憲太郎(Kentaro Nakagomi)
DSC05161-tc

 モンテクリスティ産メイド・トゥ・メジャーのパナマハット  Brent Black

ヴィンテージツイルでビスポークしたジャケット  Loris Vestrucci

リネンのビスポークシャツ  Tailor CAID

ウールツイルでビスポークしたグルカトラウザース  Sartoria.M

スペイン製ジュートスニーカー

コットンキャンバス&レザー素材のサック

 

フィレンツェの街中でマーク氏に偶然遭遇した際のショットです。

そのまま一緒にパーティへ。

強い日差しと暑さのなか、気分を涼しく保つ着合わせです。

必ずしもではありませんが、この日はほとんどのアイテムがカスタムメイドでした。

 

ハットのクラウンの前側から後ろに向けて傾斜の強いシェイプ、

丸くドロップした肩から男性的なボリュームのある袖につながるジャケットのシルエット、

小さめのラウンドカラーに、チェストや肘にたっぷりとボリュームを持たせたシャツなど、

いずれも最も好きな50年代後半のスタイルでオーダーしたものです。

グルカトラウザースはフォワード2プリーツによる美しいドレープが気に入って、さまざまな素材で楽しんでいます。

リラックスしたジュート素材スニーカーや少し間の抜けた(?)コットンキャンバスのサックはご愛嬌。

私は“Imperfectly Perfect (不完全に完全)”を目指しているのですから!

 

カスタムメイドは、気の合うプレーヤー達とプロセスを愉しみながら一曲をカタチにする

レコーディングセッションのようなものです。

Loris Vestrucci氏やTailor CAIDの山本氏とは13~14年の付き合いになります。

例えばこの日のシャツは、カラーやカフスをJean Cocteauのポートレートを参考に、Tailor CAIDの山本氏と相談しながら作りました。

オーダーの際は過去の芸術家達のポートレートや映画等を参考にすることが多く、

そんな個人的なロマンを形に出来るのも大きな魅力です。

 

2015 F/Wシーズンからスタートした“COHÉRENCE”のCreative Directorです。

ポートレートに残された芸術家や文化人(例えばMarcel Duchamp、Lé Corbusier、Boris Vian等)のワードローブに

インスピレーションを得て、素材開発から縫製まで100% Made in Japanでプロデュースされるコートのコレクションです。

この秋から、THE ARMOURYの店頭で皆様にご覧いただけるのを楽しみにしております。

http://co-herence.jp/

 

THE ARMOURYはオーセンティックとコンテンポラリーが絶妙にミックスされた、オリジナルな魅力溢れるショップです。

COHÉRENCEのコンセプトやクオリティに関しても瞬時に理解していただきました。

東京・NY・香港、と場所は離れていますが、彼らと同じフィーリングを共有できることは大きな喜びです。

 

<Mark Choさんからの紹介文>

中込さんとはテーラー・ケイドの山本さんを通じて1年前に知り合いました。

中込さんの新しいオーバーコートのブランド、Cohérenceをぜひ紹介したいとのことでした。

その後、山本さんと中込さんはとても親しい友人同士であると分かったので

山本さんの推薦は多少バイアスがかかっていたかもしれませんが、

中込さんとお知り合いになれて、またCohérenceの商品を知ることができてとても光栄です。

Cohérenceのコートは見ためがよいだけでなく、品質の高さも一目瞭然です。

私たちアーモリーのメンバー全員がこんなに気に入ったものは、今までで初めてではないでしょうか。

中込さんと深く知り合いになるうちに、洋服の歴史や生地のデザイン、縫製についての知識や理解が驚くほど豊富であること、

それに裏打ちされた筋の通った製品であることを知りました。

今年の秋冬からアーモリーでCohérenceのコートをご紹介できることを楽しみにしています!

Gianluca Migliarotti

  • By edit
  • In Firenze
  • On Jun 26th, 2015
  • permalink

映画監督

ジャンルカ・ミリアロッティ Gianluca Migliarotti

DSC05129-tc

Text:Mark Cho

 

ス ミズーラのジャケット Sartoria Zizolfi

ス ミズーラのシャツ Sartoria Formosa

ネクタイ E & G Cappelli

ス ミズーラのパンツ Liverano & Liverano

靴 Carminna similar

サングラス See

時計 speedmaster 67 pre-Moonwatch Omega

 

私たちは今、イタリアにてピッティ・ウォモの展示会に来ています。

 

ピッティの期間中は、バイイングと商品開発の一部を行い、同業者の方たちと情報交換をします。

 

ピッティに来ると多くのミーティングを短期間に集中してできるため、とても効率の良い出張になります。

 

そもそも今回の投稿では、同僚であるアレン・シーまたはアレックス・ピロウニスを取り上げる予定でした。

 

しかし、彼らの写真を撮影した直後、とても親しい友人のジャンルカ・ミリアロッティに遭遇したので、彼の写真も撮りました。

ジャンルカには年に数回しか会えないため、今回はこちらを使うことに決めました。

 

 

ジャンルカはドキュメンタリー専門の映画監督です。

 

『O’Mast』『 I colori di Antonio』『 E poi c’è Napoli』をはじめとするファッションを題材にした作品も制作しています。

 

彼とはアーモリーを設立して間もない頃に出会いました。

 

私は、作品にも表れている彼自身のスタイルが大好きです。

 

ナポリ出身のジャンルカのことを、私は現代的なナポリ紳士だと思っています。

 

情熱的だけれどとっつきやすく、彼の作品を観ると、ごく自然に撮影対象と繋がれる才能があることが伝わってきます。

 

ジャンルカは時と場合によってはスーツを着ますが、普段はスポーツジャケットにトラウザーという格好を好みます。

 

カジュアルにも派手にもなりすぎない、自然でエレガントなスタイルです。

 

彼の服はほとんどがビスポークで、父親から譲り受けたものも何点かあります。

 

そして、 デニムジーンズアスコット・チャンのシャツなどを私たちのショップでも買い物をしてくれていることはとても光栄です。

 
 

Gianluca Migliarotti 監督作品
●DVD(日本語字幕あり)
●iTunes(日本)