From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the category

MENU

My Bags Part1

My Bags Part 1

As a frequent traveler, I am sensitive to how well my bags are serving me. Are they sturdy? Are they practical?

Do they hold everything I need? As a member of The Armoury, I also think about how they fit with my clothes.

Do I have the appropriate bag for work? What about for casual use?

Over the next few articles, I will tell the stories of bags that are dear to me. Some are bags I worked on with The Armoury’s makers, trying to go the extra mile to make something useful to our customers.

Some are bags that I think are exemplary designs.

They are all bags that I use regularly and know intimately.

What has been photographed are my personal items.

Over the next few articles, I will tell their stories.

 

出張が多いこともあり、私は自分のカバンが使えるかどうかということをとても気にします。

丈夫だろうか? 機能的だろうか? 必要なものは全て入るだろうか?

アーモリーのメンバーとしては、自分の服に合うかどうかも気になるところです。

仕事にふさわしいカバンを持っているだろうか?

カジュアル用のものはあるかどうか?

今回から数回にわたって、私にとってとても重要なカバンについて、お話をしたいと思います。

そのうちのいくつかは、アーモリーのお客様のために何か便利なものを作りたくて、メーカーさんと一緒に試行錯誤を重ねて開発したバッグ。

またいくつかは、代表的デザインともいえるもので、私が日常的に使っていたり、特別な思い入れがあったりするもの。

それらについて、これから数回の連載でお話ししていきます。

ちなみに写真は、私の私物です。

 

 

The Armoury x Frank Clegg Tote Bag

DSC00459 1-s1600

Frank Clegg is a family bag making company from Massachusetts, USA. Frank and his sons, Ian and Andrew all work in the business.

They make excellent quality leather bags and at a very reasonable price.

One of the best selling bags at The Armoury Hong Kong is their tote bag.

We sell it well to both men and women.

In Japan and Asia, it is not uncommon for a man to carry a tote bag but when we opened our New York store,

we found selling tote bags to our customers a little more challenging.

Some men felt the bags reminded them of ladies handbags and often were not aware of how practical a tote bag could be.

I wanted to make a tote for The Armoury’s customers that would not normally consider a tote bag.

 

フランク・クレッグは、アメリカのマサチューセッツ州にある家族経営のバッグメーカーです。

フランクと、彼の息子のイアンとアンドリューが一緒にビジネスを行い、素晴らしいクオリティの革のバッグをとても良心的な価格で作っています。

彼らのトートバッグは、アーモリー香港店で最も売れているバッグの一つです。

男性からも女性からもとても人気です。

ただ、日本やその他アジアの国では、男性がトートバッグを持つのは珍しいことではありませんが、

ニューヨーク店をオープンしてみて、現地のお客様にはトートバッグがなかなか受け入れられないということに気付きました。

男性の中には、トートバッグは女性のハンドバッグのようだと感じる方もいて、

実はとても機能的だということを知らない方もいらっしゃいました。

私は、そういった普段はトートバッグに興味を示さないアーモリーのお客様に向けて、トートバッグを作りたいと思いました。

 

 

To make the tote feel more masculine, Frank, Ian and I started with a more square shape to the bag, rather than one that is wider than it is tall.

Then, we shortened the handles to make them more reminiscent of briefcase handles.

One of the most useful aspects of a tote is that you can carry it on your shoulder,

so we modified the edges of the bag to hold brass D-rings that could attach to a shoulder strap.

Frank makes beautiful leather straps and I think they look best in a narrow width so that was added to the bag along with a sliding pad to make it more comfortable on the shoulder.

 

トートをもっと男性的にする為に、フランクとイアンと私は、まず、縦長というよりは、横幅を広げて、正方形に近い形にしました。

それから取っ手部分を短くし、ブリーフケースの取っ手のような形にしました。

トートのもっとも機能的なところは肩に掛けられるところですので、バッグの端に真鍮のD型リングを取り付け、

ショルダーストラップを付けられるようにしました。

フランクの作るきれいな革のストラップも、幅が細いものが最もきれいに見えると思い、それを、

肩が痛くならないようにする為のスライディングパッドと一緒にバッグに付けました。

 

DSC00460 1-s1600

I actually prefer fabric tote bags over leather tote bags.

I like that fabric tote bags are more lightweight and quite casual.

However, fabric tote bags tend to deteriorate a lot faster than leather bags.

So, I went for a mix of leather and an interesting synthetic material called Sunbrella cloth.

Sunbrella cloth is normally used on outdoor furniture.

It is waterproof, stainproof, sturdy and lightweight, a really great replacement for leather.

It has a deep twill which gives it the appearance of a heavy, high quality cotton fabric, but even longer lasting.

The “frame” of the bag is all in leather, especially in parts that would see a lot of friction,

such as the bottom, the handles and the top edge of the bag.

 

私は、実は、革のトートバッグより、布のトートの方が好きです。

布のトートの軽さとカジュアルさが好きなんです。

ただ、布のトートは、革に比べて断然早く劣化します。

そこで、革と、サンブレラというブランドのおもしろい合成繊維をミックスして使用しました。

サンブレラのファブリックは、通常、屋外用の家具に使われます。

撥水性・防汚性が高く丈夫なのに、軽量で、革の代わりとして最適です。

また、深い綾織り模様が、厚い高品質のコットン生地のように見えますが、コットンよりも断然長持ちします。

バッグの「枠組み」はすべて革で、特に底、取っ手、上部の端など、擦れやすい部分に使われています。

 

 

DSC00462 1-s1600

With travel in mind, pockets are of course very important, so we put in a big zippered pocket for keeping valuables,

and a big leather patch pocket that you could keep your phone and other small items in.

Also, when travelling, sometimes you find your bag on its side or even upside down when it’s in a luggage hold.

To prevent things from falling out, we added a zippered top. It’s also quite useful against pickpockets!

 

旅行用ということを念頭に置くと、もちろんポケットがとても重要です。

貴重品を入れられる大きなジッパー付きのポケットと、携帯やその他小物をしまえる革の大きなパッチポケットを付けました。

また、旅行中、機内の頭上の荷物棚の中で、バッグが横になったり、逆さまになったりすることがよくありますので、

バッグの中身が出てしまわないように、トップにジッパーを付けました。

これは、スリ対策としても効果的です。

 

 

I’m quite pleased with how the bag turned out.

I tend to use it for the weekend or when I’m travelling by plane.

With the combination of leather and fabric, it has a semi-dressy Ivy look to it so I like it with sport jackets jackets as well,

though I wouldn’t use it for suits.

 

このバッグの出来にはなかなか満足しています。

私は、週末や、飛行機で旅行するときに使用しています。

レザーと生地のコンビネーションで、少しドレッシーなアイビールックの雰囲気があるので、

スポーツジャケットに合わせるのも好きです。

ただ、スーツのときは使いません。

 

https://thearmoury.com/products/frank-clegg-x-the-armoury-sunbrella-zip-tote?variant=42842116047

 

 

 

Clematis (Ortus) Portfolio

DSC00505-s1600

This item is not really a collaboration item, it’s simply an item that is very important to me and that I like very much.

It was made by one of my favourite craftspeople, Komatsu-san.

He is one of the most dedicated craftspeople I know, making virtually flawless items and with subtle but deeply thought out designs.

 

このアイテムは、正確にはアーモリーとのコラボレーションではないのですが、私にとってはとても大切で、

非常に気に入っているアイテムです。

小松さんという、私の大好きな職人さんによって作られたものです。

私が知っている中でも、小松さんは最も熱心な職人さんの一人で、一見してはわからないけれども、

深く考え抜かれたデザインのアイテムを、完璧に作り上げる方です。

 

DSC00507 1-s1600

I commissioned this item back in 2012 and it has served me extremely well.

It is a variation of Komatsu-san’s design “Caltha” with some additions to make it more practical.

I added several pockets for keeping small items as well as pen loops. I also requested Komatsu-san add a hand strap on the back of the case.

By running my fingers through it as I hold the bag from the bottom, it feels more stable and secure.

It’s especially important for me as I frequently carry my laptop in this case.

 

私がこのアイテムをオーダーしたのは2012年ですが、それ以来とても活躍しています。

その理由は、この小松さんデザインの「Caltha」には、 好みによって便利なオプションを追加し、

バリエーションを付けることができる点です。

私は小物をしまえるポケットとベンホルダーを幾つか加え、ハンドストラップをケースの裏側に付けてもらいました。

バッグを下側から持ち、このストラップに指を入れることで、より安定し、安全な感じがします。

このケースにラップトップを入れて持ち歩くことが多いので、私にとっては特に重要なポイントです。

 

 

One of my favourite parts of the design is the one-piece construction.

Rather than use panels joined together with stitching, Komatsu-san makes this portfolio with one long piece of leather that folds over onto itself,

forming the body of the portfolio and also the flap that closes it.

He hand selects the best piece of leather possible, with no visible natural flaws such as scars, stretch marks, etc., showing off the beautify of ultra high quality leather.

 

このデザインの特に気に入っているところは、一枚の革でできているところです。

何枚かの革をステッチで繋ぎ合わせるのではなく、小松さんは、長い一枚の革を内側に折り畳み、

ポートフォリオの本体と、それを閉じるフラップを形作り、このポートフォリオを作ります。

傷やストレッチマークなど目に見える欠陥のない、できる限り最高の品質の革を自身で厳選し、

超ハイクオリティのレザーの美しさを見せつけてくれます。

 

DSC00496 1-s1600

When I travel, I almost always bring this portfolio.

It is an excellent substitute for a business briefcase when going from meeting to meeting.

It looks appropriate with a suit and it holds everything I usually need for a day of meetings.

Typically, I carry my laptop, notebook, papers, pens, business cards and a phone charging cable.

On a one-week business trip, the Caltha portfolio and a tote make for a handy combination as I would have something for casual and formal occasions.

 

私は出張するとき、ほぼ毎回このポートフォリオを持っていきます。

移動しながらいくつものミーティングをこなさなければならない日には、これがビジネス用のブリーフケースの代わりとして非常に役立ちます。

スーツにも合いますし 、その日のミーティングに必要なもの全てが入ります。

たいてい私は、ラップトップ、ノート、書類、ペン、名刺、携帯の充電器を入れて持ち歩きます。

一週間の出張では、このCalthaポートフォリオとトートがあれば、カジュアルなシーンにもフォーマルなシチュエーションにも対応できます。

 

 

 

Komatsu-san visits The Armoury HK and New York once a year to take orders.

We keep a limited stock of his items in our stores, contact info@thearmoury.com for details.

 

小松さんはアーモリー香港店とニューヨーク店にて年に一回オーダー会を行っています。

店頭の在庫には限りがありますので、詳細は、info@thearmoury.comまでお問い合わせください。