From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the category

MENU

The Making of The Armoury Lookbook 2016FW

  • By edit
  • In NY
  • On Nov 16th, 2016
  • permalink

armoury-lookbook-aw2016-fp

 

My mission for The Armoury is to try and make tailored clothing more relevant and easy-to-wear.

People today are dressing almost too casually and I want to create some resistance to that.

I love tailored clothing and want people to understand and enjoy it as much as I do.

So, at The Armoury we try to present tailored clothing in less serious ways and get people thinking: “I could wear that”.

アーモリーにおける私の使命は、テーラードの服をより適切な形で、着心地の良いものとして提案することです。

現代の人たちの格好はカジュアルすぎとも言え、私はそれに少し抵抗したいと思っています。

私はテーラードの服がとても好きで、他の人にも、テーラードの良さを理解し、私と同じくらい楽しんでほしいのです。

というわけでアーモリーでは、テーラードの服を真面目すぎない形で提案し、

皆さんに「あれなら自分にも着られる」と思ってもらえることを目指しています。

 

 

Traditionally, we have liked to shoot images in the shop.

If we were having a quiet afternoon and the light was right, we would turn off all the lights in the shop and just use natural lighting to create our images.

If a customer came in, we would turn all the lights back on and get back to serving them.

Our focus was usually on our customers’ bespoke or made-to-measure commissions and sometimes our own as well.

We wanted to highlight new makers and craftsmen visiting our store for trunk shows.

Above all, we wanted to try and create new and beautiful images.

プロモーション用の写真については、日頃からショップ内で自分達で撮影しています。

たまたまお客様が少なく光がちょうど良い感じの午後などに店内の明かりを全て消し、自然光だけを使って写真を撮ります。

お客様が入ってきたら、また明かりを全てつけて接客に戻ります。

また、私たちのフォーカスは、常にお客様の、ときに私たちスタッフ自身のビスポークやメイド・トゥ・メジャーのオーダーの受発注ですので、

新しいブランドや職人の方たちが店舗でトランクショーを行う際には、集中的に彼らを PRするようにしています。

以上の理由から、自分達で、常に新しく、美しい写真を撮るようにしています。

 

armoury-lookbook-aw2016

As our online store has grown over the years, we faced a greater need to show our ready-to-wear items.

Last year we shot our first lookbook, engaging an external photographer rather than doing it ourselves and putting two of our New York team in a studio wearing ready-to-wear outfits from the current season.

It was well received and so we aim to try out some new ideas each season and see how it goes.

We still continue to do our more candid, natural light and street photography style images as our bread and better throughout the year.

アーモリーのオンラインストアのほうも年々成長してきており、レディ・トゥ・ウェアのアイテムをより多く取り扱う必要性が出てきました。

そこで昨年初めて、アーモリーのルックブックを撮影しました。

その時は、自分達で撮影せずに外部のフォトグラファーにお願いし、

ニューヨーク店のスタッフ2人にそのシーズンのレディ・トゥ・ウェアを着てもらい、

スタジオで撮影しました。

評判がよかったので、それ以降毎シーズン、アイディアを出して新しいことを試してみるようにしているんです。

ですが、基本的には一年を通して、ありのままの自然光を使ったストリートスナップのスタイルを、私達のスタイルとして維持しています。

 

armoury-lookbook-aw20162

I’m fortunate enough to be friends with a talented menswear illustrator, Mr Slowboy.

We wanted to do a project together and so the lookbook for FW 2016 was a good opportunity to see what might be possible.

幸運にも私の友人に、才能あるメンズウェアのイラストレーター、ミスター・スローボーイがいるのですが、

彼とはかねてから一緒に何かやりたいと話していたので、

2016年秋冬のルックブックで一緒にどんなことができるかを試してみることにしました。

 

armoury-lookbook-aw20163
I’m a big furniture junkie, particularly for designers like Poul Kjaerholm, Jorgen Hoj,

Hans Wegner and Arne Jacobsen. Another friend of mine was recently appointed to run a new workspace / dining / bar concept in New York called Spring Place.

The interiors are some of the best I’ve ever seen and very much in the aesthetic of the designers I love.

So, I asked if I could do the shoot on their premises, which he kindly agreed to.

私は大の家具ファンで、特に、ポール・ケアホルム、ヨーゲン・ホイ、ハンス・ウェグナー、アルネ・ヤコブセンなどのデザイナーが好きです。

別の友人が最近、ニューヨークに新しくできた、スプリング・プレイスというオフィス兼ダイニング・バーの経営に任命されました。

そのインテリアは、これまで私が見た中でもとても素晴らしく、私の好きなデザイナーたちの美学に則っているもので、

ここでルックブックの撮影を行うことにしました。

 

armoury-lookbook-aw20164

 

The idea with Mr Slowboy was to do draw in some Roger Rabbit style illustrated figures interacting with real people.

The people and the environments would be more conservative, classic, flat imagery and the illustrations would bring it to life.

Jim, the redhead, is our New York shop manager and a great musician. Rich, the non-redhead, is one of our sales guys and also a fantastic illustrator.

The two of them wore this season’s ready-to-wear and I wore some of my own bespoke pieces from the different makers The Armoury represents.

The illustrated character is someone Mr Slowboy came up with, a mix of different people at The Armoury.

We named him Arthur, after the lion in our logo. He also wears items from this season.

ミスター・スローボーイとのアイディアは、ロジャー・ラビットのスタイルで、

イラストのキャラクターが実際の人間とやりとりしている様子を描くというものでした。

人物と背景はあくまでもコンサバティブでクラシックでフラットなイメージですが、

イラストレーションがそこに生き生きとした感じを与えています。

赤毛のジムはニューヨーク店の店長で、素晴らしいミュージシャンでもあります。

もう一方のリッチはニューヨークのセールススタッフで、才能あるイラストレーターでもあります。

二人が着ているのは今シーズンのレディ・トゥ・ウェアで、私が着ているのはアーモリーで扱っている様々なブランドのビスポークのアイテムです。

イラストのキャラクターは、ミスター・スローボーイが アーモリーの関係者達をミックスして作り上げたキャラクターです。

アーモリーのロゴのライオンにちなんで、アーサーという名前をつけました。

彼自身も、今シーズンのアイテムを着用しています。

 

armoury-lookbook-aw20165

 

We planned the images, then shot them and drew the illustrations.

We then looked for an order to the images and a theme to tie it all together.

Since the space we were in was a workspace / dining / bar concept, we decided to call it “Work and Play”,

to suggest that The Armoury and the clothes could be not just for the office but also for relaxation after work.

I thought it would be nice to add a little timestamp in the corner of each image to give a bit more context.

It was a fun project to execute, I like the concept and I wish I had more time to refine it into a longer series but it has made for a memorable start to 2016’s Fall Winter season at The Armoury!

このルックブック製作の過程として、まず写真の内容を決め、撮影をし、イラストレーションを描きました。

それから写真の並べる順番を決め、すべてをまとめるテーマを決めました。

撮影した場所はオフィス兼ダイニング・バーというコンセプトなので、「仕事と遊び」というテーマに決めました。

アーモリーの服は、オフィスのみならず、仕事の後のリラックスした時間にもぴったりだという意味を込めています。

それぞれの写真の端に時刻を入れて、内容を少し膨らませてみました。

このプロジェクトは取り組んでいてとても楽しく、コンセプトも気に入ったので、

より長いストーリーにするためにももう少し内容を練る時間があればよかったと思いました。

しかし、このルックブックのおかげで、アーモリーの2016年秋冬の良いスタートが切れたことは確かです!