From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the category

MENU

Antonio Liverano(Liverano & Liverano)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Sep 21st, 2016
  • permalink

Liverano & Liverano

アントニオ・リヴェラーノ Antonio Liverano

l1000070-tc

 

As someone still in the early stages of his career, I’m fascinated by the working habits of the greats, particularly how they use their time.

Rich or poor, smart or slow, in a day we all have the same 24 hours to work with.

How the greats use this limited resource, that is given equally to everyone, is of particular interest to me.

まだキャリアの浅い者として、私は偉大な先輩方の仕事の習慣、特に彼らの時間の使い方にいつも感銘を受けます。

お金持ちでも貧しくても、賢くてもそうでなくても、誰にとっても一日は24時間しかありません。

全ての人に平等に与えられたその限られた時間を偉大な先輩方がどのように使っているのかということに、私は特に興味があるのです。

 

 

Antonio Liverano, one of the greatest tailors in the world, who cuts in the Florentine style, is today’s subject.

Here’s how he spends his day:

世界有数のテーラーの一人であり、フィレンツェスタイルの裁断を行うアントニオ・リヴェラーノ氏が、本日の主役です。

彼は一日をこんなふうに過ごします。

 

 

5AM – Antonio wakes up, gets dressed and enjoys a simple breakfast of a pastry and a cafe macchiato.

午前5時 – 起床。着替えて、ペイストリーとカフェマキアートのシンプルな朝食を済ませます。

 

 

6.45AM – Antonio departs from his home in the countryside to his shop in the city of Florence, sometimes by car and sometimes by train.

Once he’s on the road, he starts thinking about work.

He starts by thinking about the business as a whole, then recalling individual customers and their orders.

午前6時45分 – 郊外の自宅からフィレンツェの街中にある彼のショップまで、車もしくは電車で向かいます。

一度通勤路につくと、仕事のことを考え始めます。

まずはビジネス全体について、そして個々の顧客とそれぞれのオーダーについてを思い起こします。

 

 

7.45AM – Antonio arrives at the shop. He is usually the first one to arrive.

After checking the shop, he prepares the irons, starting them so they are ready to use when the other tailors arrive.

Antonio’s first job at 8 years old when he first started in tailoring, was preparing the irons. Back then, irons needed to have lumps of hot coal placed into them by hand.

午前7時45分 – ショップに到着。アントニオ氏はたいてい誰よりも先に出勤します。

店内を確認した後、アイロンを準備し、温め始めます。他のテーラー達が到着した時にすぐに使えるようにです。

8歳で仕立ての仕事を始めたアントニオ氏が、最初に覚えた仕事が、アイロンを準備することでした。

当時のアイロンは、熱い石炭の塊を手で入れなければならなかったそうです。

 

 

8.30AM – Antonio checks the work of the tailors from the day before. He is still intimately involved with all the garments, constantly doing quality control on everything that passes through the shop.

午前8時30分 – 前日テーラー達が行った作業を確認します。彼はいまだに、全てのオーダー一着一着に丁寧に関わり、

ショップから出ていく全ての商品の品質管理をこまめにしています。

 

 

9.30AM – 1PM – Antonio spends most of his morning cutting customers’ orders.

午前9時30分 – 午後1時 – 午前中は顧客のオーダーの裁断に費やします。

 

 

1PM – 2PM – Lunch break. Antonio is now 78 years old. On some days, if he is feeling tired, he will return home early.

午後1時 – 2時 – ランチ休憩。アントニオ氏は現在78歳ですから、疲れたと感じた時は早めに自宅に帰ります。

 

 

2PM – 7PM – Antonio continues to cut but also does some teaching and training with the younger tailors in the workshop.

The workshop now has 8 tailors, 5 of which are under 40 and still in training. Antonio is passionate about tailoring and in training his apprentices.

He looks for young people who are share that passion and he tries to grow them.

In everything he does, he tries to transmit that passion and expects the same from his juniors.

午後2時 – 7時 – 午後も裁断作業を続けますが、時々ワークショップで、若いテーラー達に教えたりトレーニングをしたりします。

彼のワークショップには、現在8人のテーラーがおり、そのうち5人は40歳以下で、今も見習い中です。

アントニオ氏はテーラリングと若手の育成に大変熱心です。

彼と同じ情熱を持つ若者達を見つけてきては育てようとしています。

アントニオ氏は、彼がすること全てを通して、テーラリングへの情熱を伝えようとし、また若手達からも同じものを期待します。

 

 

7PM – Antonio returns home to eat dinner with his daughter’s family who live next door to him.

His work starts early in the day but at 7pm, it ends and he does not dwell on work any further preferring to spend time with his family and recuperate, in bed by 10pm and ready for the next busy day.

午後7時 – 帰宅し、隣の家に住む娘の家族と夕食をとります。

彼の仕事は早い時間に始まり、午後7時には終わります。

それよりも長く仕事をすることはしません。

それよりも、家族と過ごし、その日の疲れを癒し、また忙しい翌日に備えて、夜10時にはベッドに入るのです。

 

 

Tailors stay in their profession all their lives. It is a difficult trade to master and it requires a lifetime of dedication.

Often their businesses end when they retire.

Antonio, a more modern tailor than his age belies, always has his eye on the horizon.

His finest apprentices, such as Qemal Selimi and Takahiro Osaki, have been with him for nearly ten years and are now coming of age with the potential to take over from where he leaves off.

I have enormous respect for his ability as a tailor but I am most impressed by his long term vision, to preserve his tailoring house and traditions and allow it to continue for another generation.

多くのテーラーは、生涯を通して、その仕事に従事します。

極めることが難しい職業で、習得するには一生かかるのです。

多くの場合、彼らのビジネスは、テーラー自身が引退した時に終ります。

一方、アントニオ氏は、年齢の割にはモダンな考え方を持ったテーラーで、常に先に目を向けています。

アントニオ氏のもとには、これまで10年以上働いてきた、チェマル・セリミ氏や大崎貴弘氏のような優秀な後輩達がおり、

アントニオ氏が去る時には、一人前のテーラーとして、その後を引き継げるだけの可能性があります。

私はテーラーとしてのアントニオ氏の能力に非常に大きな尊敬の念を抱いていますが、

それ以上に彼が自身のテーラリングハウスと伝統を維持し、次の世代に委ねようとしている、その長期的なビジョンにも感銘を受けています。

 

l1000066-tc