From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the category

MENU

Richard Carroll(The Armoury NYC)

  • By edit
  • In NY
  • On Aug 23rd, 2016
  • permalink

The Armoury NYC

リチャード・キャロル Richard Carroll

RichardCarroll

Ring Jacket Silk Sport Jacket  online

Drake’s Denim Chambray Shirt  online

Tie Your Tie  Cotton/Silk Seven Fold Striped Tie similar

ROTA Grey Trousers  online

 

Richard hails from Australia, full of talent for style and art.

He spent his formative years with his uncle at Strand Hatters, one of the most famous hat stores in Australia,

and is The Armoury’s resident hat expert.

Richard is also a skilled illustrator and regularly draws for our website and our shop windows.

He is a pleasure to work with, always enthusiastic, with a smile and ready for beers at the end of the day.

リチャードは、オーストラリア出身、スタイルとアートの才能に溢れています。

キャリアの初期の頃、オーストラリアで最も有名な帽子専門店のひとつ、

ストランド・ハッターズで叔父さんと共に働いていた経験があり、現在はThe Armoury専属の帽子専門家です。

リチャードはイラストレーターとしての才能もあり、

The Armouryのウェブサイトやショップのショーウィンドウにときどき絵を描いてくれています。

一緒に働いていてとても楽しく、いつも笑顔で一生懸命、そして仕事の後のビールが大好きなんです。

 

1. Could you give us a brief history of your career?
あなたの経歴を簡単に教えていただけますか?

After highschool I went and studied Art and printmaking in Canberra but I dropped out after a couple of years.

During that time and for a few years after that I had a lot of different jobs.

I was a cook at a cafe, a barrista, I worked in bars and then I started DJing at nights with some friends.

Eventually I got burnt out in Canberra and moved to Sydney where I started working with my uncle in the Strand Hatters.

That was kind of during the start of the menswear renaissance and I feel I learned a lot and we really helped to pioneer a certain sort of style around Sydney.

I developed a few hats and small accessories with my uncle and started to get a bit of a taste for the grander world of menswear.

After a few years at the hat shop I went back to school to finish my degree, got to go on exchange at Parsons here in New York,

fell in love with the city (and an American girl) and decided to move back. Now I work at the Armoury!

高校を卒業後、キャンベラでアートと版画を勉強しましたが、数年で退学しました。

在学中とその後数年間は、あらゆる仕事をしました。

カフェでコックやバリスタとして働いたり、バーテンダーをしたり、友人達とDJをしたり。

結局キャンベラで燃え尽きてしまい、その後シドニーに引っ越し、

ストランド・ハッターズにいた叔父のもとで働き始めました。

時期としてはまさにメンズウェア復興の兆しが出てきた頃で、私もたくさんのことを学びましたし、

当時シドニーで生まれた新しいスタイルの確立にも貢献しました。

叔父と共に、帽子数点と小物を製品化し、

メンズウェア業界のより大きな部分が見えるようになりました。

その帽子店で数年間働いた後、私は学位を取るため大学に戻ったのですが、

在学中にニューヨークのパーソンズ大学へ交換留学で来て、

この街に恋し(そしてアメリカンガールにも恋をして)、

大学卒業後にまたニューヨークに戻ってきました。

そして現在The Armouryで働いているんです!

 

2. Could you talk a little about Stand Hatters?
ストランド・ハッターズについて少し紹介していただけますか?

The Strand Hatters is one of those really special shops that have almost all disappeared.

The established (old) menswear specialty shop/haberdasher.

One of those places where you get the feeling you can walk into and maybe buy something that is 20 or 30 years old.

My uncle Bob has been working there since the 80s and so even he has sort of become a part of Sydney legend.

We used to get all sorts of customers in there and I think there is something really great about a shop that can appeal to Australian truck drivers and farmers as much as Leonardo Dicaprio.

ストランド・ハッターズは、最近ではもうほぼ見かけなくなった、本当に特別なタイプのショップです。

昔ながらのメンズウェアの専門店・紳士用装身具店で、店内に一歩足を踏み入れると、

20年も30年も前にタイプスリップしたような感覚にとらわれるようなお店。

叔父のボブがそこで80年代から働いていて、

彼自身がシドニーのレジェンドとしてちょっと有名だったのです。

あらゆるタイプのお客様がそこには来ました。

オーストラリア中のトラック運転手や農業の方たち、そしてレオナルド・ディカプリオまで、

あらゆる男性を惹きつける何か特別な魅力がこの店にはあるんです。

 

3. What do you do at The Armoury?
The Armouryでは何をしていますか?

I work on the sales floor at the Armoury New York and so my day to day activities revolve around helping people in store,

making sure clients are happy with their garments, and teaching people about what the Armoury is.

I feel like a lot of what makes our store cool is that we are as interested in teaching and informing our customers about clothing,

be that manufacturing processes and materials or the social and cultural history of clothing.

I also take on a lot of responsibility for the physical presence of the New York store, probably due to my history in the graphic and fine arts,

so I am always trying to come up with new ways to display things and make sure the store looks fresh.

And finally, and I’m really excited about this, I have recently been working with our press and online guys to make illustrations for online content.

ニューヨーク店で販売員として働いています。

仕事の内容は日によってさまざまですが、主にお客様が満足のいくお買い物ができるよう、

売り場でお手伝いをしたりThe Armouryについての紹介をしたりしています。

The Armouryでは、お客様にそれが生産過程であれ、素材、社会的・文化的背景であれ、

洋服にまつわるあらゆる情報や知識をお伝えすることにスタッフ皆が非常に熱心なんです。

他にもグラフィックやアートの学歴を持つことから、店舗のプレゼンテーションも任されており、

新しいディスプレイ方法を考えたり、店内がいつも新鮮に見える工夫をしたりしています。

また最近のとてもエキサイティングな仕事としては、プレスやオンライン担当者と一緒に、

オンライン用のコンテンツ制作に携わっていて、私がイラストを描いているんです。

 

4.How would you characterize your style?
あなたのスタイルの特徴は何ですか?

I like an almost recontextualised classic American Ivy style.

Repp ties, chinos, checked odd jackets, penny loafers and button down shirts.

I mix true vintage with reproduction with a little contemporary Italian thrown in.

I kind of think that I approach Ivy style with a Japanese mindset it’s closer to an obsessive costume for me than it is a natural born right.

Lately I have been wearing my shirts a little fuller and my trousers a little longer.

アメリカのクラシックなアイビースタイルを再解釈したスタイルが好きです。

レップタイ、チノパン、チェックのオッドジャケット、ペニーローファー、ボタンダウンシャツ。

本物のビンテージと復刻版にコンテンポラリーなイタリアンを少しミックスします。

持って生まれたスタイルではなく、計算して着こなしているという点では、

日本的解釈のアイビースタイルのアプローチに近いと思います。

最近、シャツは少し大きめに、トラウザーは少し長めにして着こなしています。

 

5. How do you find New York? Especially in comparison to Sydney?
ニューヨークについてどう思いますか? 特にシドニーと比べるとどうですか?

A lot of people ask me this and expect me to be surprised by New York but a lot of the time for me the cities are fairly similar in feel.

One of the coolest things I think about NYC is that, even despite its size, so much of our contemporary cultural collateral is based on,

or directly came from, New York and when im here I find it really hard to avoid that.

A cartoonist friend of mine, who is from Sydney but is based here, recently told me “if I’m not in New York,

I just don’t think anything I do makes a difference”.

多くの人がこの質問をして、私にニューヨークに驚いている反応を期待するのですが、

私にとっては都会は感覚的にはどこも似ているように感じられます。

ただ、ニューヨークのクールな点の一つは、その面積の小ささにもかかわらず、

現代文化の非常に多くのものがニューヨークに関連もしくは由来しており、

今ここで生活をしながらその影響力の大きさを目の当たりにしています。

シドニー出身でニューヨーク在住の漫画家の友人が最近こんなふうに言っていました。

「もしニューヨークにいなければ、私のすることは何も特別ではない」と。

 

6. What is Sydney style?
シドニーのスタイルとはどのようなものですか?

Americans always tell me that Americans dress in a very casual way now but in Australia we really do.

There is much more a culture of dressing down and of stealth wealth than I see here.

Sydney particularly has a relaxed take on mens clothing but the things I tend to think of as emblematic are bold and patterned shirts,

not wearing a tie, unstructured jackets, brighter blues and lighter greys, winter whites, RM Williams craftsmen boots and of course fur felt hats!

アメリカ人は、最近の自分たちの格好がとてもカジュアルになったと言いますが、

オーストラリア人ほどではありません。

私が見るに、アメリカ以上にオーストラリアにはドレスダウンする文化があり、

着飾らないお金持ちが多くいます。

シドニーは特にリラックスしたメンズウェアが主流で、象徴的なスタイルとしては、

大胆な柄のシャツ、ネクタイなし、アンストラクチャード・ジャケット、明るいブルー、薄いグレー、

ウィンターホワイト、R.M.Williamsのクラフツマンブーツ、

そしてもちろんファーフェルトハットなどがあると思います。

 

7. You are also a skilled illustrator, having made some fine images for our website and our window displays. Who are your influences?

あなたは才能あるイラストレーターでもあります。

The Armouryのウェブサイトやウィンドウディスプレイにもイラストを描いてくれました。

どんなイラストレーターに影響を受けましたか?

My largest influences are always those midcentury cartoonists who have a really bold, simple line and a lot of energy.

Like Alex Toth’s shadows and perfect line, the gouache paintings of Mary Blair,

Kazuo Hozumi’s Ivy characters and Harvey Kurtzman’s everything!

I also am heavily influenced by the 2nd wave of underground cartoonist who appeared in the early-mid 80s guys like Dan Clowes,

Peter Bagge, Seth and the younger but sublime Adrian Tomine.

私が一番大きな影響を受けたのは、エネルギーが感じられる、

太くシンプルな線で描くミッドセンチュリーの漫画家達です。

Alex Tothの影と完璧な線や、Mary Blairのガッシュ画、穂積和夫のアイビーキャラクター、

そしてHarvey Kurtzmanの全てに影響を受けました!

また80年代初期〜中期に登場した、第二次のアンダーグラウンドの漫画家達にも大きな影響を受けました。

例えば、Dan Clowes、Peter Bagge、Seth、若いけれど才能あるAdrian Tomineなど。

 

8. What is the favorite thing you’ve drawn recently?
最近描いた作品で気に入っているものはありますか?

I drew a little 4 silent panel comic about NYC last year and I don’t know if I will ever draw something I like as much again!

去年ニューヨークについての4コマ漫画を描いたのですが、

あれほど気に入るものをまた描けるかわかりません!

 

9. What are your favorite works from other artists?
他のアーティストの作品ではどんなものが好きですか?

A couple that spring to minad are Ice Haven by Dan Clowes, Tomine’s New Yorker covers (essentially all of them),

Chuck Closes “One Froggy Evening”, Sokol’s 60s playboy pages… too many things to name.

Also there are a couple of Stuart Davis paintings on display in this weird back room in the mets

modern art section that I LOVE.

Dan ClowesのIce Haven、Tomineの雑誌「ニューヨーカー」のカバー(基本的にすべて)、

Chuck Closesの“One Froggy Evening”、Erich Sokolの60年代のプレイボーイの作品など、

たくさんありすぎて挙げられないほど。

メトロポリタン美術館の現代アートセクションのバックルームに展示されている

Stuart Davisの作品も大好きです。

Jim Parker(The Armoury NYC)

  • By edit
  • In NY
  • On Aug 4th, 2016
  • permalink

The Armoury NYC   Shop Manager

ジム・パーカー Jim Parker

JimParker (1)

VBC Blue Hopsack Sport Jacket Liverano & Liverano similar

Denim Chambray Shirt The Armoury  online

White Linen Trousers  Rota  online

 

Jim is the shop manager of The Armoury NYC.

Friendly and even-keeled in nature, neatly dressed with a tendency for shades of blue,

he has been a huge part of the team in NYC.

He also happens to be from Nashville, Tennessee,

part of the Southern States with its own distinct culture with huge influence on American style and music.

As a Southerner, Jim is my reference for how best to wear seersucker, the classic American summer suiting.

ジムは、アーモリーのニューヨーク店の店長です。

フレンドリーで常に安定した性格、ブルー系を使ったきれいな着こなしで、

ニューヨークチームの重要な部分を占めている人物です。

アメリカのスタイルや音楽に大きな影響を与えた、

独特のカルチャーを持つアメリカ南部テネシー州のナシュビル出身でもあります。

南部生まれのジムは、私にとってアメリカのサマースーツの定番である

シアサッカーの着こなしのお手本でもあります。

 

 

1.
Could you give us a brief history of your career?

あなたの経歴を簡単に教えていただけますか?

I dropped out of recording engineering school because I couldn’t stand the thought of sitting in a dark room,

staring at a computer screen for hours on end–a pretty typical day for an audio engineer.

I also knew I wouldn’t do well in a typical 9-to-5 desk job. So, after a few years,

I realized I could turn my lifelong interest in men’s style into some sort of career.

I went back to university and finished with a degree in fashion merchandising.

After that, I snagged an entry level job at an old-school haberdashery in Nashville, and it all took off from there.

レコーディングエンジニアの学校に通いましたが、

何時間も暗い部屋でコンピューターのスクリーンを眺めるような仕事はできないと思い

(それがエンジニアの典型的な一日ですが)、中退しました。

また、いわゆる九時五時の仕事もあまり得意ではないとわかっていましたので、

数年後に昔から興味のあったメンズスタイルの道に進もうと決めました。

その後、ナシュビルにある昔ながらの紳士用装身具店にて、エントリーレベルの仕事を始め、

そこからキャリアが始まりました。

 

2.
What do you do at The Armoury?

アーモリーでは何をしていますか?

I manage the Armoury New York retail store, which means my day-to-day activities are never set.

Most days, though, you can find me on the sales floor leading clients through our made-to-measure process

and assisting my staff in providing the best service possible.

ニューヨーク店の店長をしています。

仕事の内容はその日によって異なりますが、ほとんどの場合、売り場にてお客様の採寸のお手伝いをしたり、

できるだけ良いカスタマーサービスをご提供できるよう、スタッフのサポートなどをしたりしています。

 

3.
How would you characterize your style?

あなたのスタイルの特徴は何ですか?

I wish I could give a concrete answer to that question, but I can’t.

My style, like most people’s, goes through phases.

I live in Williamsburg, Brooklyn, one of the trendiest neighborhoods in the country,

and most people there don’t wear classic menswear.

So lately, I’ve been interested in how to wear the clothing I enjoy without standing out, too much at least.

That typically means wearing coarser, more casual fabrics–nothing too slick–and odd jackets and trousers instead of suits.

その質問に対して明確にお答えできればいいのですが、残念ながらできません。

私のスタイルは、多くの人がそうであるように、時期を経て変わってきています。

私は今、世界中で最もトレンディな街のひとつ、ブルックリンのウィリアムスバーグに住んでいるのですが、

そこに住んでいる人達は、クラシックなメンズウェアを着ません。

ですから最近の私は、いかに周囲から浮かない形で、自分の好きな洋服を着こなすか、

ということに関心があります。

大抵、艶のある素材は身につけず、もっときめの粗い、よりカジュアルな素材を選び、

スーツではなく上下不揃いのジャケットとトラウザーズを合わせています。

 

4.
How do you find New York? Especially in comparison to Nashville?

ニューヨークについてどう思いますか?

特にナシュビルと比べるとどうですか?

New York is so much faster-paced than Nashville, but I like it.

Just about anything one could ever want is available here, which is simultaneously liberating and frightening.

ニューヨークはナシュビルに比べると非常にペースが早いですが、私はそれが好きです。

またどんなことにおいても、欲しいと思うようなものは、全てニューヨークにあります。

それは、とても自由なことであり、また同時に恐ろしいことでもあると感じます。

 

5.
As a Southerner, could you describe what a Southern Gentleman is?

What do you think of the term?

南部出身のあなたから、「南部男性(Southern Gentleman)」について説明してもらえますか?

A Southern Gentleman treats everyone as a friend, even a stranger.

He introduces himself by his full name, and refers to new acquaintances as Mr. or Ms.

He dresses appropriately for the occasion.

He always opens the door for the fairer sex, pulls out her chair, helps her with coat.

And never swears in front of her.

南部男性は、たとえ見知らぬ人であっても、全ての人を友達として扱います。

自己紹介をする際はフルネームを名乗り、新しく知り合った人には「ミスター」「ミズ」をつけて呼びます。

TPOをわきまえた服装をします。

女性に対しては必ずドアを開け、椅子を引き、コートの脱ぎ着を手伝います。

また、女性の前で決して悪態をつきません。

 

6.
What do you think of seersucker?

シアサッカーについてどう思いますか?

Well, I’m wearing seersucker as I type this, so I suppose I’m a fan.

It’s a polarizing fabric–it seems when I wear it, everyone notices and has an opinion about it.

I just like it because it’s practical and reminds me of home.

そうですね、まさに今シアサッカーを着てこれをタイプしていますので、

私はシアサッカーのファンといえるでしょう。

ただ、賛否両論のある生地で、私がシアサッカーを着ていると皆気が付きますし、

それぞれの意見を言ってきます。

実用的ですし、故郷を思い出すので、私は好きなのですが。

 

7.
You are also a keen musician, having spent a great deal of time performing live as well.

What do you like to play? Why?

あなたは熱心なミュージシャンでもあります。

これまで数多くのライブも行ってきたようですが、何を演奏するのが好きですか?

またそれはなぜですか?

It depends, really.

If I’m onstage, I like to play anything that makes the crowd happy.

If I’m just playing by myself, I’m usually working to improve an aspect of my playing I feel is lacking.

Right now, that’s uptempo country runs.

その時によります。

ステージでの演奏でしたら、観客をハッピーにする曲を演奏するのが好きです。

一人のときはたいてい、力不足だと感じている部分を改善するための練習として弾きます。

 

8.
Who are your musical influences?

影響を受けたミュージシャンは誰ですか?

Oh, so many! Off the top of my head, I can say I’ve stolen a lick or two from Randy Rhoads, Andy Summers, Alex Lifeson, Jake E. Lee, Prince,

Billy Corgan, Johnny Marr, George Benson, Eddie Van Halen, the Edge, Mike Campbell, Jack White, Brent Mason, Vince Gill, Daniel Donato,

Zakk Wylde, and so many more I’m forgetting.

たくさんいます!

思いつくところから、ランディ・ローズ、アンディ・サマーズ、アレックス・ライフソン、

ジェイク・E・リー、プリンス、ビリー・コーガン、ジョニー・マー、ジョージ・ベンソン、

エディ・ヴァン・ヘイレン、ジ・エッジ、マイク・キャンベル、ジャック・ホワイト、ブレント・メイソン、

ヴィンス・ギル、ダニエル・ドナート、ザック・ワイルド、

他にも名前が出てこなかった人がたくさんいます。