From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the category

MENU

Douglas Cordeaux(Fox Brothers)

Fox Brothers    Managing Director

ダグラス・コードー  Douglas Cordeaux  

DouglasCordeaux

Fox Brothers is one of the oldest mills in England, seeing its fair share of ups and downs over the years.

Today, it is looking healthier than ever, consistently releasing distinctive yet elegant collections season after season as well as adding a retail business for all sorts of finished goods related to Fox.

Douglas Cordeaux is the man behind it all. He is an industry veteran and a standard for great taste.

 

フォックスブラザーズは、イギリスの老舗機屋の一つです。

長年ビジネスにおける浮き沈みを経てきたものの、近年はかつてないほどビジネスが良好で、

独特ながらもエレガントなコレクションを毎シーズン発表し続けているほか、

フォックスに関連したさまざまな製品を扱う小売ビジネスも行っています。

そしてダグラス・コードーこそが、それらすべての仕掛人です。

この業界のベテランであり、センスの良さの代名詞ともいえる人物です。

 

1.
Could you give us a brief history of how your career and how you eventually came to own and manage a mill?

あなたの経歴を簡単に教えていただけますか?

 

I have been involved in the fashion/textile Industry all of my life.

Trained as a textile designer at The Chelsea School of Art, specializing in print.

My first job was a textile screen printer in London, where I discovered I really liked the option of working for myself.

30 years in the industry working as a freelance print designer, working as a print designer for Pepe Jeans with the great Nitin Shah,

who with his brothers started the brand, an amazing seven years, with lifetime friendships forge.

A year of this period was spent in New York with the brand; this is where I discovered the love for menswear.

Working at Pepe Jeans in the 80’s was like attending the world’s best design and business school.

Nitin Shah, thank you!

With two colleagues from Pepe Jeans, a design studio was set up,

offering a complete service from design to garment production, specializing in sportswear.

A further eight years was spent at Pepe Jeans, in various London locations,

again an amazing experience this time with the now owner Carlos Ortega, who is design driven,

which is so important in fashion based brand and ironically often over looked.

私はこれまでの人生でずっとファッション・テキスタイル業界に携わってきています。

チェルシー・カレッジ・オブ・アーツで、プリント専門のテキスタイルデザイナーとしての勉強をしました。

私の最初の仕事は、ロンドンの、テキスタイルのスクリーンプリンターでの仕事でした。

そこで、私はフリーランスで働く方が自分に合っていることを学びました。

その後、30年の間にフリーランスのプリントデザイナーとして働き、

また、ぺぺジーンズのプリントデザイナーとして 創業者3兄弟の一人Nitin Shahとともに仕事をし、

この素晴らしい7年間を通してNitinとは生涯の友となりました。

このブランドの仕事で一年程ニューヨークに住んだこともありますが、

私がメンズウェアに魅了されるようになったのはこの時期です。

80年代にぺぺジーンズで働いていたことは、

世界最高のデザインとビジネスの学校に通っていたようなものでした。

Nitin Shah、ありがとう!

ぺぺジーンズの同僚2人とデザインスタジオを作り、スポーツウェアに特化して、

デザインから縫製までの一貫したサービスを提供するビジネスを始めました。

さらに8年間、ぺぺジーンズのロンドン内の様々な店舗で働き、

現在のオーナーであるCarlos Ortegaとの素晴らしい出会いがありました。

Carlosは、ファッションブランドにとっては特に大切なことでありながら、

皮肉にも見過ごされがちなデザイン重視という点を大切にする人でした。

 

How I ended up owning a mill. It was at a lunch with Jeremy Hackett,

whom I met whilst working with at Pepe Jeans, who had just purchased the Hackett brand.

This lunch was some seven years ago now and I was fascinated about British manufacturing and menswear.

There was a textile mill that could be turned into a brand.

It was Jeremy who said, go and take a look at Fox Brothers.

It was walking through the doors of a British mill and hearing the sound of looms, the sound of making,

was the real turning point in my career.

In textile, it does not get better than the sound of weaving.

It was then on to the phone to my longtime friend and fellow Somerset resident Deborah Meaden,

literally two months later, we were the owners of Fox Brothers. The first year was known as “character building.”

私がどのようにして、機屋のオーナーになったのか。

それは私がぺぺジーンズで働いていた頃に出会った、Jeremy Hackettとランチをしたことがきっかけです。

今から7年前のことになりますが、彼は当時、ちょうどHackettを買収したところで、

私はイギリスの製造業とメンズウェアに夢中になっている頃でした。

Jeremyが「フォックスブラザーズという機屋があり、

ブランドにできるかもしれないので行って見てきたらいい」と言うので、そこを訪れました。

イギリスの機屋の扉を開け、中に入っていくと、織機の音が聞こえる。

ものづくりの音が聞こえる。

テキスタイル業界において、織機の音に勝るものはありません。

それは私のキャリアのターニングポイントでした。

その後、長年の友人であり、同じサマセットの住人でもあるDeborah Meadenに電話で相談をし、

その2ヶ月後には、彼女と共に、フォックスブラザーズの共同オーナーになっていたのです。

最初の一年は、ブランドの「人格形成」にあてました。

 

2.
As Fox Brothers is the inventor of the flannel, can you explain how it came about?

フォックスブラザーズは、フランネルの生みの親として知られていますが、

それがどのように生まれたのか教えていただけますか?

 

Flannel, traditionally a milled cloth, which has always had its origins in military cloth with blind finishes are functional,

as it’s harder to get snapped up in a tunic made of a milled cloth,

we have some very early examples of flannel in our archive book dated 1773,

the first thing that strikes you is colour, from rich warm tones to strong jewel colours.

Over the years, Flannel has become the luxury fabric it is today this is down to the very best raw materials,

how it’s woven and the expertise of the miller’s hands.

Fox flannel is woven without compromise. If it’s not Fox, it’s not flannel.

フランネルは伝統的に機械織りの織物で、織物の上着は引っかかりにくくて機能的なため、

ブラインド加工され、軍服に使われる生地として生まれました。

1773年の記録文書の中に初期の頃のフランネルのサンプルがあるんです。

最初に目を引くのはその色です。

リッチで温かみのあるトーンから、強いジュエルカラーまであります。

時代を経て、フランネルは現在のような高級な生地になりましたが、

それは原材料と、織られ方、職人の専門的技術にかかっています。

フォックスのフランネルは妥協なしで織られています。

フォックス製でなければ、フランネルではありません。

 

3.
Is it possible to characterize British vs Italian cloths?

If so, how would you do so?

e.g.I often find myself preferring British cloth for suiting because it tends to have more body and stiffness,

whereas I prefer Italian cloths for jacketing because it’s sportier and more lively.

イギリス製の生地とイタリア製の生地の違いを説明することは可能ですか?

可能な場合は、どのように説明できますか?

例えば私自身は、スーツにはよりしっかりしていて硬さのあるイギリス製の生地を好み、

ジャケットにはよりスポーティで活気がある印象のイタリア製の生地を好むのですが。

 

When it comes to British cloth versus Italian cloth, I’m a big supporter of both.

In fact, a big supporter of the industry, and those in it.

I think that you can’t beat British flannel.

It has a warmth and hand feel that is so authentic and steeped in history, with so many iconic wearers.

イギリス製生地かイタリア製生地かと聞かれると、私自身は両方の大ファンです。

それ以上に私はテキスタイル業界自体の大ファンであり、その業界で作られているものは何でも好きです。

ただし、イギリス製のフランネルには勝てないでしょう。

温かみと歴史が染み込んだ本物の良さがあり、たくさんの愛用者がいます。

 

4.
What are your favourite cloths? Either with Fox or elsewhere.

あなたの好きな生地は何ですか?フォックスブラザーズのものでも、他のものでも結構です。

 

Personal favorites: A mid-grey “West of England” Fox flannel for suits and for a jacket.

I don’t think you can beat a Harris Tweed.

Harris Tweed and Fox Brothers are seen as brands in their own right, that’s down to heritage and quality.

It’s like owning a listed building.

個人的に好きなものは、スーツやジャケット用の

フォックスのミドルグレーの「West of England」フランネルです。

ハリスツイードも好きです。

ハリスツイードとフォックスブラザーズは、

どちらも先祖伝来のヘリテージとクオリティを誇る、価値のあるブランドです。

文化財指定建造物を所有するようなものです。

 

House favorite: Iconic is an overused word, however the Fox Brothers chalk stripe favored by Sir Winston Churchill is something very special,

this clothe is woven exclusively now for Henry Poole & Co,

who originally made the suit for Churchill and has to be one of the most famous clothes in the world and it’s a Fox cloth.

フォックスブラザーズとして好きなものは、

ウィンストン・チャーチル卿が好んだフォックスブラザーズのチョークストライプです。

アイコニックという表現は使い古された感がありますが、この生地はとても特別で、

もともとチャーチル卿のスーツを作っていたヘンリー・プール&Coの為だけに、特別に織られています。

世界で最も有名な生地の一つですが、それは実はフォックスの生地なんです。

 

5.
You’ve owned a series of Land Rover Defenders.

What are your favourite aspects of the car? Any interesting anecdotes related to the Defender?

あなたはランドローバー・ディフェンダーを何台も所有されています。

その車のどういったところが好きなのですか?

ディフェンダーに関して、何か面白いエピソードはありますか?

 

I have driven a Land Rover Defender for 10 years, the current one I purchased last year, as I wanted one last one before LR discontinued the model.

It is such a basic car, noisy, not that comfortable, really not ideal in any city, has the turning circle of a cross channel ferry,

I love it!  Mine must be the most photographed Defenders in the industry.

It’s part of Fox, with many customers discovering Fox Brothers after I have picked them up at our local railway station

and driven them to the mill via the wonderful Summerset Countryside.

ランドローバー・ディフェンダーは10年程乗っています。

現在乗っているものは、昨年ランドローバーがディフェンダーの生産を中止する前に、

最後にもう一台欲しくて買ったものです。

とてもベーシックな車で、うるさいですし、乗り心地も良くないですし、全く都会向きではありません。

さらに、小回りがきかず、まるでフェリーのように大きなターンをしなければいけないんですが、

そこが好きなんです。

この車は、業界で最も写真を撮られているディフェンダーだと思います。

フォックスの仕事で使用しているのですが、この車で最寄り駅までお客様をお迎えに行き、

美しいサマセットを走り抜けて工場までお連れするので、

それを見かけてフォックスブラザーズのことを知ったというお客様も多いんです。

 

6.
You also sell at retail a lot of finished goods under Merchant Fox, a business move that is pioneering among English mills.

What was the motivation? 

What are some of your favourite products?

あなたは「マーチャント・フォックス」のブランド名で、様々な製品の小売もされていますが、

イギリスの機屋としては革新的なビジネス展開ですね。

どんな動機があったのですか?  あなたの好きな製品は何ですか?

 

The Merchant Fox is the retail arm of Fox Brothers and it was launched as a result of seeing what we could make in the UK

as we felt there were a lot of likeminded artisans to discover and give a platform too via an online retail presence.

It is also foes back to the fact that Fox Brothers is a brand that makes a luxury product, which we felt should be expanded on.

I love seeing how things are made and the craftsman behind these products.

The Oak Bark Leather products are really something and I recommend a visit to J&FJ Baker in Devon

who tan leather in such an incredible way using Oak Bark and Mimosa.

「マーチャント・フォックス」はフォックスブラザーズの小売部門です。

UKでどんなものが作られているのかを知り、

もの作りに関して同じような志を持った職人達が他にもたくさんいるはずだと思い、

彼らのためのプラットフォームとしてオンラインショップを作ろうと考えたのが始まりです。

製品の裏にある、もの作りの過程や職人達の姿を見るのが好きなんです。

オークバークレザーの製品は大変素晴らしいので、一度デボン州のJ&FJベーカーを訪れて、

オークバークとミモザを使って革をなめす様子を見学することをお勧めします。

 

7.
What exciting new projects do you have upcoming?

エキサイティングな新たな事業としては、どんなことに取り組まれていますか?

 

In the next few months we plan to broaden our horizon with TMF and start making and selling products from around the world.

We think it’s important to support artisans globally weather it’s indigo pocket squares from Japan to trousers made in Naples.

Future projects for Fox Brothers, we plan to expand out cloth merchant business with exciting new branching plan in the coming years.

Lessons from that 1773 archive books leads us to believe there should be more colour and patterns in menswear again.

We also plan to expand the in house tailoring department at Fox Brothers.

It’s a very special experience to have cloth woven and tailored under one roof.

今後数カ月の間に、マーチャント・フォックスの規模を拡大し、

世界中で作られているものを販売していこうと思っています。

日本製の藍染のポケットチーフであれ、ナポリのトラウザーズであれ、

世界中の職人を支援することは大切なことだと感じています。

フォックスブラザーズとしては、これからの数年で、生地の販売のビジネスを拡大したいと考えています。

1773年の記録文書を研究した結果、私たちは現代のメンズウェアにも

もっと多くの色やパターンがあるべきだと信じているんです。

また、フォックスブラザーズとしては、社内のテーラリングの部門を拡大する予定です。

同じ屋根の下で、生地作りと仕立ての両方を行えるようになるのはとても特別なことです。