From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the category

MENU

Simon Crompton(Permanent Style)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Feb 19th, 2016
  • permalink

Permanent Style  Founder

サイモン・クロンプトン Simon Crompton

 DSC07814-tc

Sartoria Solito jacket, green with purple windowpane check, from Escorial

Denim shirt from Luca Avitabile

Navy grenadine tie from Drake’s

White linen hank from Simonnot Godard

 

 

<Q&A>

1)Can you give a brief history of your blog?

あなたのブログの経歴を簡単にご紹介ください

 

Permanent Style started 10 years ago as an exploration of quality in tailoring. I was buying my first expensive suit and wanted to know what I was spending my money on.

パーマネント・スタイルは10年前にテイラーリングの品質を紐解くことをテーマに設立されました。

その頃、自分の初めての高価なスーツを購入するところで、何の対価を支払っているのか知りたかったのです。

 

To a certain extent, that’s still what I do: my latest book, The Finest Menswear in the World, is an examination of quality in all areas of menswear.

The difference now is that I’m able to tour the world and see the factories myself, rather than just surreptitiously looking at stitching in high-street shops.

ある意味、今も同じことをしています。

私の最近の著作「The Finest Menswear in the World」は、メンズウェアのすべての領域で品質検査をしています。

昔は商店街の店でステッチをじっと見ていましたが、今では、世界をめぐって自分自身の目で工場を見ることができます。

 

In those 10 years the blog has grown enormously – which has been very satisfying, if a little bewildering.

We have our own events, books, products.

Every day men say they find the writing inspiring, which is probably the nicest aspect.

過去10年でこのブログは大きく成長し、それにはとても満足していますが、少し目まぐるしくもあります。

オリジナルのイベントがあり、本も商品もあります。

毎日、多くの男性からブログの内容についてお褒めの言葉をいただけるのが一番嬉しいことです。

 

 

2)What do you prefer, Italian or British tailoring?

イタリアと英国のテイラーリングではどちらが好きですか?

 

I don’t have a preference really.

Each has its place in different lifestyles.

English tailoring will always look stronger, sharper, more dashing.

I’d always wear an English suit to a big meeting; I’d never have an Italian tuxedo.

特にどちらを好むということはありません。

異なるライフスタイルの中でそれぞれの場所があります。

英国の仕立てはいつもより強く、シャープで颯爽としています。

大きな会議にはいつも英国のスーツを着ますし、イタリアのタキシードを着ることはありません。

 

But the various forms of Italian tailoring fit better into most lives today – it’s soft and malleable, easy to wear and not too formal.

I still hear Savile Row tailors recommend these structured tweed jackets ‘For the weekend, Sir’ and it baffles me.

Do they really think that level of structure works with casual shirts and jeans?

It doesn’t even look good without a tie.

しかし、今日の生活スタイルには、イタリアの仕立てのほうがしっくりくることも多いでしょう。

柔らかくてよく馴染み、フォーマル過ぎなくて着やすいものです。

未だにサヴィル・ローのテーラーからはかっちりとしたツイードジャケットを「これは週末用です」というコメントを聞きますが、困惑してしまいます。

本当にあんなにかっちりしたジャケットがカジュアルなシャツやジーンズに合うと思っているのでしょうか?

ネクタイをしないと見栄えがあまりよくなくなるようなジャケットです。

 

 

3)Sometimes, I feel the “rules” are used more to beat people over the head than as guidelines to understand aesthetics. What do you think?

ときどき、「ルール」が美意識を理解するためのガイドラインというよりも、他の人を貶めるために使われているように感じます。

あなたの意見はいかがですか?

 

I agree – that’s certainly how they’re used, which is a shame.

I guess men do it because rules are easy to understand and latch onto.

Style isn’t easy, and rules provide a refuge.

私もそう思います。確かにそのような使い方をされていて、恥ずべき事だと思います。

ルールは理解するのも、それにしがみつくのも簡単だからでしょうか。

スタイルは簡単ではありませんし、ルールが逃げ場を提供してくれるのでしょう。

 

Style rules are like rules for good writing.

They all contain an element of truth, but none are absolutes.

There’s a reason your English teacher told you never to start a sentence with ‘and’. But that doesn’t mean great writers don’t do it.

スタイルのルールは、うまい文章のルールと同じようなもので、真実の要素を含んでいますが、絶対というものはないのです。

国語の先生に「それと」という言葉から文章を書き出してはいけない、と言われても、素晴らしい文筆家がそれをしないとは限りません。

 

I think the best quote on this is from Picasso: “Learn the rules like a pro, so you can break them like an artist.”

ピカソの言葉、「プロのようにルールを学び、芸術家のようにそれを破れ」がそれをよく表現していると思います。

 

 

4)How do you feel about the comments you receive to your blog posts?

Do you feel there is good discussion developing?

Do people nitpick? Do you feel motivated when receiving very positive comments? Disappointed with negative comments?

ブログに対してのコメントについて、どのように感じていますか?

よい議論が生まれていると思いますか?

それとも重箱の隅をつつきあうようなことになりますか?

前向きなコメントを受け取ったときはやる気が出ますか?

ネガティブなコメントにはがっかりしますか?

 

Good question. I’ve always liked receiving comments because it gives me an immediate connection to readers.

It means I know what they want to read and what they don’t – like any good product design, if you only develop in reaction to customers, you can’t go far wrong.

良い質問です。読者の方と直接つながれるので、コメントを受けるのは大好きです。

読者の方たちが何を読みたがっているか、何を読みたくないかがわかります。

どんな商品開発でも同じように、お客様のコメントに反応して展開していけば、間違いはないでしょう。

 

The commenters also live in something of a benevolent dictatorship.

I only publish things that are substantial – that provide useful information to others.

If people just say they like a product, I’ll push them to specify why. If two readers get in an argument, I’ll cut it off quickly.

コメントしてくれる方たちは、あるいみ善意の独裁制度の中にいます。

他の読者にも有意義な情報が含まれているコメントだけを公表します。

もし、特定の商品が好きだというコメントを受け取ったら、その理由を具体的に述べてもらえるように促します。

もし2人の読者がケンカになったら、すぐにそれを止めます。

 

And I try to direct people to comment on relevant posts, so that their questions and experiences do build up a reference source over time.

I love how many people come across old posts (God bless Google), read it and all the comments, and then either add their recent experiences or ask a new question.

It’s not quite a Wiki, but it’s not far off.

また、それぞれ関連性のあるブログエントリにコメントしてもらえるように誘導しますので、

読者の方たちの質問や経験談は時間を経て参考資料になっていきます。

たくさんの方々が、古いエントリを読んで(グーグルに感謝)、それについているコメントをすべて読み、

さらに最近の経験を書き足したり、新しい質問を投げかけたりすることが大好きです。

ウィキペディアにはかないませんが、それに近いものにはなっていると思います。

 

http://www.permanentstyle.co.uk

It’s one of the most read English blogs in the world
世界で一番読まれている、英語で書かれたブログの一つです。

Robert Spangle(Photographer)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Feb 2nd, 2016
  • permalink

PHOTOGRAPHER

ロバート・スパングル Robert Spangle

image1

<Mark Choさんからの紹介文>

Each time I meet Rob, I can’t help but notice how many shirts he wears in one outfit.

One under, one over, sometimes one tied around his waist. It is unusual but it suits him.

His style is relaxed and worn-in, with some unexpected details.

I am impressed by his curiosity and open mindedness.

He is always wanting to explore his own ability and pursue his interests, which led him down the interesting path he has taken so far.

 

ロブに会うたびに、一度に何枚シャツを着ているのか、つい見てしまいます。

下に一枚、上に一枚、そして時にはウエストに巻いている一枚。

珍しいスタイルですが、彼に似合っています。

リラックスして、こなれた感じの着こなしをしていて、予想もしなかったようなディテールがいくつかあります。

彼の旺盛な好奇心と柔軟さに感動させられます。

いつも自分の能力に挑戦し、興味のあることを追求しているため、かなり面白い経歴の持ち主になりました。

 

<Q&A>

1)

What are you wearing?

何を着ていますか?

 

My wardrobe is a mix of tailoring and workwear that’s easy to travel in.

If I wear one outfit more than anything else is laceless brogues, selvage denim jeans, some layered bespoke shirts from

Luca Avitabile, and a beat up Barbour international jacket.

私のワードローブは、テーラードと旅行向けのワークウェアが混在しています。

他よりも多く着ている組み合わせは、紐なしのブローグシューズと赤耳付きのジーンズ、

ルカ・アヴィタービレのビスポークシャツを何枚か重ね着し、使い古したバブアーのジャケットです。

 

2)

What are you shooting with?

何を使って撮影しますか?

 

Most days I carry a Nikon, A D4 or D800 and generally a 85mm lens, though sometimes a telephoto.

At night, amongst friends and at least once during the week I stick to film with my Leica M6.

だいたいいつもニコンのD4もしくはD800を、レンズは通常85ミリ、たまに望遠レンズを持ち歩きます。

夜に友達と会うときなど、週に1度はフィルムカメラのライカM6を使います。

 

3)

You’ve walked an interesting road over the last 10 years.

Could you introduce yourself and talk a bit about what you have been doing?

過去10年間、面白い道のりを歩いて来られました。

自己紹介と、今まで何をされていたのか少し教えてください

 

It’s been a wandering path to say the least.

At 17 I signed up and joined the United States Marine Corps, out of a sense of adventure and patriotic duty.

I joined the Infantry but had the good fortune of become a Reconnaissance Marine and got to see allot of the world

because of it.

I started to gain an interest in menswear and tailoring while in the military, through books, websites and magazines.

When my duty finished I studied fashion and product design, eventually taking a leap and apprenticing on Savile Row

at Maurice Sedwell when i realized my tastes were less commercial.

While apprenticing a hobby of photography more or less took over my life and I decided to combine my two passions.

Now I travel for a majority of the year photographing the stylish guys I encounter,

as well as working on editorials with brands and magazines.

 

かなりとりとめのない経歴と言えると思います。

17歳のときに、冒険心と愛国的からアメリカ海兵隊に志願しました。

歩兵隊に参加しましたが、偵察隊員になる機会に恵まれ、そのおかげで世界を色々と見ることができました。

軍隊にいる間に本やウェブサイト、雑誌を通じてメンズウェアとテイラーリングに興味を覚えました。

軍務を終え、ファッションとプロダクトデザインの勉強をし、

自分の嗜好があまり商業的でないことに気づいてから、

サヴィル・ローのモーリス・セドウェルにて弟子入り修業に至りました。

修業中に趣味の写真がだんだん自分の人生のすべてになってきたので、

私の情熱の二つを組み合わせることを決心しました。

今では、一年のほとんどを旅しながらその場所で出会ったスタイリッシュな男性の撮影をしたり、

ブランドや雑誌の記事の仕事しています。

 

4)

Do you feel there is a constant thread among the things you have done? (military, tailoring, photography)

今までやってきたことは、一本の糸で繋がっていると思いますか?

 

With much reflection I think I can say that my different passions and occupations have all been in pursuit of answering

the same question: what is a man’s true nature, and what is his highest form?

Its an answer for myself, one I haven’t found yet, and hopefully others can learn from my journey and through my work

よく考えてみると、自分の色々な情熱の対象や職業は、全て同じ疑問を解き明かそうとするものでした。

人間の本質とはなにか?そしてその最高の形とは?

私自身、まだ正解は見つけられていませんが、私の人生や作品を見て、得られるものがあるといいなと思います。

 

5)

Any particular styles you like for tailoring?

Cuts from certain tailors, or certain details from garments?

特定のテーラーのカットや、服のディテールなど、仕立てに関して特に気に入っているスタイルはありますか?

 

From a tailoring perspective I think the styles that I admire the most are guys I see returning to a more voluminous

suit, high waisted, double pleats, a longer jacket that swings from the shoulder.

There has been an obsession in the last years with fitted suits,

and it hasn’t lasted because it ignores what actually makes a suit comfortable to wear,

and that the highest aim of a bespoke suit is one that looks good in motion.

On a personal level I love when I see a narrative and sense of sentiment above form/function in a mans dress.

私が一番素敵だなと思うスタイルは、ボリュームのあるスーツ、ハイウエストで2プリーツ、

肩から流れるような長めのジャケットに回帰している男性たちです。

ここ数年はタイトなスーツが流行っていましたが、

それが定着しなかったのは着心地のよいスーツの条件を満たしていなかったから、

ビスポークスーツの一番の目標である、

着た人が動作しているときに綺麗に見えるものではなかったからではないでしょうか。

個人的には、ただ機能性だけでなく、何かしらのストーリーや想いが伝わる装いを見るととても嬉しくなります。

 

6)

Who are your style inspirations? Both for clothing and for photography.

服と写真両方に関して、どこからインスピレーションを得ますか?

 

For both style and photography I always admire people who either introduce me to new ideas,

or have a real sense of mastery of themselves.

For style, in no particular order: Jason Blood, Jay Azingir, Adam Rogers, Bernard Fouquet, Saman Amel & Dag Granath, Jake Grantham…

for photography, Ryan Plett, Jonathan Daniel Pryce, Adam Katz Sinding, Sam Haskins, Bruce Gilden, Brassai….

 

スタイルでも写真でも、新しいアイディアを紹介してくれる人や、自分自身をしっかりモノにしている人たちが素晴らしいなと思います。

順不同ですが、スタイルでは Jason Blood, Jay Azingir, Adam Rogers, Bernard Fouquet, Saman Amel & Dag Granath, Jake Granthamなど、

写真では Ryan Plett, Jonathan Daniel Pryce, Adam Katz Sinding, Sam Haskins, Bruce Gilden, Brassaiなどです。