From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the category

MENU

Brian Davis(Wooden Sleepers)

  • By edit
  • In NY
  • On Dec 25th, 2015
  • permalink

WOODEN SLEEPERS

ブライアン・デイヴィス Brian Davis

DSC06953-tc

 

Vintage oxford cloth button down shirt Gitman

Norwegian Sweater L.L. Bean

Field Jacket L.L. Bean

5 Sports Automatic 100m Scuba Diver (gift from Jeremy) Seiko

Double Diamond Khaki Trousers Lot 451 The Real McCoy’s

Jack Purcell Signature in white Converse

Vintage heavy duty canvas coal bag Wooden Sleepers

 

<Mark Choさんからの紹介文>

ブライアンとは一緒に働いている仲間の一人を通じて最近知り合いました。

ブルックリンのレッドフックで素晴らしいヴィンテージショップを経営しています。

私にとって、ブライアンがやっていることは2つの点で興味深いです。

 

I met Brian recently through one of our colleagues at the store.

He owns an excellent vintage shop in Red Hook, Brooklyn.

What Brian is doing is interesting to me from two perspectives:

 

1. ブライアンのセレクションは、ワークウェアとミリタリーウェアなどの実用的な服に強く比重を置いています。

実用性を重んじてデザインされた服は、どんなデコレーションにも負けない美しさがあると思います。

機能が重視されていて見た目もすっきりとしたものになります。

 

1. Brian’s vintage selection, has a strong emphasis on workwear and military wear, i.e. clothing that is designed for practical use.

I find items designed in this way as beautiful as any decoration.

It makes the appearance of the garment very clear and focused on its function.

 

2. ブライアンはニューヨークの新興地域であるレッドフックにお店を構えていて、

いわゆるショッピングエリアからは遠く離れています。

残念ながら、ニューヨークシティのように賃料が高くて場所を見つけるのが難しいロケーションからは、

良いお店は押し出されてしまうことが多いです。

レッドフックはブライアンに素敵なお店を出すチャンスを提供しましたが、街中からの距離があることで、

お客がわざわざ行きたいと思うような魅力的な場所であることが必須になっています。

 

2. Brian has setup in Red Hook, very much an up-and-coming part of New York but far from the normal retail areas.

Unfortunately, good and interesting retail can be so easily crowded out of markets like New York City which are expensive to find space in.

Red Hook gives Brian the opportunity to create a beautiful store but the distance from the main areas of the city means he must work to a high standard to attract people to come to him.

 

<Q&A>

 1)服飾関係の仕事についたきっかけと、素晴らしいヴィンテージショップをオープンさせるまでの経緯を教えてください

 1. Tell us a little about how you started getting into clothing and finally ended up with a superb vintage shop

 

生まれて初めて強く興味を持ったアイテムは、アディダスのサンバクラシックでした。

1992年、小学4年生のときです。本当に大好きになってしまいました。

エア ジョーダンやナイキには興味がない子どもでした。

私の町ではサッカーの人気が高く、サンバが王様でした。

祖母にこの靴を買ってもらい、学校で一番クールになった気持ちでした。

1994年、6年生になったころには、カート・コバーン、スヌープドギードッグ、CSSスケートボード通販カタログに

同等の割合で影響を受けていました。

ネルシャツ、ディッキーズのワークパンツ、オールスターのチャックテーラー、リーバイス501、バンドやスケボーのTシャツなど。

初めてのチャリティショップは、天から啓示を受けたような体験でした。

1996年、高校1年生のときです(訳注:アメリカの高校は日本での中学3年生から4年間)。

祖母がイースタンロングアイランド病院のチャリティショップでボランティアをしていて、

ヴィンテージTシャツが1枚25セントで買えました。

それに味をしめて、救世軍や他のチャリティショップにも行くようになりました。

1999年に11年生(訳注:日本でいう高校2年生)になった頃には

ロングアイランド鉄道に乗って、Canal Jeansの地下、 Search and Destroy on St. Marksなど

マンハッタンのSOHOやロウアーイーストサイドの古着屋に頻繁に通うようになっていました。

 

その頃ガールフレンドだった妻のアリソンに勧められて、2010年にオンラインの古着屋を始めました。

彼女の助けもあり、2010年の4月に 古着のメンズウェア、小物、生活雑貨の小さなコレクションをもって、

Wooden Sleepers をEtsy上にオープンしました。

年末には 唯一のヴィンテージストアとして

J. Crew、リーバイス、 L.L. ビーン、Red Wing 、Warby ParkerなどのブランドとともにPop Up Fleaに参加し、

トライベッカのSteven Alanにショップ・イン・ショップとして出店しないかと誘いを受けました。

Wooden Sleepersは私のアパートからブルックリンのグリーンポイントにあるスタジオスペースに移転し、

予約制でお客様を迎えながらビジネスを成長させました。

私はずっと実店舗をオープンさせることを夢見ていたのですが、

2014年11月にブルックリンのレッドフック地域にてそれが実現しました。

 

The first item of clothing I remember having a strong opinion about was the Adidas Samba Classic.

The year was 1992 and I was in fourth grade.

I was enamored with them. I was never an Air Jordan/Nike kid.

Soccer ruled in my town and the Samba was king.

My grandmother bought them for me and I felt like the coolest kid in school.

By the time I was in sixth grade in 1994, my style was influenced by equal parts Kurt Cobain, Snoop Doggy Dog, and the CCS skateboarding mail order catalog – flannel shirts, Dickies work trousers, Chuck Taylor Allstars, Levi’s 501 jeans, band/skate t-shirts, etc.

My first experience in a thrift store was revelatory.

It was 1996 and I was a freshman in High School.

My Grandmother volunteered at the Eastern Long Island Hospital Thrift Store and I would buy vintage t-shirts for $0.25 a piece.

That turned into digging at Salvation Army and other thrift stores.

By the time I was in 11th grade in 1999, I was making frequent trips to downtown Manhattan via the Long Island Railroad to shop for vintage in the basement of Canal Jeans, Search and Destroy on St. Marks, and the myriad of other nameless vintage shops in SoHo and the Lower East Side.

It wasn’t until 2010 that my wife, girlfriend at the time, Allison suggested that I start a vintage men’s wear shop online.

 

With her help, I launched Wooden Sleepers on Etsy in April of 2010 as a small collection of vintage men’s wear, accessories, and objects for the home.

By the end of the year WS had participated Pop Up Flea as the only vintage seller alongside brands like J. Crew, Levi’s, L.L. Bean, Red Wing Shoes, and Warby Parker; and were invited to set up a shop in shop at Steven Alan in Tribeca.

I moved WS out of my apartment into a studio space in Greenpoint where I held private shopping appointments and grew the business.

My dream all along was to open a retail store, which we did in the Brooklyn neighborhood of Red Hook in November, 2014.

 

2) 特に意識して集めているアイテムや年代のものはありますか

2. Any particular vintage items or periods you focus on

 

北東部のレンズを通した、クラシックアメリカンスタイルです。

ミリタリーの一部、アウトドア、ワークウェア、スポーツウェア、そしてトラディショナルなアイビースタイル。

それに関連した生活雑貨、例えば古い本、ブランケット、アンティークなども扱います。

 

Classic American style through a Northeast Atlantic lens: select Military, Outdoors, Workwear, Sportswear, and Traditional “Ivy” style.

We also stock relevant home items such as old books, blankets, and other antiques.

 

3)投資としてのコレクションを行いますか?

お店で売るため以外に集めた、自分のコレクションを売ることはあると思いますか?

 3. Do you treat collecting as an investment?

Outside of the things you collect and sell at the store, would you sell any of your more personal items?

 

私生活において、転売の意図を持って買い物することはありません。

普通の人よりも服にすごく興味があって、それでいいと自分で思っています。

スポーツが大好きで、試合の結果などの統計を百科事典並みに覚えている人もいるでしょう。

私は一つのアイテムやブランドについて調べたり、お店で店員さんやオーナーと話したり、何かを試着したり、

買ったり、できるだけ長くそれを使ったりする一連のプロセスをすごく楽しんでいます。

 

In my personal life, I do not buy things with the intention of “flipping”.

I am much more interested in clothing than a normal person and I’m ok with that. Some people like sports and have an encyclopedic knowledge of stats and whatnot.

I enjoy the process of researching an item or brand, visiting a retail store, having a conversation with a salesperson or store owner, trying on a product, purchasing, and beating the hell out of it for as long as it lasts.

 

4)ヴィンテージ市場は次にどうなると思いますか?

拡大していると思いますか? もっと一般的になりますか?

もう安定してしまいましたか?

4. What do you think is next for the vintage market?

Do you feel like it’s growing? Becoming more mainstream? Plateau’d?

 

今は、何かに特化したスペシャリティヴィンテージストアが面白いですね。

普通の人たちは、高すぎる洋服をぎゅうぎゅうに詰め込まれた 棚から何時間も掘り起こすことはしたくないでしょう。

少ないほうがいい。編集力にかかっています。

お店の力量は、言葉を使わないで物語を紡ぎ、気持ちや雰囲気などで人々の感情に訴えかけられることです。

最終的には、ノスタルジアです。懐かしく思う気持ちはとても力強いものです。

何に惹かれるかは人によって違います。

ヴィンテージストア、いやどんな店にとっても、一番大事なことは本物であること、

良い隣人であり、入ってきた全ての人に素晴らしい体験をもたらすことです。

そういった意味で、Wooden Sleepersはヴィンテージ好きの人たちだけでなく、

よりメインストリームの顧客も引きつけます。

 

The specialty vintage store is what is most exciting now, stores with a strong point of view.

Normal people do not want to dig around for hours, picking through overcrowded racks of overpriced clothing.

Less is more. It’s all about the edit.

The ability for a shop to tell a story without words, to communicate a feeling, a vibe, something that connects with people on an emotional level.

Ultimately, it’s nostalgia. Nostalgia is very powerful.

Different people are drawn to different things.

For a vintage store, or any store for that matter, the most important thing is authenticity, being a good neighbor, and providing an amazing experience for anyone who comes through the doors.

In that way, Wooden Sleepers appeals to a more mainstream audience – not just the vintage connoisseur.

 

5)あなたのスタイル・ヒーローは?

5. Any style heroes for you?

 

私の友人たち、Jeremy Kirkland, Joseph Au, Ouigi Theodore, David Alperin, Danny Calderonなどです。

 

My friends – Jeremy Kirkland, Joseph Au, Ouigi Theodore, David Alperin, Danny Calderon, and many more.

 

6)あなたはブルックリンの中でも新興エリアにいますが、少し紹介してもらえますか?

6. You are in quite a new, up-and-coming area of Brooklyn, could you talk about it a little?

 

レッドフックには、地域住民の付き合いがあります。

道ではみんな挨拶します。みんなが知り合いです。

小さな商店のコミュニティが繁栄しています。

イケアを除いて、ほぼ全てのビジネスが個人経営です。

飲食店も素晴らしいです。

とてもハッピーに過ごしています。

深呼吸してニューヨーク港からの潮風の匂いを嗅ぐと、

私の故郷、ロングアイランドにあるノーフォークを思い出します。

 

Red Hook has a real neighborhood feel.

People say “hello” to each other on the street.

People know each other.

There is a thriving small business community.

With the exception of Ikea, most all of the businesses are independently owned and operated.

The food and drink is incredible.

I am very happy there.

I like taking a deep breath and smelling the salt in the air from New York Harbor,

it reminds me of home on the North Fork of Long Island.

Agyesh Madan(Stòffa)

  • By edit
  • In NY
  • On Dec 15th, 2015
  • permalink
Stòffa
アギッシュ・マダン Agyesh Madan
DSC06864-tc (1)
- Rollable felt hat in cement (Stòffa)

 

- Cashmere Silk Jacquard Scarf (Stòffa)

 

- 002 flight jacket in sand suede (Stòffa)

 

- white pique polo (unknown)

 

- Double pleated trousers in sand peached cotton (Stòffa)

 

- Belgian Shoes

 

<Mark Choさんからの紹介文>

Great design cannot come from nothing.
An interesting design can come on a whim,but a great design require focus and perseverance,
as if chiseling an enormous stone into a a tiny but brilliant object.
Agyesh understands this better than most.
He has been on a long journey,constantly learning new skills and developing new ideas without pause,
and I always look forward to the things he has designed.
Although his designs are new, they emerge fully formed,with a great deal of thought put into them.
I particularly admire his dedication to colour and colour theory which he applies carefully and respectfully.
Given his background, which he explains in the interview,I think he is an exemplar of art and science.

 

素晴らしいデザインは、何もないところからは生まれてきません。
面白いデザインはパッと思いつくことができるかもしれませんが、
素晴らしいデザインを創るには、例えば大きな岩から小さいけれども輝かしい彫刻を掘るように、
粘り強く集中して努力することが必要です。
アギッシュはこのことを誰よりもよく理解しています。
彼は新しいスキルを学びながら休みなく新しいアイディアを考え続ける長い道を歩んでいますが、
私は彼がデザインしたものをいつも楽しみにしています。
彼のデザインは新規のモノばかりですが、
世に出る際にはいろいろと考えた末の完成形になっています。
特に色使いや色合いに関して、彼は凄まじい努力と、大変な気配りをされています。
下記インタビューで説明されますが、
彼はアートとサイエンスの両方を備えた人物の良い例といえるでしょう。

 

Dear readers,
It’s been nearly a year of me writing this column, I have certainly enjoyed writing it and I hope you have enjoyed it, too.
My interviewees are far too complex to be covered in a few paragraphs and I think a lot more could be learned from them.
I intend to pose additional questions to each of them to create a part 2 of our conversations.
At this time, I would also like to invite readers to pose additional questions to the interviewees.
Please feel free to contact me at:markcho@thearmoury.com.
English or Japanese questions are welcomed.

 

読者の皆様へ
このコラムを初めて、もう1年になります。
私は楽しんでいますし、皆様にも楽しんでいただけているとよいなと思っています。
今まで登場した人物たちは、短い文章には収まりきらない方たちで、
もっといろいろなことを教わる余地があります。
それぞれの人物に追加の質問をして、インタビューの第2部を行いたいと思っています。
皆様からも、今までの登場人物に対して何か訊きたいことがあれば、
markcho@thearmoury.com宛にお寄せください。
英語・日本語どちらでもオーケーです。
 

<Q&A>

1. Can you talk about your path into the clothing industry and where you are now?

服飾の仕事に就いた経緯と、今は何をしているかを教えてください

 

I think my journey is simple.

I started off as computer engineer focusing on web applications where through my experience at an e-commerce startup,

I discovered my passion for the clothing industry and more so a fascination with production.

I followed that up with a stint at Parsons, Newschool for design where I focussed on textile and product development.

During my time there I was fortunate to discover the neapolitan brand ISAIA Napoli which I joined in the latter half of 2010.

I spent four years there starting in marketing and product development in the US and then moving to Italy to serve as the brand’s Director of Product Development.

It was in Italy under the mentorship of Leonardo Genova ( the head of all product development at ISAIA ),

that I furthered my love for textiles and found the idea of responsible production.

 

私の経歴はシンプルなものだと思います。

まずはウェブアプリケーションに特化したコンピューターエンジニアとして仕事を始めました。

イーコマースのスタートアップの経験を通じて、服飾業界、特に製造に強く惹かれました。

そして、パーソンズ ニュースクール フォー デザインにて

テキスタイルと商品開発に特化した勉強をすることにしました。

そこで、ナポリのブランドであるイザイアと出会うことができ、2010年後半にそこで仕事を始めました。

そこで4年間、まずはアメリカでマーケティングと商品開発の仕事をし、

その後商品開発ディレクターとしてイタリアに引っ越しました。

レオナルド・ジェノヴァ(イザイア全体の商品開発の長)のもとで働き、

私はテキスタイルに対する愛を深め、責任ある製造についてのアイディアを得ました。

 

Last year, I founded Stòffa where we are focussed on creating thoughtfully designed products through a continuous exploration of production.

I really wanted to focus all our energy in building innovative, robust products and production; and the only way to do it was one product category at a time.

Currently, we offer a series of accessories which include our covetable hats and scarves along with made-to-measure outerwear and trousers. 

 

昨年、Stòffaというブランドを立ち上げました。

このプロジェクトでは、考えを重ねて生み出された製品を、一つづつ製造していくことに注力しています。

イノベーティブで長持ちするモノ造りをすることに全力を注ぎたかったので、

そのためには一度に1つのカテゴリの製品を作る方法しかありませんでした。

現在は、帽子やスカーフなどの小物のほか、メジャーメイドの外套とトラウザーズも手がけています。

 

2. You place a lot of emphasis on focused, considered combinations of colour. Could you suggest some interesting reading or references?

色合いや色の組み合わせにとても重きを置いておられますが、何か読み物や資料などのおすすめはありますか?

 

Colour is an integral part of my life.

I derive an irreplaceable joy from experiencing harmony through the use of colour.

I think most people interested in this field are aware of Josef Albers’ Interaction of Color which presented his theory that colors were governed by an internal and deceptive logic.

What most people might not know about is the interactive app created by Yale University, based on the aforementioned book.

It is available for download on the app store and I highly recommend all kids and adults to download and interact with it.

It is beautifully executed and truly uses the power of the technology platform to elevate an already solid read

 

色は私の人生に於いてとても重要な部分です。

いろいろな色の組み合わせを試してみることに、この上ない喜びを感じます。

この分野に興味がある方は、色は相互作用によって感じ方が変わるという理論を示した

ジョセフ・アルバースの「色彩構成 -配色による創造-」をすでにご存知のことでしょう。

恐らく、この本を題材にしてイエール大学によって開発されたインタラクティブなアプリは

多くの方にまだ知られていないのではないでしょうか。

これは、大人にも子どもにもすごくおすすめです。

ぜひダウンロードして使ってみてください。

題材になった本も素晴らしいものですが、テクノロジーの力でさらによくなっています。

 

3. Stoffa, your latest project, has been growing in an unusual way.

You started with hats but moved onto leather jackets and trousers.

Was there any reason for this progression?

あなたの最新プロジェクトであるStòffaは、通常とは違ったかたちで発展しています。

まずは帽子から始まり、その後 レザージャケットとトラウザーズを作りました。

何か理由があったのですか?

 

Stòffa was created on the fundamental principal of creating thoughtfully designed products that are produced in a responsible manner.

To that effect, all our products are made in production units where we have close control over every step; from raw materials to finishing to packaging. Furthermore, we wear-test everything we make for at least a year before releasing it.

This philosophy has dictated our direction thus far as we focus on one production category at a time to slowly create a collection of products that are thoughtfully designed, tested and then produced in a very responsible manner.

 

Stòffaは、考え抜かれた製品を責任の取れる方法で製造することが基本になっています。

そのために、原材料の仕入れからパッケージングまで、

全ての工程をきちんとコントロールできる製造数でなくてはなりません。

更に、発売までに最低1年間、全ての製品を自分たちで使用してテストします。

この基本に忠実に進めるために、一度に一つの製品に集中して、

ゆっくりとコレクションを完成させていくという方法をとることになりました。

 

4. You spent a formative period at Isaia, which included making regular visits to Japan. Do you have any thoughts on the differences between the two markets?

イザイアで働いている間に、定期的に日本へ出張されていましたが、

アメリカと日本2つの市場の違いについての考えを聞かせてくださ

 

Japan was amazing for I observed a certain innate dedication in people to thoroughly research and explore before purchasing the right item or experience for them.

As a product developer it was really fulfilling to see the passion in the customers as they enjoyed learning about every step of how the product was made and really respected the maker’s vision.

 

日本では、何かを購入する前に、それが本当に自分にとって正しい買い物なのかを徹底的に調べることが人々の習慣になっていて、すごいなと思いました。

商品開発の担当者としては、お客様が情熱を持って製品ができる全ての工程について知りたがり作り手のヴィジョンを尊重してくれることは本当に喜ばしいことでした。

 

On the other hand, in the US there is a certain sense of nonchalance or idea of enjoyment when it comes to ones clothes.

I find that very genuine, as I have always believed that clothes are meant to be really worn and worn hard. 

 

一方アメリカでは、洋服に関しては無頓着というか、

ただ楽しめばいいという考えがあるように思いました。

私はいつも洋服は着るものであり、着倒されるべきだと信じていましたので、

服を楽しむという考え方はとてもまっとうなものだと思います。

 

As a product developer, I felt that it is our responsibility to marry the two.

Be really thoughtful about every element of our product while designing it but also present them as items to be worn, enjoyed and lived in with little care.

 

商品開発者の立場では、私たちはこの2つの姿勢を組み合わせる責任があると感じました。

デザインするときには製品に関する全ての事柄をじっくりと検討し

それぞれの製品はあまり気を使わずに楽しんで使えるようなモノであるべきだからです。