From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the category

MENU

kathryn Sargent(Tailor)

  • By edit
  • In London
  • On Nov 14th, 2015
  • permalink

Tailor

キャサリン・サージェント KATHRYN SARGENT

DSC06777-tc

 

eyewear Nackymade

Shirt blouse Alain Figaret

suit  Kathryn Sargent

earrings Dior

 

Q&A

1)自己紹介をお願いします。

私はもともとは北イングランド・ヨークシャー地方のリーズ出身で、

ファッションの勉強のためにロンドンに出てきて以来、ずっとここにいます。

学位をとるために学習していた期間に、メンズウェアに対する情熱が募りました。

古いテイラー&カッターの本を手に入れて、一から型紙をおこすやり方を学び、

学校を卒業する年にはサヴィル・ローのデンマン&ゴダードにて最初の仕事に就きました。

1996年に学校を卒業して、サヴィル・ロー1番地のギーヴス&ホークスにて修業を始めました。

ビスポーク部門で研修しカッターになり、

2009年にはサヴィル・ロー史上初めての女性ヘッドカッターに昇進しました。

 

この業界でもう20年間働いていますが、自分の仕事が大好きです。

2012年に独立し、ビスポーク仕立ての真髄に沿った、私自身のブランド

「キャサリン・サージェント」を立ち上げました。

ロンドンの中心、メイフェアのブルック通り6番地にあり、

メンズ・レディスのどちらにも対応するラグジュアリー・ビスポーク仕立てを提供しています。

 

2)服装に関して、誰の影響を受けましたか?

個人的には、いつもスーツや美しいコートを着て、

とてもお洒落でスマートに装っていた父の影響を受けました。

仕事面では、顧客の皆様の人格や実績などを考慮し、

それぞれの方に特別なものを仕立てるのはどうすべきかというアイディアを得ることが多いので、

お客様から影響を受けていると言えると思います。

キャサリン・サージェントでは真のビスポーク服をお客様に届けるために、

伝統的でありながらも新しい取り組み方をしており、ハウススタイルは設けず、

それぞれのお客様と共同で、着る方の個性を反映した服作りをしています。

 

3)特にお気に入りの生地はありますか? 夏用と冬用でお答えください。

様々な理由がありますが、だいたいどんな種類のウールも好きです。

冬の生地はフランネルのドレープや見た目も好きですし、

手織りのハリスツイードの色味や柄はラグジュアリーなコートにぴったりです。

夏用では、シャープで軽いウールモヘアや、シワになりにくく丈夫な涼しいウールが好きです。

 

4)制服や式服など、伝統的な服をたくさん手がけていらっしゃいますが、

に気に入っているものはありますか?

私は伝統的なモーニングスーツを作るのも、その本当に美しいスタイルもとても気に入っています。

制服は様々な種類のものを手がけた経験があり、多くの挑戦がありました。

海軍のグレートコート・ウォッチコート・ピーコートなど

ブリティッシュウォームスタイルの伝統的なオーバーコートが好きです。

お客様のために、伝統的なものからインスパイアされた、現代ヴァージョンを作っています。

 

5)男性の服を作る際、異性としてご自身には男性のカッターとは違った視点があると思いますか?

例えば、生地を推薦することや服のフィッティングに関して違ったやり方があるなど。

もちろん女性としての視点、そしてファッションとアートの学校で4年間学んで磨かれた、

私自身の視点というものがあります。

また、サヴィル・ローの中でも特に歴史がある一流の店で修業しましたから、

同じ訓練を受けた男性と比べて全く遜色ない目を持っていると思います。

私は男性用の服を作っている女性であり、今までの経験と自分の目から、

何がお客様により良く似合うスタイルや生地であるかを見極めてお薦めします。

 

6)独立して働くことを、サヴィル・ローの有名なテイラーで働くことと比較すると

どのような感じですか?

独創的な仕事をする自由があり、最高のカスタマーサービスを提供できます。

また、ハウススタイルに規制されることがありません。

 

1.)    tell us a little about yourself, where you’re from, what made you want to start in the industry, how long have you been in it?

I am originally from Leeds, a city in Yorkshire in the north of England, and moved to London to study fashion and have been here ever since.

During my time studying for my degree, my passion for menswear really developed.

I chanced upon some old Tailor & Cutter books and started to explore the craft of drafting patterns from scratch, which led me to Savile Row where I started a work experience placement during my final year studying at the tailors Denman & Goddard.

In 1996 I graduated college and started my apprenticeship working at Gieves and Hawkes, No.1 Savile Row.

I trained in their bespoke department and became a cutter, and in 2009 I was promoted to Head Cutter, the first woman to hold this position in the history of Savile Row.

I have been in the industry for 20 years and I love it, I launched my own business, Kathryn Sargent, in 2012 which is based on the true values of bespoke tailoring.

Located in the heart of London’s Mayfair at No.6 Brook Street I offer a luxury bespoke service for both men and women.

 

2.)    who are your influences when it comes to clothing?

In my own life I have been influenced by my father who was an extremely smart and stylish man,  he always wore suits and beautiful coats.

In my business I am influenced by my clients, their personality and accomplishments often gives me ideas on how best to create something special for them.

Kathryn Sargent offers a traditionally inspired, yet fresh approach to bespoke tailoring as in order to deliver truly personal bespoke garments there is no house style, each garment is created in collaboration with the client so that it truly reflects the personality of the wearer.

3.)    any cloths you particularly like to work with? Which for summer, which for winter?

I like working with most wools for different reasons, I love the drape and look of a winter weight wool flannel and the colours which can be found in an hand woven Harris Tweed along with the handle of it, and luxurious overcoatings.

For summer the sharpness of a lightweight wool and mohair blend suiting, cool wools which are durable and crease resistant, are my preferred choices to work with.

 

4.)    you cut a lot of traditional, historic garments such as uniforms and ceremonial clothing, any in particular you like?

I enjoy both the cutting, and the style of a traditional morning suit which really is beautiful.

I have a vast experience of cutting uniforms and have been challenged with various styles.

I like the traditional overcoats such as naval great coats, watch coats, pea coats and the army British warm style.

I create contemporary versions which are traditionally inspired for my clients.

 

5.)  as a member of the opposite sex cutting for men, do you think you might see men differently from a male cutter? i.e. You notice certain aspects of fit differently or you recommend cloth differently?

Clearly I have a woman’s eye, and my own eye for style which was refined by four years at fashion and art school but I have been trained traditionally in Savile Row in one of the most historical and prestigious houses, in the same way as any man would be.

I am a women making clothes for men and advising them on cloth and styles which would flatter them and that is a culmination of my training and my eye – knowing what would look good on the individual.

 

6)    how does it feel being independent as opposed to working with an established Savile Row house?

I have the freedom to be creative, offer a luxury customer service and not be governed by a house style.