From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

Posts in the category

MENU

Kentaro Nakagomi(Cohérence)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Jul 24th, 2015
  • permalink
COHÉRENCE
中込憲太郎(Kentaro Nakagomi)
DSC05161-tc

 モンテクリスティ産メイド・トゥ・メジャーのパナマハット  Brent Black

ヴィンテージツイルでビスポークしたジャケット  Loris Vestrucci

リネンのビスポークシャツ  Tailor CAID

ウールツイルでビスポークしたグルカトラウザース  Sartoria.M

スペイン製ジュートスニーカー

コットンキャンバス&レザー素材のサック

 

フィレンツェの街中でマーク氏に偶然遭遇した際のショットです。

そのまま一緒にパーティへ。

強い日差しと暑さのなか、気分を涼しく保つ着合わせです。

必ずしもではありませんが、この日はほとんどのアイテムがカスタムメイドでした。

 

ハットのクラウンの前側から後ろに向けて傾斜の強いシェイプ、

丸くドロップした肩から男性的なボリュームのある袖につながるジャケットのシルエット、

小さめのラウンドカラーに、チェストや肘にたっぷりとボリュームを持たせたシャツなど、

いずれも最も好きな50年代後半のスタイルでオーダーしたものです。

グルカトラウザースはフォワード2プリーツによる美しいドレープが気に入って、さまざまな素材で楽しんでいます。

リラックスしたジュート素材スニーカーや少し間の抜けた(?)コットンキャンバスのサックはご愛嬌。

私は“Imperfectly Perfect (不完全に完全)”を目指しているのですから!

 

カスタムメイドは、気の合うプレーヤー達とプロセスを愉しみながら一曲をカタチにする

レコーディングセッションのようなものです。

Loris Vestrucci氏やTailor CAIDの山本氏とは13~14年の付き合いになります。

例えばこの日のシャツは、カラーやカフスをJean Cocteauのポートレートを参考に、Tailor CAIDの山本氏と相談しながら作りました。

オーダーの際は過去の芸術家達のポートレートや映画等を参考にすることが多く、

そんな個人的なロマンを形に出来るのも大きな魅力です。

 

2015 F/Wシーズンからスタートした“COHÉRENCE”のCreative Directorです。

ポートレートに残された芸術家や文化人(例えばMarcel Duchamp、Lé Corbusier、Boris Vian等)のワードローブに

インスピレーションを得て、素材開発から縫製まで100% Made in Japanでプロデュースされるコートのコレクションです。

この秋から、THE ARMOURYの店頭で皆様にご覧いただけるのを楽しみにしております。

http://co-herence.jp/

 

THE ARMOURYはオーセンティックとコンテンポラリーが絶妙にミックスされた、オリジナルな魅力溢れるショップです。

COHÉRENCEのコンセプトやクオリティに関しても瞬時に理解していただきました。

東京・NY・香港、と場所は離れていますが、彼らと同じフィーリングを共有できることは大きな喜びです。

 

<Mark Choさんからの紹介文>

中込さんとはテーラー・ケイドの山本さんを通じて1年前に知り合いました。

中込さんの新しいオーバーコートのブランド、Cohérenceをぜひ紹介したいとのことでした。

その後、山本さんと中込さんはとても親しい友人同士であると分かったので

山本さんの推薦は多少バイアスがかかっていたかもしれませんが、

中込さんとお知り合いになれて、またCohérenceの商品を知ることができてとても光栄です。

Cohérenceのコートは見ためがよいだけでなく、品質の高さも一目瞭然です。

私たちアーモリーのメンバー全員がこんなに気に入ったものは、今までで初めてではないでしょうか。

中込さんと深く知り合いになるうちに、洋服の歴史や生地のデザイン、縫製についての知識や理解が驚くほど豊富であること、

それに裏打ちされた筋の通った製品であることを知りました。

今年の秋冬からアーモリーでCohérenceのコートをご紹介できることを楽しみにしています!

Alan See(The Armoury)

THE ARMOURY 共同設立者

アレン・シー Alan See

DSC05292-tc

Text:Mark Cho

 

アーモリー限定のヴィンテージ生地によるメジャーメイドのジャケット  Orazio Luciano

オリジナルパターンのナポリ製オックスフォードシャツ  The Armoury  online

ビスポークのリネンパンツ  Ambrosi

コットンのポケットスクエア Simonnot Godard  online

カプリ島で購入したエスパドリーユ  No-Brand

 

アレン・シーはアーモリーの共同設立者です。

私たちは8年前に、それぞれ利用していたテイラーのW.W.CHANを通じて知り合いになり、それ以来の友人です。

アレンはこの数年、髪型以外はほとんど変化していません。

私たちの服装は年々洗練されてきているものの、私たちが親しくなるきっかけとなった、

大らかでフレンドリーなアレンの性格はずっと変わりません。

見た目が良さとは単にいい服を着ることではなく、

リラックスして前向きなオーラをもつことだと示す、とても分かりやすい例だと思います。

 

アレンはクラシコイタリアスタイルを好みます。

典型的なクリーム色のジャケットとグレーパンツの組み合わせからも、それが見てとれます。

色使いはクラシックなのですが、麻のパンツとエスパドリーユというとてもカジュアルな要素を取り入れたことで、

とても面白いコーディネイトに仕上がっていると思います。

 

アーモリー香港では、徒歩3分以内の距離に2つの店舗があるという珍しい状況があります。

そのため、お客様にお会いするために店舗の間を1日のうち何度も行き来することになります。

この写真は、私たちがいつも渡っている、香港セントラル地区で一番人通りの多い交差点で撮影しました。

ほとんどの人たちが横断歩道の線が引いてあるところを歩くので、撮影用の空間を確保するのは簡単でした。

信号がすぐに変わってしまうので、写真は素早く取らなければなりませんでした。

ラッキーなことに、2回目の青信号で撮影は終わりました。5分で完了です!