From The Armoury

香港とニューヨークにショップを構えるTHE ARMOURY(http://thearmoury.com/en)のスタイル通信。
ここではスタッフの皆さんをはじめ、顧客や友人のファッションスナップを紹介していきます。
お店で購入できるもの、あるいは似た商品があるものに関しては、オンラインショップのリンクを貼ってあります。

MENU

My Bags Part1

My Bags Part 1

As a frequent traveler, I am sensitive to how well my bags are serving me. Are they sturdy? Are they practical?

Do they hold everything I need? As a member of The Armoury, I also think about how they fit with my clothes.

Do I have the appropriate bag for work? What about for casual use?

Over the next few articles, I will tell the stories of bags that are dear to me. Some are bags I worked on with The Armoury’s makers, trying to go the extra mile to make something useful to our customers.

Some are bags that I think are exemplary designs.

They are all bags that I use regularly and know intimately.

What has been photographed are my personal items.

Over the next few articles, I will tell their stories.

 

出張が多いこともあり、私は自分のカバンが使えるかどうかということをとても気にします。

丈夫だろうか? 機能的だろうか? 必要なものは全て入るだろうか?

アーモリーのメンバーとしては、自分の服に合うかどうかも気になるところです。

仕事にふさわしいカバンを持っているだろうか?

カジュアル用のものはあるかどうか?

今回から数回にわたって、私にとってとても重要なカバンについて、お話をしたいと思います。

そのうちのいくつかは、アーモリーのお客様のために何か便利なものを作りたくて、メーカーさんと一緒に試行錯誤を重ねて開発したバッグ。

またいくつかは、代表的デザインともいえるもので、私が日常的に使っていたり、特別な思い入れがあったりするもの。

それらについて、これから数回の連載でお話ししていきます。

ちなみに写真は、私の私物です。

 

 

The Armoury x Frank Clegg Tote Bag

DSC00459 1-s1600

Frank Clegg is a family bag making company from Massachusetts, USA. Frank and his sons, Ian and Andrew all work in the business.

They make excellent quality leather bags and at a very reasonable price.

One of the best selling bags at The Armoury Hong Kong is their tote bag.

We sell it well to both men and women.

In Japan and Asia, it is not uncommon for a man to carry a tote bag but when we opened our New York store,

we found selling tote bags to our customers a little more challenging.

Some men felt the bags reminded them of ladies handbags and often were not aware of how practical a tote bag could be.

I wanted to make a tote for The Armoury’s customers that would not normally consider a tote bag.

 

フランク・クレッグは、アメリカのマサチューセッツ州にある家族経営のバッグメーカーです。

フランクと、彼の息子のイアンとアンドリューが一緒にビジネスを行い、素晴らしいクオリティの革のバッグをとても良心的な価格で作っています。

彼らのトートバッグは、アーモリー香港店で最も売れているバッグの一つです。

男性からも女性からもとても人気です。

ただ、日本やその他アジアの国では、男性がトートバッグを持つのは珍しいことではありませんが、

ニューヨーク店をオープンしてみて、現地のお客様にはトートバッグがなかなか受け入れられないということに気付きました。

男性の中には、トートバッグは女性のハンドバッグのようだと感じる方もいて、

実はとても機能的だということを知らない方もいらっしゃいました。

私は、そういった普段はトートバッグに興味を示さないアーモリーのお客様に向けて、トートバッグを作りたいと思いました。

 

 

To make the tote feel more masculine, Frank, Ian and I started with a more square shape to the bag, rather than one that is wider than it is tall.

Then, we shortened the handles to make them more reminiscent of briefcase handles.

One of the most useful aspects of a tote is that you can carry it on your shoulder,

so we modified the edges of the bag to hold brass D-rings that could attach to a shoulder strap.

Frank makes beautiful leather straps and I think they look best in a narrow width so that was added to the bag along with a sliding pad to make it more comfortable on the shoulder.

 

トートをもっと男性的にする為に、フランクとイアンと私は、まず、縦長というよりは、横幅を広げて、正方形に近い形にしました。

それから取っ手部分を短くし、ブリーフケースの取っ手のような形にしました。

トートのもっとも機能的なところは肩に掛けられるところですので、バッグの端に真鍮のD型リングを取り付け、

ショルダーストラップを付けられるようにしました。

フランクの作るきれいな革のストラップも、幅が細いものが最もきれいに見えると思い、それを、

肩が痛くならないようにする為のスライディングパッドと一緒にバッグに付けました。

 

DSC00460 1-s1600

I actually prefer fabric tote bags over leather tote bags.

I like that fabric tote bags are more lightweight and quite casual.

However, fabric tote bags tend to deteriorate a lot faster than leather bags.

So, I went for a mix of leather and an interesting synthetic material called Sunbrella cloth.

Sunbrella cloth is normally used on outdoor furniture.

It is waterproof, stainproof, sturdy and lightweight, a really great replacement for leather.

It has a deep twill which gives it the appearance of a heavy, high quality cotton fabric, but even longer lasting.

The “frame” of the bag is all in leather, especially in parts that would see a lot of friction,

such as the bottom, the handles and the top edge of the bag.

 

私は、実は、革のトートバッグより、布のトートの方が好きです。

布のトートの軽さとカジュアルさが好きなんです。

ただ、布のトートは、革に比べて断然早く劣化します。

そこで、革と、サンブレラというブランドのおもしろい合成繊維をミックスして使用しました。

サンブレラのファブリックは、通常、屋外用の家具に使われます。

撥水性・防汚性が高く丈夫なのに、軽量で、革の代わりとして最適です。

また、深い綾織り模様が、厚い高品質のコットン生地のように見えますが、コットンよりも断然長持ちします。

バッグの「枠組み」はすべて革で、特に底、取っ手、上部の端など、擦れやすい部分に使われています。

 

 

DSC00462 1-s1600

With travel in mind, pockets are of course very important, so we put in a big zippered pocket for keeping valuables,

and a big leather patch pocket that you could keep your phone and other small items in.

Also, when travelling, sometimes you find your bag on its side or even upside down when it’s in a luggage hold.

To prevent things from falling out, we added a zippered top. It’s also quite useful against pickpockets!

 

旅行用ということを念頭に置くと、もちろんポケットがとても重要です。

貴重品を入れられる大きなジッパー付きのポケットと、携帯やその他小物をしまえる革の大きなパッチポケットを付けました。

また、旅行中、機内の頭上の荷物棚の中で、バッグが横になったり、逆さまになったりすることがよくありますので、

バッグの中身が出てしまわないように、トップにジッパーを付けました。

これは、スリ対策としても効果的です。

 

 

I’m quite pleased with how the bag turned out.

I tend to use it for the weekend or when I’m travelling by plane.

With the combination of leather and fabric, it has a semi-dressy Ivy look to it so I like it with sport jackets jackets as well,

though I wouldn’t use it for suits.

 

このバッグの出来にはなかなか満足しています。

私は、週末や、飛行機で旅行するときに使用しています。

レザーと生地のコンビネーションで、少しドレッシーなアイビールックの雰囲気があるので、

スポーツジャケットに合わせるのも好きです。

ただ、スーツのときは使いません。

 

https://thearmoury.com/products/frank-clegg-x-the-armoury-sunbrella-zip-tote?variant=42842116047

 

 

 

Clematis (Ortus) Portfolio

DSC00505-s1600

This item is not really a collaboration item, it’s simply an item that is very important to me and that I like very much.

It was made by one of my favourite craftspeople, Komatsu-san.

He is one of the most dedicated craftspeople I know, making virtually flawless items and with subtle but deeply thought out designs.

 

このアイテムは、正確にはアーモリーとのコラボレーションではないのですが、私にとってはとても大切で、

非常に気に入っているアイテムです。

小松さんという、私の大好きな職人さんによって作られたものです。

私が知っている中でも、小松さんは最も熱心な職人さんの一人で、一見してはわからないけれども、

深く考え抜かれたデザインのアイテムを、完璧に作り上げる方です。

 

DSC00507 1-s1600

I commissioned this item back in 2012 and it has served me extremely well.

It is a variation of Komatsu-san’s design “Caltha” with some additions to make it more practical.

I added several pockets for keeping small items as well as pen loops. I also requested Komatsu-san add a hand strap on the back of the case.

By running my fingers through it as I hold the bag from the bottom, it feels more stable and secure.

It’s especially important for me as I frequently carry my laptop in this case.

 

私がこのアイテムをオーダーしたのは2012年ですが、それ以来とても活躍しています。

その理由は、この小松さんデザインの「Caltha」には、 好みによって便利なオプションを追加し、

バリエーションを付けることができる点です。

私は小物をしまえるポケットとベンホルダーを幾つか加え、ハンドストラップをケースの裏側に付けてもらいました。

バッグを下側から持ち、このストラップに指を入れることで、より安定し、安全な感じがします。

このケースにラップトップを入れて持ち歩くことが多いので、私にとっては特に重要なポイントです。

 

 

One of my favourite parts of the design is the one-piece construction.

Rather than use panels joined together with stitching, Komatsu-san makes this portfolio with one long piece of leather that folds over onto itself,

forming the body of the portfolio and also the flap that closes it.

He hand selects the best piece of leather possible, with no visible natural flaws such as scars, stretch marks, etc., showing off the beautify of ultra high quality leather.

 

このデザインの特に気に入っているところは、一枚の革でできているところです。

何枚かの革をステッチで繋ぎ合わせるのではなく、小松さんは、長い一枚の革を内側に折り畳み、

ポートフォリオの本体と、それを閉じるフラップを形作り、このポートフォリオを作ります。

傷やストレッチマークなど目に見える欠陥のない、できる限り最高の品質の革を自身で厳選し、

超ハイクオリティのレザーの美しさを見せつけてくれます。

 

DSC00496 1-s1600

When I travel, I almost always bring this portfolio.

It is an excellent substitute for a business briefcase when going from meeting to meeting.

It looks appropriate with a suit and it holds everything I usually need for a day of meetings.

Typically, I carry my laptop, notebook, papers, pens, business cards and a phone charging cable.

On a one-week business trip, the Caltha portfolio and a tote make for a handy combination as I would have something for casual and formal occasions.

 

私は出張するとき、ほぼ毎回このポートフォリオを持っていきます。

移動しながらいくつものミーティングをこなさなければならない日には、これがビジネス用のブリーフケースの代わりとして非常に役立ちます。

スーツにも合いますし 、その日のミーティングに必要なもの全てが入ります。

たいてい私は、ラップトップ、ノート、書類、ペン、名刺、携帯の充電器を入れて持ち歩きます。

一週間の出張では、このCalthaポートフォリオとトートがあれば、カジュアルなシーンにもフォーマルなシチュエーションにも対応できます。

 

 

 

Komatsu-san visits The Armoury HK and New York once a year to take orders.

We keep a limited stock of his items in our stores, contact info@thearmoury.com for details.

 

小松さんはアーモリー香港店とニューヨーク店にて年に一回オーダー会を行っています。

店頭の在庫には限りがありますので、詳細は、info@thearmoury.comまでお問い合わせください。

DSC01560-tc-s

Mark

How are you feeling about Drake’s and about being in Japan right now?

ドレイクスの日本初出店について、どのように感じていますか?

 

Michael -

Very excited, it’s been a long time coming.

We started in Japan 40 years ago and whilst we’ve been wholesaling there for a long time,

we’ve never really retailed outside of London.

To have our first permanent spot outside London, in Tokyo, is very fitting, as it’s a market we’ve always loved.

To be able to communicate face to face with our Japanese customers directly about every category we sell is a great opportunity for us.

とても興奮しています、ずっと待ち望んでいたことですので。

日本でのビジネスを始めたのは40年前のことですが、これまで長いあいだ卸売のみで、

ロンドン以外の都市で小売をしたことはありませんでした。

海外第一号店を東京にオープンするというのは、とてもふさわしい流れだったと感じています。

東京は、ドレイクスがこれまでずっと大切にしてきたマーケットですので。

これを機に、これからはドレイクスが扱う全ての商品カテゴリーについて、日本のお客様に

直接面と向かってご説明できるようになるというのは素晴らしいことです。

 

Mark -

Yes, during our meeting yesterday with the Jean Rousseau team, they said something that resonated with us

: When you’re in Japan, you really feel like you’re building, step-by-step, a business and a brand for the market. .

そうですね。

昨日のミーティングで、ジャン・ルソーの方々が、私達も共感できることをおっしゃっていました。

日本に進出してみると、日本のマーケットに合わせたビジネスのやり方やブランディングの方法を、

一歩一歩、築いていっているんだと実感する、と。

 

Michael -

Totally, these things do take time.

We look at it as a long term project, but in some respects, we have the best of both worlds.

We have had many years where our products have been in the market and we have been building our reputation,

yet we can now have a fresh start as a retail presence.

その通りですね。それらはとても時間がかかることですから。

ドレイクスも、これを長期的なプロジェクトとして捉えています。

ただ同時に、私達はおいしいとこ取りもできると思います。

日本のマーケットで商品を売り、評価を得てきた長年の経験が、私達にはすでにあります。

そして今回、ショップという形で新たなスタートを切ることができるからです。

DSC01568-tc-s

Mark -

Talk a little bit about the new retail.

When we took over Drake’s in 2010 and started introducing the other categories over the years,

it was because we wanted to introduce the Drake’s look, i.e. how we envision men in our style of clothing.

How does the appearance, the feeling, the aesthetic of the shop work as an extension of the Drake’s look?

新しいショップについて、少しお話を聞かせてください。

2010年に私達がドレイクスのビジネスを前経営者から引き継ぎ、

ネクタイ以外のアイテムも手掛けるようになりましたが、

それは、ドレイクスのスタイル、すなわち、私達が描く男性の服の着こなしを

トータルで提案したかったからです。

ドレイクスのスタイルの延長として、ショップの見た目、雰囲気、美意識などはどのように表現されていますか?

 

Michael -

Given that we had to expand beyond London, we required a template for our store’s design.

The template needed to allow us to be sensitive to any local market, yet retain a consistent aesthetic.

So whilst our old shop was charming, it was also somewhat limiting. At the time we opened that store,

ties were the biggest focus of the business and we designed the store around them.

We remain committed to ties as a fundamental part of the business and the product that we love the most.

However, we have been selling more and more of our other categories, e.g. jackets, shirts, knitwear, better and better.

It became more important to integrate those products into the store and merchandise them together.

Therefore, we needed a template that could take this into account.

ロンドン以外の都市に進出することになり、ドレイクスの店舗デザインの定型が必要になりました。

定型デザインは、その土地に合わせて少しずつ変えられるようにしながらも、

統一感を維持する必要がありました。

ロンドンの以前のショップもチャーミングでしたが、やや限定的でした。

そこをオープンした当時はネクタイがビジネスの中心で、それに合わせてショップをデザインしたからです。

今でもネクタイはビジネスの主要な部分であり、

ドレイクスが最も愛するアイテムとしてコミットしていますが、

ジャケットやシャツ、ニットなど、その他のアイテムも、より多くより良いものを扱うようになってきました。

それら全ての商品を一つのショップにまとめて一緒に販売していくことが、より重要になってきました。

そこで、それを考慮した定型デザインが必要になったのです。

 

Our template maintains some of the materials used in the original London store,

e.g. walnut and brass to maintain some consistency, but we’d also like each store to have its own personality and individuality.

Certainly, in Tokyo there’s more of an opportunity than anywhere else for us to represent the concept of our factories.

Hence the factory glass, the “tongue and groove” wall panelling,

the washdown kick board in dark green – all things that remind me of a British factory.

This, I think, will resonate with the Japanese market.

A good friend of ours, Adam Dant, drew the original Drake’s factory on Garrett St and we’ve hung this drawing in our Tokyo shop

to show off the ‘making’ side of the business to the Japanese customer.

定型デザインは、ウォールナッツの木や真鍮など、

ロンドンのオリジナルの店舗で使われていた素材を使って統一感を維持していますが、

それぞれのショップごとの魅力や個性も出したいと思っています。

東京店は、他のどの店舗よりも、ドレイクスの工場のコンセプトを象徴したデザインになっています。

工場のガラスや、さねはぎの壁、ダークグリーンの蹴込み板など、

イギリスの工場を思い起こさせる要素が取り入れられています。

また、日本のマーケットに合わせて、こんな工夫もしました。

ドレイクスの親しい友人でもあるペインターのアダム・ダントに、

ギャレット・ストリートにあったドレイクスの最初の工場の絵を描いてもらったのです。

日本のお客様には、ドレイクスのビジネスの「ものづくり」の側面を見ていただこうと、

これを東京店の壁にかけています。

 

Mark -

With the new materials, new furniture and more standard layout, it’s also an efficiency issue,

we knew some of our shops would be small and we had to be able to plan them in a much more precise way

by using our own standard of furniture.

新しい素材と新しい什器を揃えつつもレイアウト自体はわりと標準的なのは、効率の問題でもあります。

中には小さな店舗もあるのはわかっていたので、什器のルールを定めてそれに沿って、

全てを精密にプランできるようにする必要がありました。

 

Michael -

Yes exactly. While the shop is relatively modest in size, we can still get most of our products in there.

I think the other interesting thing is that our store is based in the “British Made” shop, our partners in Tokyo,

and our physical shop is actually made in Britain – as in we made large parts of it in England and shipped them to Japan.

その通りです。

東京店はサイズ的には比較的小さいものの、ほとんど全てのアイテムをここに並べることができます。

もう一つ興味深いのは、このショップは、ドレイクスの東京のパートナーである「ブリティッシュメイド」の

ショップの中にありながら、ドレイクスのショップ自体は、英国製という点です。

店舗の大部分をイギリスで作り、日本に輸送したからです。

 

Mark -

Any bits of the fit-out you really like?

内装の中で特に気に入っているところはどこですか?

 

Michael -

All I’m seeing right now is how I want to improve it for next time.

今は、次回どこを改善できるか、というところしか目に入ってきません。

 

Mark –

I love the new white mosaic, it brings so much light into the space.

私は、床のあの白いモザイクが好きです。店内をとても明るくしてくれます。

 

Michael –

I think so too. Designing a shop remotely has been a good challenge.

You’re not as hands on as you would like to be.

You see things on completion that could be done differently, but for our first foray in Japan we are satisfied.

I’m only looking to tweak the shop at this stage.

It’s a journey.

You don’t always get it right first time and we’re improving all the time.

同感です。

今回、海外にいながらにしてショップをデザインするというのは、かなりのチャレンジでした。

実際に見たり触ったりということが、思うようにできませんでしたので。

できあがりを見て、ここをこうすればよかったと思う箇所がいくつもありますが、

日本初出店としては、満足しています。

現時点では、ここからどのように手を加えていけるかということだけを考えています。

長い行程です。

何事も初めてのトライでは完璧にはいかないものですし、あとは常に改善していくしかありません。

DSC01581-tc-s

DSC01660-tc 1-sI think the factory themed elements work really well aesthetically.

Particularly the haberdasher’s counter with the slipper’s mark on it.

The little stool in the changing room and small side table,

by Flange in Yokohama, positioned between the leather arm chairs, both from Tokyo craft companies.

It’s nice to have a bit of Tokyo in the shop!

We also have a pair of antique club chairs from Lillie Road in Fulham to remind us of London.

工場をテーマにした箇所は、美的にもとてもうまく表現できたと思っています。

特に、お針子のマークがついた紳士用装身具商のカウンターなど。

横浜のフランジプライウッドによる、試着室の小さなスツールや、サイドテーブル、

東京のクラフトブランドによる革のアームチェアなど、

ショップの中に少し日本も取り入れられたのはよかったです。

ロンドンの要素としては、フラムにあるリリー・ロードで購入したアンティークのクラブチェア2脚も置きました。

 

Mark -

Any new products you want to talk about?

ご紹介したい新商品は何かありますか?

 

Michael -

We’re opening halfway through the season, so it wasn’t easy putting it together.

Autumn/Winter in September will be the full representation.

Currently, it’s a mix of Drake’s classic and seasonal highlights.

I cherry picked our best things from every category.

There are still some cardigans and jeans to come in later in the season.

In time, we would like to do some special, exclusive products for Japan and nowhere else.

We want to make the instore experience as special as possible.

シーズンの途中での開店になりましたので、商品を揃えるのは簡単ではありませんでした。

9月に入荷する秋冬コレクションは、フルラインナップで取り揃えます。

現在は、ドレイクスのクラシックアイテムと、今シーズンのハイライトをミックスして置いています。

すべての商品カテゴリーから、私が選りすぐったアイテムです。

後日、今シーズンのアイテムで、カーディガンやジーンズなどもまだ入荷する予定です。

近い将来、他のどこでも手に入らない、日本限定アイテムの発売など、

何か特別なことができればと思っています。

ショップでの体験も、できるだけ特別なものにできればと思っています。

DSC01633-tc-s

Mark -

Any favourite pieces in the shop right now?

現在ショップに並んでいるアイテムの中で、特に好きなものはありますか?

 

Michael -

I love the seasonal ties that are on the top row of the tie display

– the ones with the diamond pattern and everything from that series.

Combinations of bright navy with ecru printed on silk poplin.

ネクタイのディスプレイの最上段にかかっている今シーズンのネクタイが好きです。

ダイアモンドのパターンのもので、そのシリーズのどれも好きです。

シルクのポプリンに、明るめのネイビーとベージュのコンビネーションでプリントされたものも好きです。

 

Our button-downs, developed with the old Brooks Brother collar in mind,

are my favourite shirts, at a great price and using great cloth.

The ticker stripe, the blue oxford and the white oxford can be worn for almost any occasion.

昔のブルックスブラザースの襟をイメージしながら開発したボタンダウンは

使用している生地も素晴らしく、価格も手頃で、私のお気に入りのシャツです。

太めのストライプ、ブルーのオックスフォード、白のオックスフォードは、

ほぼどのようなシーンでも着られます。

 

Of the jackets, I like the chocolate brown linen. It’s so versatile.

People often get scared by a brown suit, but you can wear it with so many things.

Grey trousers for a more dressy look, or cream cotton for a more relaxed look.

ジャケットの中では、チョコレートブラウンの麻のものが好きです。とても着まわしやすいです。

茶色のスーツを避ける方もいらっしゃいますが、実は色々なアイテムを合わせることができるんです。

グレーのトラウザーを合わせてドレッシーに着こなしたり、

クリーム色のコットンのトラウザーを合わせて、

よりリラックスした印象に着こなしたりもできます。

 

I grew up listening to Michael Drake talk about the Japanese market.

He admired how the Japanese could take ideas from Naples, Milan, Paris, London, give it their own twist and make it better.

For us to be opening up our own store in this market is very humbling.

It’s a real challenge and we really have to deliver for a Japanese customer that is so knowledgeable.

We are among serious competition with such a rich amount of great classic menswear brands in Japan.

There should be a customer base for us and we’re dedicated to serving them well.

私は、マイケル・ドレイクスさんが、日本のマーケットについて話すのを聞きながら育ちました。

彼は、日本人が、ナポリ、ミラノ、パリ、ロンドンなどのスタイルに、独自の要素を取り入れ、

もっと良い着こなしにしてしまうのが素晴らしいといつも言っていました。

ドレイクスにとって、日本に店舗を持つということは、とても光栄なことです。

本当の意味での挑戦です。

知識が豊富な日本のお客様に対して、真剣に対応していかなければならないと思っています。

日本には、他にもたくさんの素晴らしいクラシック・メンズウェアのブランドが存在し、

ドレイクスはその厳しい競争の中にあります。

ただ、ドレイクスに合った顧客層はいるはずですので、

そういった方達に向けたご提案をしっかりしていきたいと思っています。

DSC01627-tc-s

This must be reflected in our product.

Clearly, this is English focussed, but we’ve been influenced by the Japanese market

over the years and this filters back to what we do.

Yes we’re English, but there’s an international standard that we try to stand alongside.

We don’t want to just come here and say:

“We’re English and this is the only style we believe in”.

I think it will be interesting to see what spin offs and collaborations will happen as a result of us being here.

I think we can produce something much richer than if we were on our own.

それは、私達の商品にも反映されているはずです。

ドレイクスは、英国ブランドではありますが、長年、日本のマーケットに影響を受けてきましたし、

この経験がフィルターとなって、私達のビジネスに反映されています。

そうです、ドレイクスはイギリスの会社です。

けれども、私達はインターナショナルな基準でやっていきたいと思っています。

日本に来て、「私達はイギリス人で、これが私達のスタイルです」と押し付けようとは思いません。

日本に進出した結果として、どのように展開していくのか、

どのようなコラボレーションが生まれるのかを見ていくのは面白いと思います。

ここに来なければ生まれなかった、何かもっと豊かなものを生み出せるだろうと、私は思うんです。

The Making of The Armoury Lookbook 2016FW

  • By edit
  • In NY
  • On Nov 16th, 2016
  • permalink

armoury-lookbook-aw2016-fp

 

My mission for The Armoury is to try and make tailored clothing more relevant and easy-to-wear.

People today are dressing almost too casually and I want to create some resistance to that.

I love tailored clothing and want people to understand and enjoy it as much as I do.

So, at The Armoury we try to present tailored clothing in less serious ways and get people thinking: “I could wear that”.

アーモリーにおける私の使命は、テーラードの服をより適切な形で、着心地の良いものとして提案することです。

現代の人たちの格好はカジュアルすぎとも言え、私はそれに少し抵抗したいと思っています。

私はテーラードの服がとても好きで、他の人にも、テーラードの良さを理解し、私と同じくらい楽しんでほしいのです。

というわけでアーモリーでは、テーラードの服を真面目すぎない形で提案し、

皆さんに「あれなら自分にも着られる」と思ってもらえることを目指しています。

 

 

Traditionally, we have liked to shoot images in the shop.

If we were having a quiet afternoon and the light was right, we would turn off all the lights in the shop and just use natural lighting to create our images.

If a customer came in, we would turn all the lights back on and get back to serving them.

Our focus was usually on our customers’ bespoke or made-to-measure commissions and sometimes our own as well.

We wanted to highlight new makers and craftsmen visiting our store for trunk shows.

Above all, we wanted to try and create new and beautiful images.

プロモーション用の写真については、日頃からショップ内で自分達で撮影しています。

たまたまお客様が少なく光がちょうど良い感じの午後などに店内の明かりを全て消し、自然光だけを使って写真を撮ります。

お客様が入ってきたら、また明かりを全てつけて接客に戻ります。

また、私たちのフォーカスは、常にお客様の、ときに私たちスタッフ自身のビスポークやメイド・トゥ・メジャーのオーダーの受発注ですので、

新しいブランドや職人の方たちが店舗でトランクショーを行う際には、集中的に彼らを PRするようにしています。

以上の理由から、自分達で、常に新しく、美しい写真を撮るようにしています。

 

armoury-lookbook-aw2016

As our online store has grown over the years, we faced a greater need to show our ready-to-wear items.

Last year we shot our first lookbook, engaging an external photographer rather than doing it ourselves and putting two of our New York team in a studio wearing ready-to-wear outfits from the current season.

It was well received and so we aim to try out some new ideas each season and see how it goes.

We still continue to do our more candid, natural light and street photography style images as our bread and better throughout the year.

アーモリーのオンラインストアのほうも年々成長してきており、レディ・トゥ・ウェアのアイテムをより多く取り扱う必要性が出てきました。

そこで昨年初めて、アーモリーのルックブックを撮影しました。

その時は、自分達で撮影せずに外部のフォトグラファーにお願いし、

ニューヨーク店のスタッフ2人にそのシーズンのレディ・トゥ・ウェアを着てもらい、

スタジオで撮影しました。

評判がよかったので、それ以降毎シーズン、アイディアを出して新しいことを試してみるようにしているんです。

ですが、基本的には一年を通して、ありのままの自然光を使ったストリートスナップのスタイルを、私達のスタイルとして維持しています。

 

armoury-lookbook-aw20162

I’m fortunate enough to be friends with a talented menswear illustrator, Mr Slowboy.

We wanted to do a project together and so the lookbook for FW 2016 was a good opportunity to see what might be possible.

幸運にも私の友人に、才能あるメンズウェアのイラストレーター、ミスター・スローボーイがいるのですが、

彼とはかねてから一緒に何かやりたいと話していたので、

2016年秋冬のルックブックで一緒にどんなことができるかを試してみることにしました。

 

armoury-lookbook-aw20163
I’m a big furniture junkie, particularly for designers like Poul Kjaerholm, Jorgen Hoj,

Hans Wegner and Arne Jacobsen. Another friend of mine was recently appointed to run a new workspace / dining / bar concept in New York called Spring Place.

The interiors are some of the best I’ve ever seen and very much in the aesthetic of the designers I love.

So, I asked if I could do the shoot on their premises, which he kindly agreed to.

私は大の家具ファンで、特に、ポール・ケアホルム、ヨーゲン・ホイ、ハンス・ウェグナー、アルネ・ヤコブセンなどのデザイナーが好きです。

別の友人が最近、ニューヨークに新しくできた、スプリング・プレイスというオフィス兼ダイニング・バーの経営に任命されました。

そのインテリアは、これまで私が見た中でもとても素晴らしく、私の好きなデザイナーたちの美学に則っているもので、

ここでルックブックの撮影を行うことにしました。

 

armoury-lookbook-aw20164

 

The idea with Mr Slowboy was to do draw in some Roger Rabbit style illustrated figures interacting with real people.

The people and the environments would be more conservative, classic, flat imagery and the illustrations would bring it to life.

Jim, the redhead, is our New York shop manager and a great musician. Rich, the non-redhead, is one of our sales guys and also a fantastic illustrator.

The two of them wore this season’s ready-to-wear and I wore some of my own bespoke pieces from the different makers The Armoury represents.

The illustrated character is someone Mr Slowboy came up with, a mix of different people at The Armoury.

We named him Arthur, after the lion in our logo. He also wears items from this season.

ミスター・スローボーイとのアイディアは、ロジャー・ラビットのスタイルで、

イラストのキャラクターが実際の人間とやりとりしている様子を描くというものでした。

人物と背景はあくまでもコンサバティブでクラシックでフラットなイメージですが、

イラストレーションがそこに生き生きとした感じを与えています。

赤毛のジムはニューヨーク店の店長で、素晴らしいミュージシャンでもあります。

もう一方のリッチはニューヨークのセールススタッフで、才能あるイラストレーターでもあります。

二人が着ているのは今シーズンのレディ・トゥ・ウェアで、私が着ているのはアーモリーで扱っている様々なブランドのビスポークのアイテムです。

イラストのキャラクターは、ミスター・スローボーイが アーモリーの関係者達をミックスして作り上げたキャラクターです。

アーモリーのロゴのライオンにちなんで、アーサーという名前をつけました。

彼自身も、今シーズンのアイテムを着用しています。

 

armoury-lookbook-aw20165

 

We planned the images, then shot them and drew the illustrations.

We then looked for an order to the images and a theme to tie it all together.

Since the space we were in was a workspace / dining / bar concept, we decided to call it “Work and Play”,

to suggest that The Armoury and the clothes could be not just for the office but also for relaxation after work.

I thought it would be nice to add a little timestamp in the corner of each image to give a bit more context.

It was a fun project to execute, I like the concept and I wish I had more time to refine it into a longer series but it has made for a memorable start to 2016’s Fall Winter season at The Armoury!

このルックブック製作の過程として、まず写真の内容を決め、撮影をし、イラストレーションを描きました。

それから写真の並べる順番を決め、すべてをまとめるテーマを決めました。

撮影した場所はオフィス兼ダイニング・バーというコンセプトなので、「仕事と遊び」というテーマに決めました。

アーモリーの服は、オフィスのみならず、仕事の後のリラックスした時間にもぴったりだという意味を込めています。

それぞれの写真の端に時刻を入れて、内容を少し膨らませてみました。

このプロジェクトは取り組んでいてとても楽しく、コンセプトも気に入ったので、

より長いストーリーにするためにももう少し内容を練る時間があればよかったと思いました。

しかし、このルックブックのおかげで、アーモリーの2016年秋冬の良いスタートが切れたことは確かです!

Antonio Liverano(Liverano & Liverano)

  • By edit
  • In Firenze
  • On Sep 21st, 2016
  • permalink

Liverano & Liverano

アントニオ・リヴェラーノ Antonio Liverano

l1000070-tc

 

As someone still in the early stages of his career, I’m fascinated by the working habits of the greats, particularly how they use their time.

Rich or poor, smart or slow, in a day we all have the same 24 hours to work with.

How the greats use this limited resource, that is given equally to everyone, is of particular interest to me.

まだキャリアの浅い者として、私は偉大な先輩方の仕事の習慣、特に彼らの時間の使い方にいつも感銘を受けます。

お金持ちでも貧しくても、賢くてもそうでなくても、誰にとっても一日は24時間しかありません。

全ての人に平等に与えられたその限られた時間を偉大な先輩方がどのように使っているのかということに、私は特に興味があるのです。

 

 

Antonio Liverano, one of the greatest tailors in the world, who cuts in the Florentine style, is today’s subject.

Here’s how he spends his day:

世界有数のテーラーの一人であり、フィレンツェスタイルの裁断を行うアントニオ・リヴェラーノ氏が、本日の主役です。

彼は一日をこんなふうに過ごします。

 

 

5AM – Antonio wakes up, gets dressed and enjoys a simple breakfast of a pastry and a cafe macchiato.

午前5時 – 起床。着替えて、ペイストリーとカフェマキアートのシンプルな朝食を済ませます。

 

 

6.45AM – Antonio departs from his home in the countryside to his shop in the city of Florence, sometimes by car and sometimes by train.

Once he’s on the road, he starts thinking about work.

He starts by thinking about the business as a whole, then recalling individual customers and their orders.

午前6時45分 – 郊外の自宅からフィレンツェの街中にある彼のショップまで、車もしくは電車で向かいます。

一度通勤路につくと、仕事のことを考え始めます。

まずはビジネス全体について、そして個々の顧客とそれぞれのオーダーについてを思い起こします。

 

 

7.45AM – Antonio arrives at the shop. He is usually the first one to arrive.

After checking the shop, he prepares the irons, starting them so they are ready to use when the other tailors arrive.

Antonio’s first job at 8 years old when he first started in tailoring, was preparing the irons. Back then, irons needed to have lumps of hot coal placed into them by hand.

午前7時45分 – ショップに到着。アントニオ氏はたいてい誰よりも先に出勤します。

店内を確認した後、アイロンを準備し、温め始めます。他のテーラー達が到着した時にすぐに使えるようにです。

8歳で仕立ての仕事を始めたアントニオ氏が、最初に覚えた仕事が、アイロンを準備することでした。

当時のアイロンは、熱い石炭の塊を手で入れなければならなかったそうです。

 

 

8.30AM – Antonio checks the work of the tailors from the day before. He is still intimately involved with all the garments, constantly doing quality control on everything that passes through the shop.

午前8時30分 – 前日テーラー達が行った作業を確認します。彼はいまだに、全てのオーダー一着一着に丁寧に関わり、

ショップから出ていく全ての商品の品質管理をこまめにしています。

 

 

9.30AM – 1PM – Antonio spends most of his morning cutting customers’ orders.

午前9時30分 – 午後1時 – 午前中は顧客のオーダーの裁断に費やします。

 

 

1PM – 2PM – Lunch break. Antonio is now 78 years old. On some days, if he is feeling tired, he will return home early.

午後1時 – 2時 – ランチ休憩。アントニオ氏は現在78歳ですから、疲れたと感じた時は早めに自宅に帰ります。

 

 

2PM – 7PM – Antonio continues to cut but also does some teaching and training with the younger tailors in the workshop.

The workshop now has 8 tailors, 5 of which are under 40 and still in training. Antonio is passionate about tailoring and in training his apprentices.

He looks for young people who are share that passion and he tries to grow them.

In everything he does, he tries to transmit that passion and expects the same from his juniors.

午後2時 – 7時 – 午後も裁断作業を続けますが、時々ワークショップで、若いテーラー達に教えたりトレーニングをしたりします。

彼のワークショップには、現在8人のテーラーがおり、そのうち5人は40歳以下で、今も見習い中です。

アントニオ氏はテーラリングと若手の育成に大変熱心です。

彼と同じ情熱を持つ若者達を見つけてきては育てようとしています。

アントニオ氏は、彼がすること全てを通して、テーラリングへの情熱を伝えようとし、また若手達からも同じものを期待します。

 

 

7PM – Antonio returns home to eat dinner with his daughter’s family who live next door to him.

His work starts early in the day but at 7pm, it ends and he does not dwell on work any further preferring to spend time with his family and recuperate, in bed by 10pm and ready for the next busy day.

午後7時 – 帰宅し、隣の家に住む娘の家族と夕食をとります。

彼の仕事は早い時間に始まり、午後7時には終わります。

それよりも長く仕事をすることはしません。

それよりも、家族と過ごし、その日の疲れを癒し、また忙しい翌日に備えて、夜10時にはベッドに入るのです。

 

 

Tailors stay in their profession all their lives. It is a difficult trade to master and it requires a lifetime of dedication.

Often their businesses end when they retire.

Antonio, a more modern tailor than his age belies, always has his eye on the horizon.

His finest apprentices, such as Qemal Selimi and Takahiro Osaki, have been with him for nearly ten years and are now coming of age with the potential to take over from where he leaves off.

I have enormous respect for his ability as a tailor but I am most impressed by his long term vision, to preserve his tailoring house and traditions and allow it to continue for another generation.

多くのテーラーは、生涯を通して、その仕事に従事します。

極めることが難しい職業で、習得するには一生かかるのです。

多くの場合、彼らのビジネスは、テーラー自身が引退した時に終ります。

一方、アントニオ氏は、年齢の割にはモダンな考え方を持ったテーラーで、常に先に目を向けています。

アントニオ氏のもとには、これまで10年以上働いてきた、チェマル・セリミ氏や大崎貴弘氏のような優秀な後輩達がおり、

アントニオ氏が去る時には、一人前のテーラーとして、その後を引き継げるだけの可能性があります。

私はテーラーとしてのアントニオ氏の能力に非常に大きな尊敬の念を抱いていますが、

それ以上に彼が自身のテーラリングハウスと伝統を維持し、次の世代に委ねようとしている、その長期的なビジョンにも感銘を受けています。

 

l1000066-tc

Richard Carroll(The Armoury NYC)

  • By edit
  • In NY
  • On Aug 23rd, 2016
  • permalink

The Armoury NYC

リチャード・キャロル Richard Carroll

RichardCarroll

Ring Jacket Silk Sport Jacket  online

Drake’s Denim Chambray Shirt  online

Tie Your Tie  Cotton/Silk Seven Fold Striped Tie similar

ROTA Grey Trousers  online

 

Richard hails from Australia, full of talent for style and art.

He spent his formative years with his uncle at Strand Hatters, one of the most famous hat stores in Australia,

and is The Armoury’s resident hat expert.

Richard is also a skilled illustrator and regularly draws for our website and our shop windows.

He is a pleasure to work with, always enthusiastic, with a smile and ready for beers at the end of the day.

リチャードは、オーストラリア出身、スタイルとアートの才能に溢れています。

キャリアの初期の頃、オーストラリアで最も有名な帽子専門店のひとつ、

ストランド・ハッターズで叔父さんと共に働いていた経験があり、現在はThe Armoury専属の帽子専門家です。

リチャードはイラストレーターとしての才能もあり、

The Armouryのウェブサイトやショップのショーウィンドウにときどき絵を描いてくれています。

一緒に働いていてとても楽しく、いつも笑顔で一生懸命、そして仕事の後のビールが大好きなんです。

 

1. Could you give us a brief history of your career?
あなたの経歴を簡単に教えていただけますか?

After highschool I went and studied Art and printmaking in Canberra but I dropped out after a couple of years.

During that time and for a few years after that I had a lot of different jobs.

I was a cook at a cafe, a barrista, I worked in bars and then I started DJing at nights with some friends.

Eventually I got burnt out in Canberra and moved to Sydney where I started working with my uncle in the Strand Hatters.

That was kind of during the start of the menswear renaissance and I feel I learned a lot and we really helped to pioneer a certain sort of style around Sydney.

I developed a few hats and small accessories with my uncle and started to get a bit of a taste for the grander world of menswear.

After a few years at the hat shop I went back to school to finish my degree, got to go on exchange at Parsons here in New York,

fell in love with the city (and an American girl) and decided to move back. Now I work at the Armoury!

高校を卒業後、キャンベラでアートと版画を勉強しましたが、数年で退学しました。

在学中とその後数年間は、あらゆる仕事をしました。

カフェでコックやバリスタとして働いたり、バーテンダーをしたり、友人達とDJをしたり。

結局キャンベラで燃え尽きてしまい、その後シドニーに引っ越し、

ストランド・ハッターズにいた叔父のもとで働き始めました。

時期としてはまさにメンズウェア復興の兆しが出てきた頃で、私もたくさんのことを学びましたし、

当時シドニーで生まれた新しいスタイルの確立にも貢献しました。

叔父と共に、帽子数点と小物を製品化し、

メンズウェア業界のより大きな部分が見えるようになりました。

その帽子店で数年間働いた後、私は学位を取るため大学に戻ったのですが、

在学中にニューヨークのパーソンズ大学へ交換留学で来て、

この街に恋し(そしてアメリカンガールにも恋をして)、

大学卒業後にまたニューヨークに戻ってきました。

そして現在The Armouryで働いているんです!

 

2. Could you talk a little about Stand Hatters?
ストランド・ハッターズについて少し紹介していただけますか?

The Strand Hatters is one of those really special shops that have almost all disappeared.

The established (old) menswear specialty shop/haberdasher.

One of those places where you get the feeling you can walk into and maybe buy something that is 20 or 30 years old.

My uncle Bob has been working there since the 80s and so even he has sort of become a part of Sydney legend.

We used to get all sorts of customers in there and I think there is something really great about a shop that can appeal to Australian truck drivers and farmers as much as Leonardo Dicaprio.

ストランド・ハッターズは、最近ではもうほぼ見かけなくなった、本当に特別なタイプのショップです。

昔ながらのメンズウェアの専門店・紳士用装身具店で、店内に一歩足を踏み入れると、

20年も30年も前にタイプスリップしたような感覚にとらわれるようなお店。

叔父のボブがそこで80年代から働いていて、

彼自身がシドニーのレジェンドとしてちょっと有名だったのです。

あらゆるタイプのお客様がそこには来ました。

オーストラリア中のトラック運転手や農業の方たち、そしてレオナルド・ディカプリオまで、

あらゆる男性を惹きつける何か特別な魅力がこの店にはあるんです。

 

3. What do you do at The Armoury?
The Armouryでは何をしていますか?

I work on the sales floor at the Armoury New York and so my day to day activities revolve around helping people in store,

making sure clients are happy with their garments, and teaching people about what the Armoury is.

I feel like a lot of what makes our store cool is that we are as interested in teaching and informing our customers about clothing,

be that manufacturing processes and materials or the social and cultural history of clothing.

I also take on a lot of responsibility for the physical presence of the New York store, probably due to my history in the graphic and fine arts,

so I am always trying to come up with new ways to display things and make sure the store looks fresh.

And finally, and I’m really excited about this, I have recently been working with our press and online guys to make illustrations for online content.

ニューヨーク店で販売員として働いています。

仕事の内容は日によってさまざまですが、主にお客様が満足のいくお買い物ができるよう、

売り場でお手伝いをしたりThe Armouryについての紹介をしたりしています。

The Armouryでは、お客様にそれが生産過程であれ、素材、社会的・文化的背景であれ、

洋服にまつわるあらゆる情報や知識をお伝えすることにスタッフ皆が非常に熱心なんです。

他にもグラフィックやアートの学歴を持つことから、店舗のプレゼンテーションも任されており、

新しいディスプレイ方法を考えたり、店内がいつも新鮮に見える工夫をしたりしています。

また最近のとてもエキサイティングな仕事としては、プレスやオンライン担当者と一緒に、

オンライン用のコンテンツ制作に携わっていて、私がイラストを描いているんです。

 

4.How would you characterize your style?
あなたのスタイルの特徴は何ですか?

I like an almost recontextualised classic American Ivy style.

Repp ties, chinos, checked odd jackets, penny loafers and button down shirts.

I mix true vintage with reproduction with a little contemporary Italian thrown in.

I kind of think that I approach Ivy style with a Japanese mindset it’s closer to an obsessive costume for me than it is a natural born right.

Lately I have been wearing my shirts a little fuller and my trousers a little longer.

アメリカのクラシックなアイビースタイルを再解釈したスタイルが好きです。

レップタイ、チノパン、チェックのオッドジャケット、ペニーローファー、ボタンダウンシャツ。

本物のビンテージと復刻版にコンテンポラリーなイタリアンを少しミックスします。

持って生まれたスタイルではなく、計算して着こなしているという点では、

日本的解釈のアイビースタイルのアプローチに近いと思います。

最近、シャツは少し大きめに、トラウザーは少し長めにして着こなしています。

 

5. How do you find New York? Especially in comparison to Sydney?
ニューヨークについてどう思いますか? 特にシドニーと比べるとどうですか?

A lot of people ask me this and expect me to be surprised by New York but a lot of the time for me the cities are fairly similar in feel.

One of the coolest things I think about NYC is that, even despite its size, so much of our contemporary cultural collateral is based on,

or directly came from, New York and when im here I find it really hard to avoid that.

A cartoonist friend of mine, who is from Sydney but is based here, recently told me “if I’m not in New York,

I just don’t think anything I do makes a difference”.

多くの人がこの質問をして、私にニューヨークに驚いている反応を期待するのですが、

私にとっては都会は感覚的にはどこも似ているように感じられます。

ただ、ニューヨークのクールな点の一つは、その面積の小ささにもかかわらず、

現代文化の非常に多くのものがニューヨークに関連もしくは由来しており、

今ここで生活をしながらその影響力の大きさを目の当たりにしています。

シドニー出身でニューヨーク在住の漫画家の友人が最近こんなふうに言っていました。

「もしニューヨークにいなければ、私のすることは何も特別ではない」と。

 

6. What is Sydney style?
シドニーのスタイルとはどのようなものですか?

Americans always tell me that Americans dress in a very casual way now but in Australia we really do.

There is much more a culture of dressing down and of stealth wealth than I see here.

Sydney particularly has a relaxed take on mens clothing but the things I tend to think of as emblematic are bold and patterned shirts,

not wearing a tie, unstructured jackets, brighter blues and lighter greys, winter whites, RM Williams craftsmen boots and of course fur felt hats!

アメリカ人は、最近の自分たちの格好がとてもカジュアルになったと言いますが、

オーストラリア人ほどではありません。

私が見るに、アメリカ以上にオーストラリアにはドレスダウンする文化があり、

着飾らないお金持ちが多くいます。

シドニーは特にリラックスしたメンズウェアが主流で、象徴的なスタイルとしては、

大胆な柄のシャツ、ネクタイなし、アンストラクチャード・ジャケット、明るいブルー、薄いグレー、

ウィンターホワイト、R.M.Williamsのクラフツマンブーツ、

そしてもちろんファーフェルトハットなどがあると思います。

 

7. You are also a skilled illustrator, having made some fine images for our website and our window displays. Who are your influences?

あなたは才能あるイラストレーターでもあります。

The Armouryのウェブサイトやウィンドウディスプレイにもイラストを描いてくれました。

どんなイラストレーターに影響を受けましたか?

My largest influences are always those midcentury cartoonists who have a really bold, simple line and a lot of energy.

Like Alex Toth’s shadows and perfect line, the gouache paintings of Mary Blair,

Kazuo Hozumi’s Ivy characters and Harvey Kurtzman’s everything!

I also am heavily influenced by the 2nd wave of underground cartoonist who appeared in the early-mid 80s guys like Dan Clowes,

Peter Bagge, Seth and the younger but sublime Adrian Tomine.

私が一番大きな影響を受けたのは、エネルギーが感じられる、

太くシンプルな線で描くミッドセンチュリーの漫画家達です。

Alex Tothの影と完璧な線や、Mary Blairのガッシュ画、穂積和夫のアイビーキャラクター、

そしてHarvey Kurtzmanの全てに影響を受けました!

また80年代初期〜中期に登場した、第二次のアンダーグラウンドの漫画家達にも大きな影響を受けました。

例えば、Dan Clowes、Peter Bagge、Seth、若いけれど才能あるAdrian Tomineなど。

 

8. What is the favorite thing you’ve drawn recently?
最近描いた作品で気に入っているものはありますか?

I drew a little 4 silent panel comic about NYC last year and I don’t know if I will ever draw something I like as much again!

去年ニューヨークについての4コマ漫画を描いたのですが、

あれほど気に入るものをまた描けるかわかりません!

 

9. What are your favorite works from other artists?
他のアーティストの作品ではどんなものが好きですか?

A couple that spring to minad are Ice Haven by Dan Clowes, Tomine’s New Yorker covers (essentially all of them),

Chuck Closes “One Froggy Evening”, Sokol’s 60s playboy pages… too many things to name.

Also there are a couple of Stuart Davis paintings on display in this weird back room in the mets

modern art section that I LOVE.

Dan ClowesのIce Haven、Tomineの雑誌「ニューヨーカー」のカバー(基本的にすべて)、

Chuck Closesの“One Froggy Evening”、Erich Sokolの60年代のプレイボーイの作品など、

たくさんありすぎて挙げられないほど。

メトロポリタン美術館の現代アートセクションのバックルームに展示されている

Stuart Davisの作品も大好きです。

Jim Parker(The Armoury NYC)

  • By edit
  • In NY
  • On Aug 4th, 2016
  • permalink

The Armoury NYC   Shop Manager

ジム・パーカー Jim Parker

JimParker (1)

VBC Blue Hopsack Sport Jacket Liverano & Liverano similar

Denim Chambray Shirt The Armoury  online

White Linen Trousers  Rota  online

 

Jim is the shop manager of The Armoury NYC.

Friendly and even-keeled in nature, neatly dressed with a tendency for shades of blue,

he has been a huge part of the team in NYC.

He also happens to be from Nashville, Tennessee,

part of the Southern States with its own distinct culture with huge influence on American style and music.

As a Southerner, Jim is my reference for how best to wear seersucker, the classic American summer suiting.

ジムは、アーモリーのニューヨーク店の店長です。

フレンドリーで常に安定した性格、ブルー系を使ったきれいな着こなしで、

ニューヨークチームの重要な部分を占めている人物です。

アメリカのスタイルや音楽に大きな影響を与えた、

独特のカルチャーを持つアメリカ南部テネシー州のナシュビル出身でもあります。

南部生まれのジムは、私にとってアメリカのサマースーツの定番である

シアサッカーの着こなしのお手本でもあります。

 

 

1.
Could you give us a brief history of your career?

あなたの経歴を簡単に教えていただけますか?

I dropped out of recording engineering school because I couldn’t stand the thought of sitting in a dark room,

staring at a computer screen for hours on end–a pretty typical day for an audio engineer.

I also knew I wouldn’t do well in a typical 9-to-5 desk job. So, after a few years,

I realized I could turn my lifelong interest in men’s style into some sort of career.

I went back to university and finished with a degree in fashion merchandising.

After that, I snagged an entry level job at an old-school haberdashery in Nashville, and it all took off from there.

レコーディングエンジニアの学校に通いましたが、

何時間も暗い部屋でコンピューターのスクリーンを眺めるような仕事はできないと思い

(それがエンジニアの典型的な一日ですが)、中退しました。

また、いわゆる九時五時の仕事もあまり得意ではないとわかっていましたので、

数年後に昔から興味のあったメンズスタイルの道に進もうと決めました。

その後、ナシュビルにある昔ながらの紳士用装身具店にて、エントリーレベルの仕事を始め、

そこからキャリアが始まりました。

 

2.
What do you do at The Armoury?

アーモリーでは何をしていますか?

I manage the Armoury New York retail store, which means my day-to-day activities are never set.

Most days, though, you can find me on the sales floor leading clients through our made-to-measure process

and assisting my staff in providing the best service possible.

ニューヨーク店の店長をしています。

仕事の内容はその日によって異なりますが、ほとんどの場合、売り場にてお客様の採寸のお手伝いをしたり、

できるだけ良いカスタマーサービスをご提供できるよう、スタッフのサポートなどをしたりしています。

 

3.
How would you characterize your style?

あなたのスタイルの特徴は何ですか?

I wish I could give a concrete answer to that question, but I can’t.

My style, like most people’s, goes through phases.

I live in Williamsburg, Brooklyn, one of the trendiest neighborhoods in the country,

and most people there don’t wear classic menswear.

So lately, I’ve been interested in how to wear the clothing I enjoy without standing out, too much at least.

That typically means wearing coarser, more casual fabrics–nothing too slick–and odd jackets and trousers instead of suits.

その質問に対して明確にお答えできればいいのですが、残念ながらできません。

私のスタイルは、多くの人がそうであるように、時期を経て変わってきています。

私は今、世界中で最もトレンディな街のひとつ、ブルックリンのウィリアムスバーグに住んでいるのですが、

そこに住んでいる人達は、クラシックなメンズウェアを着ません。

ですから最近の私は、いかに周囲から浮かない形で、自分の好きな洋服を着こなすか、

ということに関心があります。

大抵、艶のある素材は身につけず、もっときめの粗い、よりカジュアルな素材を選び、

スーツではなく上下不揃いのジャケットとトラウザーズを合わせています。

 

4.
How do you find New York? Especially in comparison to Nashville?

ニューヨークについてどう思いますか?

特にナシュビルと比べるとどうですか?

New York is so much faster-paced than Nashville, but I like it.

Just about anything one could ever want is available here, which is simultaneously liberating and frightening.

ニューヨークはナシュビルに比べると非常にペースが早いですが、私はそれが好きです。

またどんなことにおいても、欲しいと思うようなものは、全てニューヨークにあります。

それは、とても自由なことであり、また同時に恐ろしいことでもあると感じます。

 

5.
As a Southerner, could you describe what a Southern Gentleman is?

What do you think of the term?

南部出身のあなたから、「南部男性(Southern Gentleman)」について説明してもらえますか?

A Southern Gentleman treats everyone as a friend, even a stranger.

He introduces himself by his full name, and refers to new acquaintances as Mr. or Ms.

He dresses appropriately for the occasion.

He always opens the door for the fairer sex, pulls out her chair, helps her with coat.

And never swears in front of her.

南部男性は、たとえ見知らぬ人であっても、全ての人を友達として扱います。

自己紹介をする際はフルネームを名乗り、新しく知り合った人には「ミスター」「ミズ」をつけて呼びます。

TPOをわきまえた服装をします。

女性に対しては必ずドアを開け、椅子を引き、コートの脱ぎ着を手伝います。

また、女性の前で決して悪態をつきません。

 

6.
What do you think of seersucker?

シアサッカーについてどう思いますか?

Well, I’m wearing seersucker as I type this, so I suppose I’m a fan.

It’s a polarizing fabric–it seems when I wear it, everyone notices and has an opinion about it.

I just like it because it’s practical and reminds me of home.

そうですね、まさに今シアサッカーを着てこれをタイプしていますので、

私はシアサッカーのファンといえるでしょう。

ただ、賛否両論のある生地で、私がシアサッカーを着ていると皆気が付きますし、

それぞれの意見を言ってきます。

実用的ですし、故郷を思い出すので、私は好きなのですが。

 

7.
You are also a keen musician, having spent a great deal of time performing live as well.

What do you like to play? Why?

あなたは熱心なミュージシャンでもあります。

これまで数多くのライブも行ってきたようですが、何を演奏するのが好きですか?

またそれはなぜですか?

It depends, really.

If I’m onstage, I like to play anything that makes the crowd happy.

If I’m just playing by myself, I’m usually working to improve an aspect of my playing I feel is lacking.

Right now, that’s uptempo country runs.

その時によります。

ステージでの演奏でしたら、観客をハッピーにする曲を演奏するのが好きです。

一人のときはたいてい、力不足だと感じている部分を改善するための練習として弾きます。

 

8.
Who are your musical influences?

影響を受けたミュージシャンは誰ですか?

Oh, so many! Off the top of my head, I can say I’ve stolen a lick or two from Randy Rhoads, Andy Summers, Alex Lifeson, Jake E. Lee, Prince,

Billy Corgan, Johnny Marr, George Benson, Eddie Van Halen, the Edge, Mike Campbell, Jack White, Brent Mason, Vince Gill, Daniel Donato,

Zakk Wylde, and so many more I’m forgetting.

たくさんいます!

思いつくところから、ランディ・ローズ、アンディ・サマーズ、アレックス・ライフソン、

ジェイク・E・リー、プリンス、ビリー・コーガン、ジョニー・マー、ジョージ・ベンソン、

エディ・ヴァン・ヘイレン、ジ・エッジ、マイク・キャンベル、ジャック・ホワイト、ブレント・メイソン、

ヴィンス・ギル、ダニエル・ドナート、ザック・ワイルド、

他にも名前が出てこなかった人がたくさんいます。

Douglas Cordeaux(Fox Brothers)

Fox Brothers    Managing Director

ダグラス・コードー  Douglas Cordeaux  

DouglasCordeaux

Fox Brothers is one of the oldest mills in England, seeing its fair share of ups and downs over the years.

Today, it is looking healthier than ever, consistently releasing distinctive yet elegant collections season after season as well as adding a retail business for all sorts of finished goods related to Fox.

Douglas Cordeaux is the man behind it all. He is an industry veteran and a standard for great taste.

 

フォックスブラザーズは、イギリスの老舗機屋の一つです。

長年ビジネスにおける浮き沈みを経てきたものの、近年はかつてないほどビジネスが良好で、

独特ながらもエレガントなコレクションを毎シーズン発表し続けているほか、

フォックスに関連したさまざまな製品を扱う小売ビジネスも行っています。

そしてダグラス・コードーこそが、それらすべての仕掛人です。

この業界のベテランであり、センスの良さの代名詞ともいえる人物です。

 

1.
Could you give us a brief history of how your career and how you eventually came to own and manage a mill?

あなたの経歴を簡単に教えていただけますか?

 

I have been involved in the fashion/textile Industry all of my life.

Trained as a textile designer at The Chelsea School of Art, specializing in print.

My first job was a textile screen printer in London, where I discovered I really liked the option of working for myself.

30 years in the industry working as a freelance print designer, working as a print designer for Pepe Jeans with the great Nitin Shah,

who with his brothers started the brand, an amazing seven years, with lifetime friendships forge.

A year of this period was spent in New York with the brand; this is where I discovered the love for menswear.

Working at Pepe Jeans in the 80’s was like attending the world’s best design and business school.

Nitin Shah, thank you!

With two colleagues from Pepe Jeans, a design studio was set up,

offering a complete service from design to garment production, specializing in sportswear.

A further eight years was spent at Pepe Jeans, in various London locations,

again an amazing experience this time with the now owner Carlos Ortega, who is design driven,

which is so important in fashion based brand and ironically often over looked.

私はこれまでの人生でずっとファッション・テキスタイル業界に携わってきています。

チェルシー・カレッジ・オブ・アーツで、プリント専門のテキスタイルデザイナーとしての勉強をしました。

私の最初の仕事は、ロンドンの、テキスタイルのスクリーンプリンターでの仕事でした。

そこで、私はフリーランスで働く方が自分に合っていることを学びました。

その後、30年の間にフリーランスのプリントデザイナーとして働き、

また、ぺぺジーンズのプリントデザイナーとして 創業者3兄弟の一人Nitin Shahとともに仕事をし、

この素晴らしい7年間を通してNitinとは生涯の友となりました。

このブランドの仕事で一年程ニューヨークに住んだこともありますが、

私がメンズウェアに魅了されるようになったのはこの時期です。

80年代にぺぺジーンズで働いていたことは、

世界最高のデザインとビジネスの学校に通っていたようなものでした。

Nitin Shah、ありがとう!

ぺぺジーンズの同僚2人とデザインスタジオを作り、スポーツウェアに特化して、

デザインから縫製までの一貫したサービスを提供するビジネスを始めました。

さらに8年間、ぺぺジーンズのロンドン内の様々な店舗で働き、

現在のオーナーであるCarlos Ortegaとの素晴らしい出会いがありました。

Carlosは、ファッションブランドにとっては特に大切なことでありながら、

皮肉にも見過ごされがちなデザイン重視という点を大切にする人でした。

 

How I ended up owning a mill. It was at a lunch with Jeremy Hackett,

whom I met whilst working with at Pepe Jeans, who had just purchased the Hackett brand.

This lunch was some seven years ago now and I was fascinated about British manufacturing and menswear.

There was a textile mill that could be turned into a brand.

It was Jeremy who said, go and take a look at Fox Brothers.

It was walking through the doors of a British mill and hearing the sound of looms, the sound of making,

was the real turning point in my career.

In textile, it does not get better than the sound of weaving.

It was then on to the phone to my longtime friend and fellow Somerset resident Deborah Meaden,

literally two months later, we were the owners of Fox Brothers. The first year was known as “character building.”

私がどのようにして、機屋のオーナーになったのか。

それは私がぺぺジーンズで働いていた頃に出会った、Jeremy Hackettとランチをしたことがきっかけです。

今から7年前のことになりますが、彼は当時、ちょうどHackettを買収したところで、

私はイギリスの製造業とメンズウェアに夢中になっている頃でした。

Jeremyが「フォックスブラザーズという機屋があり、

ブランドにできるかもしれないので行って見てきたらいい」と言うので、そこを訪れました。

イギリスの機屋の扉を開け、中に入っていくと、織機の音が聞こえる。

ものづくりの音が聞こえる。

テキスタイル業界において、織機の音に勝るものはありません。

それは私のキャリアのターニングポイントでした。

その後、長年の友人であり、同じサマセットの住人でもあるDeborah Meadenに電話で相談をし、

その2ヶ月後には、彼女と共に、フォックスブラザーズの共同オーナーになっていたのです。

最初の一年は、ブランドの「人格形成」にあてました。

 

2.
As Fox Brothers is the inventor of the flannel, can you explain how it came about?

フォックスブラザーズは、フランネルの生みの親として知られていますが、

それがどのように生まれたのか教えていただけますか?

 

Flannel, traditionally a milled cloth, which has always had its origins in military cloth with blind finishes are functional,

as it’s harder to get snapped up in a tunic made of a milled cloth,

we have some very early examples of flannel in our archive book dated 1773,

the first thing that strikes you is colour, from rich warm tones to strong jewel colours.

Over the years, Flannel has become the luxury fabric it is today this is down to the very best raw materials,

how it’s woven and the expertise of the miller’s hands.

Fox flannel is woven without compromise. If it’s not Fox, it’s not flannel.

フランネルは伝統的に機械織りの織物で、織物の上着は引っかかりにくくて機能的なため、

ブラインド加工され、軍服に使われる生地として生まれました。

1773年の記録文書の中に初期の頃のフランネルのサンプルがあるんです。

最初に目を引くのはその色です。

リッチで温かみのあるトーンから、強いジュエルカラーまであります。

時代を経て、フランネルは現在のような高級な生地になりましたが、

それは原材料と、織られ方、職人の専門的技術にかかっています。

フォックスのフランネルは妥協なしで織られています。

フォックス製でなければ、フランネルではありません。

 

3.
Is it possible to characterize British vs Italian cloths?

If so, how would you do so?

e.g.I often find myself preferring British cloth for suiting because it tends to have more body and stiffness,

whereas I prefer Italian cloths for jacketing because it’s sportier and more lively.

イギリス製の生地とイタリア製の生地の違いを説明することは可能ですか?

可能な場合は、どのように説明できますか?

例えば私自身は、スーツにはよりしっかりしていて硬さのあるイギリス製の生地を好み、

ジャケットにはよりスポーティで活気がある印象のイタリア製の生地を好むのですが。

 

When it comes to British cloth versus Italian cloth, I’m a big supporter of both.

In fact, a big supporter of the industry, and those in it.

I think that you can’t beat British flannel.

It has a warmth and hand feel that is so authentic and steeped in history, with so many iconic wearers.

イギリス製生地かイタリア製生地かと聞かれると、私自身は両方の大ファンです。

それ以上に私はテキスタイル業界自体の大ファンであり、その業界で作られているものは何でも好きです。

ただし、イギリス製のフランネルには勝てないでしょう。

温かみと歴史が染み込んだ本物の良さがあり、たくさんの愛用者がいます。

 

4.
What are your favourite cloths? Either with Fox or elsewhere.

あなたの好きな生地は何ですか?フォックスブラザーズのものでも、他のものでも結構です。

 

Personal favorites: A mid-grey “West of England” Fox flannel for suits and for a jacket.

I don’t think you can beat a Harris Tweed.

Harris Tweed and Fox Brothers are seen as brands in their own right, that’s down to heritage and quality.

It’s like owning a listed building.

個人的に好きなものは、スーツやジャケット用の

フォックスのミドルグレーの「West of England」フランネルです。

ハリスツイードも好きです。

ハリスツイードとフォックスブラザーズは、

どちらも先祖伝来のヘリテージとクオリティを誇る、価値のあるブランドです。

文化財指定建造物を所有するようなものです。

 

House favorite: Iconic is an overused word, however the Fox Brothers chalk stripe favored by Sir Winston Churchill is something very special,

this clothe is woven exclusively now for Henry Poole & Co,

who originally made the suit for Churchill and has to be one of the most famous clothes in the world and it’s a Fox cloth.

フォックスブラザーズとして好きなものは、

ウィンストン・チャーチル卿が好んだフォックスブラザーズのチョークストライプです。

アイコニックという表現は使い古された感がありますが、この生地はとても特別で、

もともとチャーチル卿のスーツを作っていたヘンリー・プール&Coの為だけに、特別に織られています。

世界で最も有名な生地の一つですが、それは実はフォックスの生地なんです。

 

5.
You’ve owned a series of Land Rover Defenders.

What are your favourite aspects of the car? Any interesting anecdotes related to the Defender?

あなたはランドローバー・ディフェンダーを何台も所有されています。

その車のどういったところが好きなのですか?

ディフェンダーに関して、何か面白いエピソードはありますか?

 

I have driven a Land Rover Defender for 10 years, the current one I purchased last year, as I wanted one last one before LR discontinued the model.

It is such a basic car, noisy, not that comfortable, really not ideal in any city, has the turning circle of a cross channel ferry,

I love it!  Mine must be the most photographed Defenders in the industry.

It’s part of Fox, with many customers discovering Fox Brothers after I have picked them up at our local railway station

and driven them to the mill via the wonderful Summerset Countryside.

ランドローバー・ディフェンダーは10年程乗っています。

現在乗っているものは、昨年ランドローバーがディフェンダーの生産を中止する前に、

最後にもう一台欲しくて買ったものです。

とてもベーシックな車で、うるさいですし、乗り心地も良くないですし、全く都会向きではありません。

さらに、小回りがきかず、まるでフェリーのように大きなターンをしなければいけないんですが、

そこが好きなんです。

この車は、業界で最も写真を撮られているディフェンダーだと思います。

フォックスの仕事で使用しているのですが、この車で最寄り駅までお客様をお迎えに行き、

美しいサマセットを走り抜けて工場までお連れするので、

それを見かけてフォックスブラザーズのことを知ったというお客様も多いんです。

 

6.
You also sell at retail a lot of finished goods under Merchant Fox, a business move that is pioneering among English mills.

What was the motivation? 

What are some of your favourite products?

あなたは「マーチャント・フォックス」のブランド名で、様々な製品の小売もされていますが、

イギリスの機屋としては革新的なビジネス展開ですね。

どんな動機があったのですか?  あなたの好きな製品は何ですか?

 

The Merchant Fox is the retail arm of Fox Brothers and it was launched as a result of seeing what we could make in the UK

as we felt there were a lot of likeminded artisans to discover and give a platform too via an online retail presence.

It is also foes back to the fact that Fox Brothers is a brand that makes a luxury product, which we felt should be expanded on.

I love seeing how things are made and the craftsman behind these products.

The Oak Bark Leather products are really something and I recommend a visit to J&FJ Baker in Devon

who tan leather in such an incredible way using Oak Bark and Mimosa.

「マーチャント・フォックス」はフォックスブラザーズの小売部門です。

UKでどんなものが作られているのかを知り、

もの作りに関して同じような志を持った職人達が他にもたくさんいるはずだと思い、

彼らのためのプラットフォームとしてオンラインショップを作ろうと考えたのが始まりです。

製品の裏にある、もの作りの過程や職人達の姿を見るのが好きなんです。

オークバークレザーの製品は大変素晴らしいので、一度デボン州のJ&FJベーカーを訪れて、

オークバークとミモザを使って革をなめす様子を見学することをお勧めします。

 

7.
What exciting new projects do you have upcoming?

エキサイティングな新たな事業としては、どんなことに取り組まれていますか?

 

In the next few months we plan to broaden our horizon with TMF and start making and selling products from around the world.

We think it’s important to support artisans globally weather it’s indigo pocket squares from Japan to trousers made in Naples.

Future projects for Fox Brothers, we plan to expand out cloth merchant business with exciting new branching plan in the coming years.

Lessons from that 1773 archive books leads us to believe there should be more colour and patterns in menswear again.

We also plan to expand the in house tailoring department at Fox Brothers.

It’s a very special experience to have cloth woven and tailored under one roof.

今後数カ月の間に、マーチャント・フォックスの規模を拡大し、

世界中で作られているものを販売していこうと思っています。

日本製の藍染のポケットチーフであれ、ナポリのトラウザーズであれ、

世界中の職人を支援することは大切なことだと感じています。

フォックスブラザーズとしては、これからの数年で、生地の販売のビジネスを拡大したいと考えています。

1773年の記録文書を研究した結果、私たちは現代のメンズウェアにも

もっと多くの色やパターンがあるべきだと信じているんです。

また、フォックスブラザーズとしては、社内のテーラリングの部門を拡大する予定です。

同じ屋根の下で、生地作りと仕立ての両方を行えるようになるのはとても特別なことです。

Spring looks for Tokyo Part2(#3,#4)

  • By edit
  • In London
  • On May 18th, 2016
  • permalink

For this edition, Fujita-san asked me to suggest a few nice Spring looks for Tokyo.

Since he specifically said Tokyo, I used it as an excuse to be more liberal with colour since it’s such a stylish city.

今回は、藤田さんより春のコーディネートをいくつか提案してほしいとのご依頼をいただきました。

とてもスタイリッシュな街である東京で着るものということでしたので、

通常よりも自由度の高い色使いをしてみました。

 

#3

_3-DSC08511-tc

Ring Jacket  Honey and Blue Checked Jacket online

 

Drake’s  Navy Overdyed Cotton Shirt

 

Ambrosi  Bespoke Grey Wool Trousers

 

Drake’s  Navy Paisley Silk Pocket Square similar

 

Carmina Brown Suede Penny Loafers online

 
 

Grey trousers with a jacket in warm colours is one of my favourite combinations.

It’s a combination very skillfully used by the Italians, I don’t see it as often in England.

Since the grey is neutral, I find it shifts attention up towards the jacket, shirt and tie.

グレーのトラウザーズと暖色のジャケットの組み合わせは、私の大好きなコンビネーションのひとつです。

イタリア人はとても上手に使っていますが、イギリスではあまり見かけません。

グレーは中間色なので、ジャケット・シャツ・ネクタイが注目されます。

 

I was very excited to see this jacket arrive in our stores this season.

The base colour is a rich honey and the blue is just the right shade to add interest.

Given the blue accent of the jacket, I automatically search for blue items to match.

今季このジャケットが入荷されるので、とても興奮しました。

ベースカラーはこっくりしたハチミツ色で、そこにちょうどいい色味のブルーが入ります。

ブルーがジャケットのアクセントになっているので、他のアイテムもブルーで合わせました。

 

This blue overdyed cotton shirt was in the Drake’s store last year.

Its heavy weight and marbled colour goes perfectly with the textured jacket fabric.

I wanted to add a little more elegance to the combination so I used a classic paisley square to complete it.

オーバーダイのブルーのコットンシャツはドレイクスの昨年のものです。

ヘビーウェイトで 杢色のこのシャツは、質感のあるジャケットの生地とバッチリ相性が合います。

少しエレガントにしたかったので、クラシックなペイズリーのポケットチーフで仕上げました。

 

 

#4

_4-DSC08597-tc

Ring Jacket  Balloon Brown Wool Jacket online

 

Drake’s Green and White Striped Linen Shirt online

 

Drake’s Panama Silk Tie online

 

Liverano & Liverano Cream Linen Trousers

 

Drake’s Pink and Navy Silk Spotted Hank

 

Koji Suzuki Cream Nubuck Derbies

 
 

I love this shirt so much, I built the outfit around it.

It’s an unusual shade of green, similar to teal, and with a very bold, wide stripe pattern.

The first instinct is wear it casually and without a tie but it’s so appealingly decorative,

I want to wear it in a more complex, dressy way.

このシャツが本当に大好きなので、シャツを中心にしたコーディネートにしました。

青緑に近い珍しい色味のグリーンの幅広のストライプのシャツで目立つ柄ですから

ネクタイなしでカジュアルに着ようとまずは思いますが、もっと複雑でドレッシーにしてみました。

 

To really highlight the shirt, I stayed tone-on-tone for the trousers and jacket and tried to avoid any items that were too dark and would overwhelm it.

The tie is a new fabric we are using at Drake’s called Panama Silk.

It has a lovely, dry hand with slight texture to it.

シャツを際立たせるため、ジャケットとトラウザーズは同系色で合わせ、

色が濃すぎてシャツの存在感を消しそうなものは使いませんでした。

ネクタイの生地は、ドレイクスで新しく起用したパナマシルクという素材です。

ドライな質感で少し立体感があります。

 

Colours on Panama Silk tend to look a little bit dusty and this one also had some green in the motif so it was a very natural match for the shirt.

The pink square was to add a touch of unpredictability to the outfit.

パナマシルクの色味は少しけぶって見えがちですが、このネクタイは柄にグリーンが入っていて、

シャツと自然に合わせられました。

ピンクのポケットチーフを挿して、コーディネートに意外性を加えてみました。

Spring looks for Tokyo Part1(#1,#2)

  • By edit
  • In London
  • On May 2nd, 2016
  • permalink

For this edition, Fujita-san asked me to suggest a few nice Spring looks for Tokyo.

Since he specifically said Tokyo, I used it as an excuse to be more liberal with colour since it’s such a stylish city.

今回は、藤田さんより春のコーディネートをいくつか提案してほしいとのご依頼をいただきました。

とてもスタイリッシュな街である東京で着るものということでしたので、

通常よりも自由度の高い色使いをしてみました。

 

#1

_1-DSC08448-tc  

    Ring Jacket Blue Herringbone Jacket online

Drake’s White Oxford buttondown Shirt online

Ring Jacket Pale Blue Cotton Trousers online

Drake’s Kelly Green Grenadine Tie online

Drake’s White Cotton Pocket Square similar

Drake’s Lapis Lazuli Cufflink

Saint Crispin’s Medium Brown Split Toe Derby

 

Everyone knows and loves navy jackets with grey, cream and white trousers but there is also the possibility of using pastel blue,

especially with a jacket that is closer to medium blue than to navy.

The problem with wearing pastel blue, is it’s easy to look like an ice cream salesman.

紺のジャケットとの組み合わせとして、グレー、クリーム、そして白のパンツはよく知られていますが、

濃紺よりも青に近い色のジャケットでしたら、パステルブルーも使える色です。

パステルブルーを着るときの問題は、アイスクリーム屋さんのように見えてしまいがちなところでしょうか。

 

I tried to use colours that have distinct contrast from one another and without going back into pastel shades.

Hence, a white oxford shirt and a strong green tie, a favourite of Michael Hill and myself.

I really like how it turned out but because of the colour of the trousers, I find it difficult to add or substitute other colours into the palette without it becoming overly playful.

パステルだけにならないよう、それぞれにはっきりと対比させるような色を選んでみました。

白のオックスフォードシャツと、(ドレイクスの)マイケル・ヒルも私も大好きなハッキリした緑色のネクタイを使いました。

やり過ぎ感を出さずに、これら以外の色を足したり、変わりにしたりするのは難しかったです。

 

I thought about using a yellow tie but since I wanted to use a very saturated colour, green worked better.

I added an old cufflink I had as a lapel decoration for a bit of extra interest.

黄色のネクタイもいいかなと思いましたが、彩度の高い色を使いたかったので、 緑色のほうがうまくはまりました。

古いカフリンクをラペルの飾りとして使いました。

 

#2

_2-DSC08462-tc      

Ring Jacket Navy Tropical 4-Ply Suit online

Drake’s Denim Chambray Shirt

Drake’s Shantung Silk Block Stripe Tie online

The Armoury Lotus Lapel Chain online

Koji Suzuki Dark Brown Oxfords

 

The Tropical 4-Ply is one of my favourite fabrics in the world, perfect for spring/summer use.

It has a matte texture that sits well alongside other textured items,

so I put together a look that could also have been made in finer cloths and silks but instead has all been translated into softer, more casual fabrics.

トロピカル4−プライは私が一番気に入っている生地の一つで、春夏には最高です。

マットな質感は、質感が異なる他のアイテムと組み合わせやすく、

シルクなどの繊細な生地の代わりに柔らかくてカジュアル寄りの生地でできたものを使いました。

 
This was one of the earliest Drake’s shirts made, with the original label we designed when we started manufacturing our own shirts.

It is made of denim chambray that used to be light blue but I’ve washed it and worn it so many times,

it’s faded to a pale, ice blue. It is one of my favourite shirts.

このシャツは、ドレイクスオリジナルのシャツを作り始めたころのものです。

デニム色のシャンブレーだったのですが、何度も洗濯したため色落ちし、アイスブルーの色になっています。

私が最も気に入っているシャツの一枚です。

 

The block stripe has been a Drake’s standard for years but this year we issued it in raw, shantung silk, with imperfect slubbiness for additional texture.

Since the whole look is a little off-beat,

I skipped using a pocket square and just used our signature lapel chain as the pocket decoration.

ブロックストライプは何年もドレイクスのスタンダード柄になっていますが、

今季はボコボコして立体感のあるローシルクのシャンタンバージョンを発表しました。

全体的に少しハズした印象なので、ポケットチーフは使わず、ポケットの飾りとしてアーモーリーのラペルチェーンを使いました。

Henry Lloyd-Hughes(Actor)

  • By edit
  • In London
  • On Mar 25th, 2016
  • permalink

ヘンリー・ロイド=ヒューズ Henry Lloyd-Hughes

DSC08173-tc

Photography: Mark Cho

 

Suit: W.W. Chan

Lapel Chain: The Armoury  online

Pocket square : Drake’s  online

Tie: Peckham Rye  similar  similar2

Watch: Omega Speedmaster

 

Introduction from Mark Cho

I met Henry through a friend of mine in Hong Kong, while he was taking a break from filming his show, Indian Summers, in Malaysia.

It turned out he had gone to the same high school in London as I did, two years below me so I didn’t know him at the time.

Maybe because we should have crossed paths so early on, I feel like we have endless catching up to do.

ヘンリーには、香港で友人を通じて知り合いました。

ちょうどマレーシアでの撮影の合間に香港に遊びに来ているところでした。

話をしていくうちにロンドンで同じ高校の同窓生であることがわかりました。

彼が2学年下なので、学生の頃は知り合いではなかったのですが、

随分前に共通した体験をしていたためか、話題は尽きませんでした。

 

Henry is a talented actor, so it makes me very happy to see him doing so well.

Finding success is difficult, filled with stress and rejection along the way.

However, Henry’s happy positivity and grounded confidence give him a great deal of resilience,

and I feel it comes through in his clothing, which is always eclectic and difficult for most people to wear,

but a very true representation of him.

ヘンリーがプロの俳優として活躍しているのをとても嬉しく思います。

仕事で成功するには、ストレスや失敗を乗り越えなくてはいけない厳しさがあります。

しかし、ヘンリーのポジティブで根拠ある自信が彼の強さを支えています。

私は彼の服装を通してそのことを感じ取りました。

いつも幅広いジャンルの、万人向けではない服装をしていて、とても自分らしさを表現していると思います。

 

The suit Henry wears is dark plum colour.

It is a difficult colour to wear but when worn well and in the right tone, looks fantastic.

Given the unusual colour, I think it’s best with very simple accessories. It is one of my favourite colours too!

ヘンリーが着ているスーツは 濃いプラム色で、着こなしは少し難しいですが、コーディネートが上手くいったときはとても格好良く見えます。

個性的な色なので、シンプルな小物を合わせると良いと思います。私がとても好きな色の一つでもあります!

 

 

<Q& A>

1. Briefly, what do you do? What were you doing before?

お仕事は何ですか?また、以前は何をされていましたか?

 

I am an actor, but I’m an enthusiast for plenty of things that divert my attention away from the world of acting.

In terms of things I’ve been paid to do over the years: I’ve been a gardener, shopkeeper, music writer, and clothes designer. I am no stranger to moonlighting.

 

私は俳優ですが、演技以外にも他にもいろいろなことに興味があります。

お金をもらった仕事としては、庭師をしたり、お店で働いたり、音楽を作ったり、服のデザインをしたりしました。

アルバイトには親しみがありますよ。

 

 

2. I very much like your style and would not have realized that you are in fact colourblind.

I always find your combinations interesting.

How do you see your clothing?

Does it have to be a combination of items, so that you can see contrast and transition, or are you able to evaluate items individually?

あなたのスタイルがとても好きで、見た目からは色盲だということは全くわかりませんでした。

いつも面白いコーディネイトをされていますよね。

あなたの目には服はどのように見えていますか?

組み合わせてみて色の対比や移り変わりを見る必要がありますか?

それとも、それぞれのアイテムを単品で評価することができるのでしょうか?

 

Hugely chuffed you say you like my style Mark.

You’re always really well put together, managing to look smart and comfortable in equal measure which is a great skill, so kudos to you.

Yes colour-blindness was something I found out about during a medical at junior school.

A lot of colours, greens and browns for example, I’ve normally shied away from as I find them hard to read.

I favour bold colours, lots of contrast usually, to make things pop, rather than tonal shades. Layering and contrasting textures are also key for me.

Taking dressy tailored elements and combining them with something coarser. I’ve got a foot in both camps, the flamboyant and the tough.

私のスタイルが好きだと言ってもらえて、とても嬉しいです。

マークはいつも素敵な装いをしていて、しかも着心地がよさそうに見えますから、スキルが必要とされることですよね。すごいです。

色盲だということは、こどもの時に学校の身体検査で発見されました。

緑色や茶色など、多くの色は見分けが付きにくいので避けるようにしています。

同系色を使うよりも、強い色味で、ハッキリしたコントラストがつけられるものを好みます。

レイヤー使いや様々な触感の生地を組み合わせることもポイントです。

ドレッシーなテイラードの服とラフなものを一緒に着ます。

私のスタイルはハデハデしさとタフさを掛け合わせたものです。

 

 

3. We talked a bit today about vanity and it’s influence in our lives, especially since we both work in industries that place an emphasis on appearance.

Vanity: A necessary evil? An evil at all? A natural part of being human?

お互いに見た目に重きを置く業界の仕事をしていることもあり、虚栄心と、その人生に対する影響について話し合いました。

虚栄心とは必要悪でしょうか? そもそも悪でしょうか?

それとも人間誰でも当たり前に持っているものだと思いますか?

 

On a technical level vanity is the enemy of acting. If you’re feeling overly concerned with what you look like you’re not at the races.

This is juxtaposed with an industry that is always focusing on what you look like!

As we were talking earlier it’s important to strike a balance between being an enthusiast for clothes and style and not being defined by only aesthetic things.

You’re a multi-faceted guy, and a bright person so i wouldn’t imagine you could get lost down a rabbit hole of self-absorbed selfie-dom.

I try to keep a lid on that, and separate the work I have to do in the public sphere from who I am day to day.

In that public side of the business I’m a salesperson selling a product like any other.

Then I go home and I close the briefcase and put the samples away!

Sometimes I’ll dress up more for myself than I would for a work event, because that’s me expressing myself as myself.

It’s important to try and work out where the line is.

技術的な面では、虚栄心は演技の敵です。自分の見た目が気になりすぎるのなら、俳優としては話になりません。

見た目を気にすることと並行して、とても大切なことです。

先ほど話し合っていた通り、服やスタイルに情熱を傾けていても、モノだけに価値を置くようにならないようバランスを取ることが大切ですよね。

あなたは聡明ですから、自己愛の穴に落ちて迷子になってしまうようなことはないと思いますが。

私もそういった部分には蓋をして、公式の場で行う仕事と、自分の毎日の生活は分けるようにしています。

仕事の面では、他の仕事をしている皆さんと同じように、商品を売ろうとしているセールスマンです。

そして家に帰ったら、ブリーフケースを閉じてサンプルを片付けます。

時にはプライベートの時間に、仕事のイベントに行くよりも更にお洒落して出かけることもあります。

これは仕事のためではなく、自分のために、自分を表現しようとしての行動です。

どこで線引きするのかを判断するのが重要だと思います。

 

 

4. To me, you are a quintessential Londoner and you’ve been a resident of Hackney for a while now.

Tell us a bit about the neighbourhood, what you like about it, what’s worth visiting, etc.

私から見ると、あなたは真のロンドン人です。ハックニー地区にもう長いこと住んでいますね。

この地域について、気に入っているところや訪問すべきところなどを教えてください。

 

Yes I feel like a Londoner first and foremost, 3rd generation which is surprisingly not as common as you’d think.

The East End has been home to me for the last 10 years, but I wanted to live here since I was a teenager.

I would spend every weekend night and day in Hoxton and Brick Lane.

I moved as soon as I could. When I’m away with work I miss London a lot; especially Hackney and the East End.

For me architecturally, culturally it has the best mixture of all the things that make London unique.

If someone had one day in London I would tell them to find the Regents Canal and just keep walking East, it’s all good.

そうですね、私は自分が何よりもロンドン人であると思っています。

私が3代目なのですが、これは思ったより少ないんですよ。

イーストエンドには10年間住んでいますが、ティーンエイジャーの頃からずっとこちらに住みたいと思っていました。

毎週末ホクストンやブリックレーンで昼夜を過ごしていて、できるようになったらすぐに引っ越しをしました。

仕事でロンドンから離れていると、ロンドン、特にハックニーやイーストエンドが恋しくなります。

イーストエンドには、ロンドンを独特の街にしている建築や文化のミクスチャーの一番いいところがあると思います。

誰かがロンドンで1日自由時間があるとしたら、リージェンツ運河を見つけて運河沿いをずっと東方面に歩いていったら、もうバッチリですよとお勧めしたいです。

 

 

5. You have a pet interest in a very particular type of clothing, could you elaborate?

特定のタイプの服に興味があるとのことでしたが、具体的に説明してくださいますか?

 

I’ve always had a collection of vintage clothes (I’ve always got too many!) something that came from that and my experiences playing sport is a project I’m cooking up to do with vintage inspired sportswear.

I’d like to build something special for those that like the feel and quality of the old stuff.

昔からずっと古着のコレクションをしていて(量が多すぎです!)スポーツをしていたこともあり、

ヴィンテージ風のスポーツウェアのプロジェクトを準備中です。

古いモノの雰囲気やクオリティが好きな人たちのために、何か特別なものを創りたいと思っています。

 

Henry can currently be seen starring in Indian Summers, in the UK.

ヘンリーは現在、英国のドラマ『インディアン サマーズ』に出演中です。